◎正当な理由による書き込みの削除について:      生島英之とみられる方へ:

反出生主義は哲学だ YouTube動画>1本 ->画像>10枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/philo/1557542562/
ヒント:5chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1考える名無しさん2019/05/11(土) 11:42:42.980
反出生主義Q&A

Q.子供を産んではいけないの?
A.生きることは辛く苦しいことです。
 出産すれば子供の意思を問わず生を強制することとなりますから、反出生主義において出産行為は悪です。

Q.生きてれば幸せなこともあるのに、生まれない方が良いの?
A.生まれた人全員が幸せになれるわけではありません。幸せになれない人にとって生きることは苦痛です。
 しかし生まれなければ「幸せになりたいのになれない」という苦しみもありません。

Q.自分が不幸だからそう思っているだけでは?
A.今は幸せな人が、何らかの原因で不幸になってしまう可能性もあります。
 しかし生まれなければ「幸せだったのに不幸になってしまう」というリスクはありません。

Q.親が優秀で裕福ならば子供は不幸にはならないのでは?
A.不幸になる可能性は減るかも知れませんが、保証はありません。
 遺伝子や経済的問題などに関わらず、全ての人は子供を産むべきでないとするのが反出生主義です。

Q.人類が滅亡しても良いの?
A.不幸を解消するために、人類は滅亡すべきとするのが反出生主義です。
 人が存在しなければ、人が不幸になることもないからです。

2考える名無しさん2019/05/11(土) 11:55:31.260
仕事をテキトーにやると周囲から罵られる

これが引き寄せの法則でつ!!

3学術2019/05/11(土) 12:06:23.560
反抗するアプリオリ。

4学術2019/05/11(土) 12:06:52.620
アポステリオリの差異。

5学術2019/05/11(土) 12:26:28.180
反復よこっちょとびげりと差異は放たれた。反復訓練の押韻よりは差異化まほう効果。

6学術2019/05/11(土) 12:27:35.380
繰り返さない文明に虐待暴力強制の自覚から、差し抜きしないとね。

7学術2019/05/11(土) 12:28:13.790
闇に光を 光に闇も 呪いに祈りを 祈祷に呪詛を。

8考える名無しさん2019/05/18(土) 00:18:17.840
>>1
>A.生きることは辛く苦しいことです。
>A.今は幸せな人が、何らかの原因で不幸になってしまう可能性もあります。

不幸になるのは可能性なのか決まったことなのか

9考える名無しさん2019/05/20(月) 02:11:15.100
作られて生まれたら不幸になる可能性が与えられることが決まってる

10考える名無しさん2019/05/20(月) 17:58:46.720
そうすると

>Q.生きてれば幸せなこともあるのに、生まれない方が良いの?
>A.生まれた人全員が幸せになれるわけではありません。幸せになれない人にとって生きることは苦痛です。
> しかし生まれなければ「幸せになりたいのになれない」という苦しみもありません。

この答えが違ってくるな

A. 不幸になる可能性があるということは生まれない方がいいのです。幸せになる可能性もありますがそれは関係ありません。

が正しい答えだな

11考える名無しさん2019/05/20(月) 19:16:01.640
その方がスッキリして分かりやすいね

12考える名無しさん2019/05/20(月) 19:28:56.200
幸せ自体が基本的には儚いものだしな
作られたら最後、本能的要請に追い回されて自動的に派生する要求や渇望を埋め合わせては、その都度満足や幸福を覚えてるだけだ
また時間の経過と共に本能的要請に追いつかれて埋め合わせに懸命になる以外術がない
生まれつき慌ただしいのや忙しいのが大好きな奴にはいいんだろうが、そうでないとシンプルに地獄だ

13考える名無しさん2019/05/20(月) 20:15:39.680
>>10
つまり反出生主義とは
1、不幸になる可能性を他人に与えることは悪である
2、悪である行為はするべきではない
の2つの「信念」から成り立っている
あらゆる論理、命題よりこの2つの信念は優先される

14考える名無しさん2019/05/20(月) 20:23:45.380
幸福であれ不幸であれ「可能性」をまず一方向で強制的に与える行為自体に暴力性も潜んでるからな

15考える名無しさん2019/05/20(月) 20:46:55.000
それは順序が逆だ
「可能性を与えることが悪」だから「可能性を与える行為が暴力性を持っている」になる

可能性のないものを与えることはできないし、何もしないことも何かを与えることなのだから

16考える名無しさん2019/05/20(月) 21:27:20.000
>>15
確かにその通りだ
その順序さえ正しく保てば「非存在に利益を与える事は出来ないから反出生は不成立だ」こそを不成立に出来る
まあ最後まで理解出来ない人間にはどうあれ、誰がどんな説明をしたところで理解は出来ないんだろうけどな

17考える名無しさん2019/05/20(月) 21:37:20.680
幸せになる可能性があるけど関係はない?
別に関係はなくはないでしょう
不幸も幸福もどちらの可能性も同時に含んだうえで我々は実在しているのだから
問いが始まるのはそこからだよ
不幸と幸福が入り混じった世界へ侵入するのに問答は必要ないなどとは言わせまい

存在し得なかった何者かが、幸せになる可能性を追い求めて生まれてこようと思うだろうか
思わないでしょう
欲求も動機も可能性も何も保持してないんだから
なぜ欲求も動機も可能性も何も持っていない何者かが、不幸と幸福が同時に存在した世へと出現しなければならなかったのか

