◎正当な理由による書き込みの削除について:
管理人の生島英之(福岡市西区)です、宜しくお願いします。

【リンズが】ブブキ・ブランキのエロパロ【溶けちゃう】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->画像>1枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/eroparo/1475368080/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/02(日) 09:28:00.09 ID:jwdBo4AB
ブブキ・ブランキの官能小説コーナーです。
2 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/02(日) 13:17:52.04
 数十秒後、大きく息をついて、私はやっと床におしりを降ろしました。
 頭がくらくらして、腰も排便の快感でふらついていますが、なんとか上手くいったようです。
 黒いハンカ……海苔の真ん中に、一本。
 大蛇のような極太便が、きれいなグラデーションを描きながら横たわっています。
 4日我慢した甲斐がありました。
 そんじょそこらの男の一物になんか負けない、立派なうんちです。
 ……海苔から結構はみ出るくらい、いっぱい出てしまいました。
 に、にがい…… 苦いと言うか……えぐい……!
 自分の出したモノとは信じたくないくらいの……。 絶対に「食べ物の味」ではありません。
 まるで涙を流すように、開きっぱなしの口から大量のよだれがお皿に垂れます。
 それ以上前に進めず、しかし期待に応えようと後ろに戻ることもせず…舌をうんこに這わせたまま、私は止まってしまいました。
 画面には、ピンク色の私の舌が、「うんこ色」としか表現できない汚物の塊に触れている様子がはっきりと写っています。
 人間は原始時代、食べられる物とそうでない物を、ひとま
ず口に入れてみて、ひどい目にも遭いながら少しずつ区別して行ったという話を聞いたことがあります。
 これが正に、うんこの味……。
 普通の人が、誰もうんこを食べない理由、食べてはいけない理由が、言葉ではなく心で理解できる味です……。
した。 「やけくそ」という言葉がありますが、今の私は正にそれでした。
 舌に広がるあまりの酷い味に、一度でも離れたら二度と口を付けられ
ないと思った私は、息を止めて勢いに任せ、一気にほおばれるだけ大便を口に入れたのです。
 わなわなと、両手、両肩が震えています。 手づかみで口の中に便塊を押し込んだ瞬間、この世のものとは思えない、恐ろしい風味と感触が口の中に広がりました。
 便の先端だった、少し硬めの粒と、その後ろのやわらかい粘土のような部分。
 それが口の中で一緒になって……
 噛む必要なんて無い、上半身を起こして、無理にでも飲み込め……ませんでした
 それを私は、快楽の追求のために乗り越えようとしています……。
さえ乗り越えたら何とかなる! とっ…と、私の舌のが、茶色い便塊に触れて……
 私の初体験が始まりました。
 そして1秒送れて、脳がその「味」を認識しました。
 ……ひどい味です……。ggggggggggg
 動物のような、変な声が漏れてしまいます。
 床に置いたお皿を目の前に、女の子座りで私は固まっていました。
 すりこぎのように太く長く、茶色い特大の便が、白いお皿の上で
ものすごい存在感を放っています。
 なんだか実際の大きさ以上に、大きく感じる……。
 うんちの臭いは大好きな筈なんですが、その私が引いちゃうくらいの凄まじさ。
 よく考えたら、流さず放置したのは初めてでした。
「昨日はニオイも全然大丈夫だったのにな〜。った
んだけど、うんこに賞味期限ってあるのかな……? 
お客様の中に、うんこ食べた経験のある方はいら
っしゃいませんか!? ……さ、流石にいないよね〜。うぅ…… 
大うんこの乗ったお皿を両手で持ち、助けを求めるように、カメラに向かって喋りかけます。
食べたことのあるっぽい人がいましたが……本当なら尊敬します。
 私弟子にして欲しいくらいです。
っぱいが床に付くくらい、低く……
 エサのボウルに口を寄せる、室内飼いの大型犬みたいな格好です。
 私のような変態女には、お似合いの姿……もちろんドキドキします。
 ですが私の頭の中に、緊張、ためらい、嫌悪といったマイナスの感情もまた、溢れてきます。
 喜ぶべきでしょうか?  
 この時私は、自分が人間として、女として、まだ本当の底の底までは堕ち切っていなかったのだと知りました。
「 本日の成果を目の前に、私は正座でみんなに手を振ります。
回我慢の命令ですから、流石の私の肛門も悲鳴を上げています。
 直腸はもう本当にパンパンで、はちきれそう。
 ですがそれて、私は四えdつんばいの体勢を諦め、体を反対に向けました。
 一旦体育座り、そしてカメラに向かってM字に大開脚の姿勢へ。
 歓喜の叫びと一緒に、背ut筋がのけぞりま
 お祭りの始まりです。
 この瞬間、u溜めに溜めた、太く逞しい排泄物で、そして何
 やっと排便を許された私の肛門は、嬉しそうに次々と一本糞rtを産んでいきます。
 腸の奥から玉突きのcgうにii固い頭を押し出したのw濁g流tggg、どんどgんと溢れてきまhす。hyyhyh
 そして今回は、いつもとgf違って一工夫必要です。gu
 大便をひねり出すのと一緒に、慎重に腰を後ろにずらして、。。d
3 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/02(日) 15:52:44.92 ID:jwdBo4AB
絶美は生意気な顔の少年を呼び出した。「何か俺に用か?」少年、野々柊は絶美を睨みつけた。「用も何もあんた巨乳が趣味だったわけ?見たのよ私。ブブキブランキ二期を。そ
したらあんたが巨乳のブブキ使いに目がいっちゃってるじゃない。なあんだ、そうだったのね」絶美は鼻で笑った。「お前には関係ないだろ。もう死んだんだし」突っぱねる野々
柊に、絶美は成熟した肉体をぐっと押し付けて迫る。「勝手に殺さないでよね。そんなことより柊、巨乳が好きなら好きとはっきりいいなさいよ。多少は楽しませてあげなくもな
いからさ」絶美も一期では一番の巨乳使いである。「へん、お前の萎れかけの乳なんか興味ないね」絶美は悩ましげに柊を見つめ返す。「あーら、そのわりにここがこちんこちん
になってやしない?」絶美の手が指が、柊の股間をすくい上げる。柊はうっと呻いてしまう。「こ、これは……」同様の声が隠しきれない柊。「柊、ひとついいことを教えてあげ
る。体には正直になることよ。目の前に欲しいものがあったら迷わず食べること。そうじゃなきゃ、男をやめることね」絶美はそう言い終わると、柊の元から離れていった。絶美
の丸い尻が柊の目を釘付けにする。「ちくしょう、ふざけんなよババア!」柊は絶美の後ろ姿に飛びかかった。だが瞬間、時間を操る魔女の姿はかき消え、気がつくと柊の耳元に
濃艶な吐息が吹き付けられる。「ほほほ、かわいいわね。しょうがないから一発スッキリさせてあげるわ」柊は狼狽えた。自分の下半身がいつの間にか丸出しになり、陰茎が絶美
の手に握られている。「童貞少年。下手に動くとへし折るわよ。大人しくなさい」「く、くそ、くそ」自由を奪われた柊の目を濡らすのは一筋の悔し涙である。苦痛とは裏腹に、
少年の茎はたとえようもない快感が高まっていく。絶美の指が、憎らしい年増の指が、そのときは恋人の指のごとく柊の茎を包み込み、摩っている。「うっ、うっ、や、やめろぉぉ……」
「そうそうそれよ、その顔、その声が私には大好物なのよ!」苦悶する柊、それとは逆に高まる絶美の声色、そのとき雌雄ははっきりとしていた。やがて柊の先端から白濁の雫が
噴き出し、絶美の指の間から空に放たれた。「ほほほ!いったわ、いったのね柊。素敵よ、そして何よりも無様な童貞少年、これからもよろしくね!」これが柊のトラウマの件で
ある。
4 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/03(月) 21:25:02.26 ID:FDc3iNtm
扇木乃亜は体のうずきを抑えきれないでいた。「くそ、やりたくてたまらんぜ」真夜中である。木乃亜は仕方なく、自分の体に指を這わせはじめる。眠れない夜であった。木乃亜
がこのような体になったのにも原因がある。新走宗也、という男のせいで木乃亜の体は全身性感帯に改造されていた。過去の話ではあるが――。「ああ、誰でもいい!私を抱いて
くれ!この穴にぶっとい雄をお見舞いしてくれ!」と、それに応える声がした。「君の願いを叶えてあげよう」声の主は新走……ではない。もっと若く、凜々しかった。木乃亜は
驚いて顔をあげる。「お前は、あ、あ、東じゃないか、主人公の」木乃亜の寝室には全裸の一希東が立っていた。あそこも立たせて。「随分とでかいんだな。驚いたぜ」木乃亜は
東の肉の大きさに驚愕を隠せないでいた。「ふっ、木乃亜の乱れた姿をのぞいていたらその有り様だよ。我慢できない」「おまえ、本当に東なのか汀の息子の、主人公なのかよ?」
「僕にだって性欲はある」にじり寄る東に、木乃亜は戸惑い、露わになっていた胸を隠さねばならなくなった。「待てよ東、お前は黄金とできてんだろ。いいのか?」東はいつの
間にか木乃亜のベッドに潜り込み、巧みな愛撫を始めていた。さすがは外国育ちである。グリムガルの童貞主人公とはひと味もふた味も違っている。「黄金は――」東は木乃亜の
耳元で囁く。「彼女は幼馴染みに過ぎない。彼女の体型に欲情したことなんて実は一度もないんだ」「だからって、いきなり、私とかよ?」「しょうがいなだろう?若さを止める
ことは炎帝の礼央子だってできないんだ」「いや、それとこれとは……あ……あん」一希東はかねてより、女性キャラに平然とハグをしかける強者だった。その東が本気を出せば、
木乃亜程度の女を燃え立たせるのはわけもない、というわけだ。木乃亜は東の固さを受け入れて悶え、溶けた。あの新走宗也が下品な変態だとすれば、東は闇ホスト級のテクニシャ
ンだった。木乃亜は何度も声を上げ、至上の快楽を味わった。突然部屋のドアから大声が響いた。「うるせえぞ、お前ら!もっと静かにできんのか」隣室の的場井習作が上半身裸
で立っていた。「気が散ってできるもんもできやしねえ。いいか、もう満足したろ。だったら邪魔すんじゃねえぞ」的場井は時計を気にしながら自室に戻っていく。「ああ時間が
ねえ。時間がねえ。絶美のやつ20分しかさせてくれないなんて、なんてケチな女なんだ。時間にうるさい女はこれだからヤだぜ」残り少ないリンズを股間に集中して的場井は絶美
の待つ部屋へと戻っていく。
5 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/03(月) 22:43:17.50
 数十秒後、大きく息をついて、私はやっと床におしりを降ろしました。
 頭がくらくらして、腰も排便の快感でふらついていますが、なんとか上手くいったようです。
 黒いハンカ……海苔の真ん中に、一本。
 大蛇のような極太便が、きれいなグラデーションを描きながら横たわっています。
 4日我慢した甲斐がありました。
 そんじょそこらの男の一物になんか負けない、立派なうんちです。
 ……海苔から結構はみ出るくらい、いっぱい出てしまいました。
 に、にがい…… 苦いと言うか……えぐい……!
 自分の出したモノとは信じたくないくらいの……。 絶対に「食べ物の味」ではありません。
 まるで涙を流すように、開きっぱなしの口から大量のよだれがお皿に垂れます。
 それ以上前に進めず、しかし期待に応えようと後ろに戻ることもせず…舌をうんこに這わせたまま、私は止まってしまいました。
 画面には、ピンク色の私の舌が、「うんこ色」としか表現できない汚物の塊に触れている様子がはっきりと写っています。
 人間は原始時代、食べられる物とそうでない物を、ひとま
ず口に入れてみて、ひどい目にも遭いながら少しずつ区別して行ったという話を聞いたことがあります。
 これが正に、うんこの味……。
 普通の人が、誰もうんこを食べない理由、食べてはいけない理由が、言葉ではなく心で理解できる味です……。
した。 「やけくそ」という言葉がありますが、今の私は正にそれでした。
 舌に広がるあまりの酷い味に、一度でも離れたら二度と口を付けられ
ないと思った私は、息を止めて勢いに任せ、一気にほおばれるだけ大便を口に入れたのです。
 わなわなと、両手、両肩が震えています。 手づかみで口の中に便塊を押し込んだ瞬間、この世のものとは思えない、恐ろしい風味と感触が口の中に広がりました。
 便の先端だった、少し硬めの粒と、その後ろのやわらかい粘土のような部分。
 それが口の中で一緒になって……
 噛む必要なんて無い、上半身を起こして、無理にでも飲み込め……ませんでした
 それを私は、快楽の追求のために乗り越えようとしています……。
さえ乗り越えたら何とかなる! とっ…と、私の舌のが、茶色い便塊に触れて……
 私の初体験が始まりました。
 そして1秒送れて、脳がその「味」を認識しました。
 ……ひどい味です……。ggggggggggg
 動物のような、変な声が漏れてしまいます。
 床に置いたお皿を目の前に、女の子座りで私は固まっていました。
 すりこぎのように太く長く、茶色い特大の便が、白いお皿の上で
ものすごい存在感を放っています。
 なんだか実際の大きさ以上に、大きく感じる……。
 うんちの臭いは大好きな筈なんですが、その私が引いちゃうくらいの凄まじさ。
 よく考えたら、流さず放置したのは初めてでした。
「昨日はニオイも全然大丈夫だったのにな〜。った
んだけど、うんこに賞味期限ってあるのかな……? 
お客様の中に、うんこ食べた経験のある方はいら
っしゃいませんか!? ……さ、流石にいないよね〜。うぅ…… 
大うんこの乗ったお皿を両手で持ち、助けを求めるように、カメラに向かって喋りかけます。
食べたことのあるっぽい人がいましたが……本当なら尊敬します。
 私弟子にして欲しいくらいです。
っぱいが床に付くくらい、低く……
 エサのボウルに口を寄せる、室内飼いの大型犬みたいな格好です。
 私のような変態女には、お似合いの姿……もちろんドキドキします。
 ですが私の頭の中に、緊張、ためらい、嫌悪といったマイナスの感情もまた、溢れてきます。
 喜ぶべきでしょうか?  
 この時私は、自分が人間として、女として、まだ本当の底の底までは堕ち切っていなかったのだと知りました。
「 本日の成果を目の前に、私は正座でみんなに手を振ります。
回我慢の命令ですから、流石の私の肛門も悲鳴を上げています。
 直腸はもう本当にパンパンで、はちきれそう。
 ですがそれて、私は四えdつんばいの体勢を諦め、体を反対に向けました。
 一旦体育座り、そしてカメラに向かってM字に大開姿勢へ。
 歓喜の叫びと一緒に、背ut筋がのけぞりま
 お祭りの始まりです。
 この瞬間、u溜めに溜めた、太く逞しい排泄物で、そして何
 やっと排便を許された私の肛門は、嬉しそうに次々と一本糞rtを産んでいきます。
 腸の奥から玉突kきのよgうにii固い頭を押し出したのwk濁g流tgがg、どんどgんと溢れてきまhす。hyyhyh
 そしてy7今回は、いつもとg違って一工夫必要です。gu
 大便をひねり出すのと一緒に、慎重に腰を後ろにずらして、。。d
6 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/04(火) 20:41:22.69 ID:dLbX9ou2
「木乃亜、ひさしぶりに一発決めてみないか?」と新走宗也がメガネ女子の肩を叩いた。「新走、てめえ!触るんじゃねえ」だが新走の指は木乃亜のタイツの内股を巧みに這い、
撫でた。その結果として、扇木乃亜は口と体が相反することになる。拒めない。「や、やめて、くれ……」「やせ我慢はお前らしくない。どうだ?俺と別れてから、俺以上の男は
見つかったのか?」愛撫を深めながら新走は尋ねてみる。木乃亜の脳裏に野々柊、一希東の面影が去来する。はっきり言ってブランキ・チームはフリーセックスの集団だ。そうで
なければ心身が強調できず、戦闘時に問題が生じるからである。木乃亜は野々柊に体を許し、そして一希東に犯されたことを思い出す。「木乃亜、目が虚ろだぞ。何を考えている。
いや、何にも考えていないかな」新走宗也はいつの間にか全裸になり、そして木乃亜も丸裸にしていた。「いい眺めだ。昔より乳房が膨らんでいる。お前らのチームの男どももま
んざらではない手練れなのかな」「や、やめろぉ……」木乃亜はいまやただの雌豚と化していた。腰を振り、新走の肉茎を好きなように受け入れている。快感が走り、正気を失っ
た。「いいぞ、木乃亜。あの時みたいに楽しもうぜ、たっぷりとな」新走が木乃亜の芯に射精する寸前だった。一発の弾丸が新走の額を貫いた。いや、貫通したら即死してしまう
ので、そこまで到達せず、頭蓋骨に当たり、新走の体をひっくり返して、木乃亜の体から引きはがした。額を覆った新走は修羅の形相で相手を睨みつけた。「的場井さん、てめえ
何のまねだ?」「宗坊、いくらなんでも未成年に手を出しちゃいけないな」その隣には石蕗秋人先生も立っている。「教育上、よくありません」「ふざけんなよ先生、あんただっ
て静流とかいう姪といちゃついてんだろ!いいのかよ」「教師と生徒ですか。ドラマでは許される設定ですから」「はあ?何言ってんだ」「宗坊、そんなことよりお前は医者とし
て礼央子さまの面倒を見る義務があるはずだ。忘れたか?」新走は、的場井と石蕗に羽交い締めにされた。そして目の前にはいつの間にかネグリジェ姿の万流礼央子がしゃがんで
いた。「ああ、礼央子さま、いけません。そんなことをしちゃあ」新走にとって礼央子は神聖である。木乃亜とは違う。その礼央子が新走のものを口に含み、舌でこねた。「ああ、
ああお嬢様!」新走は礼央子の口に誤爆したショックですっかり放心する。そして新走から離れた礼央子は一言「ミルクは栄養!」ゴックン!
7 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/04(火) 21:23:02.48
 数十秒後、大きく息をついて、私はやっと床におしりを降ろしました。
 頭がくらくらして、腰も排便の快感でふらついていますが、なんとか上手くいったようです。
 黒いハンカ……海苔の真ん中に、一本。
 大蛇のような極太便が、きれいなグラデーションを描きながら横たわっています。
 4日我慢した甲斐がありました。
 そんじょそこらの男の一物になんか負けない、立派なうんちです。
 ……海苔から結構はみ出るくらい、いっぱい出てしまいました。
 に、にがい…… 苦いと言うか……えぐい……!
 自分の出したモノとは信じたくないくらいの……。 絶対に「食べ物の味」ではありません。
 まるで涙を流すように、開きっぱなしの口から大量のよだれがお皿に垂れます。
 それ以上前に進めず、しかし期待に応えようと後ろに戻ることもせず…舌をうんこに這わせたまま、私は止まってしまいました。
 画面には、ピンク色の私の舌が、「うんこ色」としか表現できない汚物の塊に触れている様子がはっきりと写っています。
 人間は原始時代、食べられる物とそうでない物を、ひとま
ず口に入れてみて、ひどい目にも遭いながら少しずつ区別して行ったという話を聞いたことがあります。
 これが正に、うんこの味……。
 普通の人が、誰もうんこを食べない理由、食べてはいけない理由が、言葉ではなく心で理解できる味です……。
した。 「やけくそ」という言葉がありますが、今の私は正にそれでした。
 舌に広がるあまりの酷い味に、一度でも離れたら二度と口を付けられ
ないと思った私は、息を止めて勢いに任せ、一気にほおばれるだけ大便を口に入れたのです。
 わなわなと、両手、両肩が震えています。 手づかみで口の中に便塊を押し込んだ瞬間、この世のものとは思えない、恐ろしい風味と感触が口の中に広がりました。
 便の先端だった、少し硬めの粒と、その後ろのやわらかい粘土のような部分。
 それが口の中で一緒になって……
 噛む必要なんて無い、上半身を起こして、無理にでも飲み込め……ませんでした
 それを私は、快楽の追求のために乗り越えようとしています……。
さえ乗り越えたら何とかなる! とっ…と、私の舌のが、茶色い便塊に触れて……
 私の初体験が始まりました。
 そして1秒送れて、脳がその「味」を認識しました。
 ……ひどい味です……。ggggggggggg
 動物のような、変な声が漏れてしまいます。
 床に置いたお皿を目の前に、女の子座りで私は固まっていました。
 すりこぎのように太く長く、茶色い特大の便が、白いお皿の上で
ものすごい存在感を放っています。
 なんだか実際の大きさ以上に、大きく感じる……。
 うんちの臭いは大好きな筈なんですが、その私が引いちゃうくらいの凄まじさ。
 よく考えたら、流さず放置したのは初めてでした。
「昨日はニオイも全然大丈夫だったのにな〜。った
んだけど、うんこに賞味期限ってあるのかな……? 
お客様の中に、うんこ食べた経験のある方はいら
っしゃいませんか!? ……さ、流石にいないよね〜。うぅ…… 
大うんこの乗ったお皿を両手で持ち、助けを求めるように、カメラに向かって喋りかけます。
食べたことのあるっぽい人がいましたが……本当なら尊敬します。
 私弟子にして欲しいくらいです。
っぱいが床に付くくらい、低く……
 エサのボウルに口を寄せる、室内飼いの大型犬みたいな格好です。
 私のような変態女には、お似合いの姿……もちろんドキドキします。
 ですが私の頭の中に、緊張、ためらい、嫌悪といったマイナスの感情もまた、溢れてきます。
 喜ぶべきでしょうか?  
 この時私は、自分が人間として、女として、まだ本当の底の底までは堕ち切っていなかったのだと知りました。
「 本日の成果を目の前に、私は正座でみんなに手を振ります。
回我慢の命令ですから、流石の私の肛門も悲鳴を上げています。
 直腸はもう本当にパンパンで、はちきれそう。
 ですがそれを堪えて、私は四えdつんばいの体勢を諦め、体を反対に向けました。
 一旦体育座り、そしてラに向かってM字に大開脚の姿勢へ。
 歓喜の叫びと一緒に、背ut筋がのけぞりま
 お祭りの始まりです。
 この瞬間、u溜めに溜めた、太く逞しい排泄物で、そして何
 やっと排便を許された私の肛門は、嬉しそうに次々と本糞yuを産いきます。g
 腸の奥から玉突yよgうeにii固い頭を押し出したhurhのwjku6濁gyy流がgfe、どんどgんと溢れuてきます。hh
 そして今回は、いつもとg違って一工夫必要です。
 大便をひねり出すのと一緒に、慎重に腰を後ろにずらして、。。drr
8 :
名無しさん@ピンキー
2016/10/06(木) 05:34:56.82 ID:sHA3vN5q
「アッズーマ、ちゃんと軍資金は持ってきたよね?」とある繁華街の裏路地でエピゾは一希東と落ち合った。「もちろんだよ。母さんのへそくりから拝借してきた」「オッケー、
ではいこうか。日本の健康ランドとやらへ」二人の未成年は、ケバい文字の看板の店に姿を消す。店名は「ヘルス・ブランキ」健康ランドではないようだ。「アッズーマ、せっか
く一緒に来たんだ。個室で分かれるのはつまらんから二人で一緒の女の子を頼んでみないか」「そんなことできるのかな」できた。二人が《金剛石》という部屋に入ると、既に一
人の女の子が半裸で待っていた。「いらっしゃいませ」東はその子の顔を見て焦った。「静流ちゃんじゃないか、なぜこんなところに?」「なんだアッズーマ、この子とは知り合
いなのか?なんか興奮するなァ」エピゾはぬりえと書かれたシャツを脱ぎだした。「東さん、理由は聞かないで下さい。東さんだってこんなところにくるのが黄金ちゃんに知れた
ら復帰できないでしょう?」「ん、まあ、そうだな。ここは静流ちゃんではなく、朝比奈みくるちゃんだとでも思っておこう」「私は東さんを島村ジョーとでも思っておきます」
「二人とも何を話しているんだ。早くやろうぜ」エピゾは我慢できず、静流の体に巨大な肉棒を押し付けた。「おいおいエピゾ、この店で本番行為はできないよ」「本番て、ナニ?」
「いいんです。今日は大サービスしちゃいます。だけど店長には言わないでくださいね」静流はさらさらと下着同然の衣服を脱ぎだした。少年たちの目前に、子供にしては豊満な
肉体が露わになる。生唾と鼓動の高鳴り、少年たちは少年であることをかなぐり捨て、少女に襲いかかる。「お願い、優しくして」「オフコース、ジャパニーズレディ」「ああエ
ピゾ、いきなり後ろはまずいだろ」「アッズーマ、君だってこの子の口にぶち込むなんてマニアだね。さすがジャパニーズだ。AVで習得した技なのかな?」静流は四つん這いの
ポーズにされていた。エピゾはその後ろから彼女のアナルを襲い、一方の東は日本男児の肉棒を静流の口にぶちかました。「あっ、あっ、黄金ちゃん、好きだー」思わず別の名前
を叫ぶ東である。「アッズーマ、今の台詞はナニ?聞かなかったことでいいのかな。ウッ、ウッ、ウーッ」エピゾの先端から何かが噴き出し、静流の体内を制覇する。さて、それ
らの様子は監視カメラで店長室には一目瞭然だった。この店の店長、万流礼央子である。彼女は誰にともなく呟いた。「汀よ……地上にいるお前の子らはろくにブランキに乗りも
せず、共食いを始めたぞ。いいのか?」いいながら万流礼央子は退屈そうな股間に自らの指を這わせる。
30KB

lud20161007215000cこのスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/eroparo/1475368080/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | Youtube 動画 >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 
  ↓この板の人気?スレ↓(一覧)
 
素人女にちんこ見せてる動画 6本目->動画>19本->画像>56枚
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第97話☆->->画像>1枚
色んなジュニアアイドル画像62 ->->画像>190枚
【AiKaBu】公式アイドル株式市場 アイカブ★112 ->->画像>68枚
新潟の女子高生2->->画像>34枚
【時間が】女性のH画像を時限で晒したい32【勝負】->動画>1本->画像>439枚
W松井が好きすぎる人の為のスレ 23【珠理奈・玲奈】©2ch.net ->動画>12本->画像>582枚
ほのぼの純愛 12スレ目->動画>4本->画像>3枚
【朝ドラ】花子とアンでエロパロ->->画像>2枚
女の盲腸の傷跡  3針目->動画>33本->画像>421枚
体格差身長差の激しい姉弟物語 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>5枚
加藤綾子 Part 128 ->動画>4本->画像>172枚
【飲酒ひき逃げ】元モーニング娘・吉澤ひとみ容疑 勾留が26日まで再延長に 供述に不明な点が多く★3 ->->画像>4枚
『マギ MAGI』でエロパロ2->->画像>2枚
今日保存した最高の画像を転載するスレ 700 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>12本->画像>1091枚
平成29年度社労士試験救済希望スレ パート3 [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>8枚
女子小中学生のエッチな画像見たい? [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>74枚
ヤンデレの小説を書こう!Part44->->画像>4枚
【体操服】身体検査スレ5【胸囲測定】->->画像>299枚
【お金持ち】ZOZO 前澤社長、個人での納税額は70億円超!ツイッターで公開 「国民の鑑」「経済を回す男」と絶賛や驚きの声上がる ->動画>2本->画像>24枚
【朗報】安倍ちゃん「そもそもアベノミクスで実質賃金があがると言ったことはない」ではアベノミクスとは一体……? [427372145]->->画像>27枚
魔法先生ネギま!エロパロスレ31->->画像>1枚
【衝撃】チンコの皮を使った究極のオナホ「チンガ」->->画像>11枚
素人女性の水着 フェト☆37フェト [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>12本->画像>466枚
女艦長凌辱スレ->->画像>11枚
メロンパンで満腹です [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
【デカクリ】クリトリス総合【クリちんぽ】->動画>75本->画像>217枚
【DDD】奈須きのこ作品でエロパロ【空の境界】->->画像>6枚
ファルコムでエロ小説Part[->->画像>6枚

人気検索: 森ななこ 【JS】女子小学生が泣いている画像 あうロリ 女子中学生 男の裸 立ち絵 アイドル 小学生のマンコ画像 ハイレグ テレビ男の裸 二次パンツ
17:15:36 up 1 day, 6:03, 5 users, load average: 68.11, 66.47, 63.89

in 0.0102858543396 sec @0.0102858543396@0.1 on 012017