ここでは何が悪しきことで何が善であるかというようにバッサリと切るわけにはいかない

18考える名無しさん2019/05/20(月) 22:20:16.210
善悪で語ることを否定したら道徳や倫理については誰も何も語れなくなるだろ
幸福になる可能性が関係ないのは幸も不幸も結果論でしか無いからだ
リスクヘッジの概念は正しい、これに異論を挟める人間が居るか?
反出生の正しさはリスクヘッジの正しさなんだ
問いが始まるのは存在してる人間同士の間からじゃなく、存在してる人間と今後作られるか作られないか未定の非存在との間からだ
そこを理解出来ない人間に反出生の概要を正しく理解する事は未来永劫出来ない
議論する者がその認識を共有出来ていない限り後は感情論のぶつかり合いに終わる

19考える名無しさん2019/05/20(月) 23:05:33.200
存在しないといけなかった理由とかもあくまでも結果論からの後付けでしかない気がする
理由や目標のない事をさせられることには耐えられないように出来てるせいで

20考える名無しさん2019/05/20(月) 23:15:49.190
本当は各種生物にとって子孫繁栄がどういう意味を持ってるのかから謎のままなんだよね
単純にプログラムとして起動中なだけなのか子孫繁栄そのものが一つの目的化されてるのか

21考える名無しさん2019/05/21(火) 00:16:59.210
そのプログラムにさ、最終的に出現する知性、概念でプログラム自体の否定が可能なように仕込まれただけだよね。
この問題にプログラムや決定論を引き合いに出す奴は馬鹿だよ。

22考える名無しさん2019/05/21(火) 00:22:23.500
子孫繁栄が目的だなんて思ってるやつは人間の中の馬鹿な奴だけだよ
残りやすい種が残ったという事実だけだ
目的論など無く結果論のみだ
大体、人間以外の動物で交尾したら子供ができるなんてたったの一匹も知らないんだよ
目的意識があるわけないだろ
馬鹿か

23考える名無しさん2019/05/21(火) 00:24:07.280
ガンジー「子どもを産むことは原罪的な呪いの行為であり慎むべきである」

40代無職童貞「俺がモテないのは遺伝子のせい!生まれたくなかった!」

24考える名無しさん2019/05/21(火) 00:27:01.410
元気そうですね

25考える名無しさん2019/05/21(火) 00:43:24.050
>>18
>リスクヘッジの概念は正しい、これに異論を挟める人間が居るか?
>反出生の正しさはリスクヘッジの正しさなんだ

リスクヘッジとはリスクを正しく評価すること
不幸になる可能性がわずかでもあれば避けるのはリスクヘッジではない
不幸になる可能性と幸福になる可能性を天秤にかけて結論を出すのがリスクヘッジ

反出生主義は信念
論理ではない
宗教だよ

26考える名無しさん2019/05/21(火) 00:49:47.310
んなんじゃねーよw
そんな古い時代の功利主義持って来られても
肉体を持たなければ幸福や快は必要ないんだよ
だから「生んだほうが良い」がそもそも成り立たない

27考える名無しさん2019/05/21(火) 00:51:35.250
ならば「生まないほうが良い」も同様に成り立たない

28考える名無しさん2019/05/21(火) 00:58:38.670
まあ自分でキチンとググっとけ

29考える名無しさん2019/05/21(火) 01:20:09.260
噛み付く奴うざいよね

30考える名無しさん2019/05/21(火) 01:25:48.090
生まないほうが良いを初めて成り立たせるのがリスクヘッジの概念なんだよ
一つの選択によって全てのリスクが回避可能である以上、リスクの程度、分量やバランスについて考慮する必要もなくなる
まず可能性を与えないことこどが善だからな

31考える名無しさん2019/05/21(火) 01:27:05.610
じゃあお前はなんで今すぐ死なないの?

32考える名無しさん2019/05/21(火) 01:34:28.780
反出生へのカウンターとしての「生んだ方が良い」を導くためには完全なるリスク回避に匹敵する確実なメリットが必要になる
だがそのメリットを確約するに足る何事かは何処にも存在していない
その時点で反出生の「生まない方が良い」は「生んだ方が良い」よりも功利的、合理的判断として一歩リードするんだよ

33考える名無しさん2019/05/21(火) 01:35:52.090
>>31みたいなゴミと最初から会わなくて済むだけでも生まれないほうがいいじゃん

34考える名無しさん2019/05/21(火) 01:38:49.960
学ぼうとしないんだよな
何年も何年も

35オーバーテクナナシー2019/05/21(火) 06:58:18.970
正直ロボットが進化したら人間は必要なくなるよな
http://2chb.net/r/future/1521907596/

36考える名無しさん2019/05/21(火) 08:52:50.150
>>32
逆だろ
生むことは幸福になる可能性を与えること
幸福になる可能性を与えることは善
不幸になる可能性を与えることは幸福になる可能性を与えることをなくすことにはならない

37考える名無しさん2019/05/21(火) 08:54:39.960
>>33
お前はどうして今すぐ死なないの?
今後の人生に幸福は訪れないのに
自分自身に不幸の可能性を与え続ける悪の存在であり続ける理由はなに?

38考える名無しさん2019/05/21(火) 08:55:51.520
と、幸福の科学信者が力説

39考える名無しさん2019/05/21(火) 09:50:35.190
「生むことは悪」からは論理的に「人間は死ぬべき」が導かれる
「生きることが善」であるなら「生むことも善」である

40考える名無しさん2019/05/21(火) 09:55:56.240
反出生に対する反論がどうして今すぐ死なないの?ってのがトンチンカンだな
反出生は出生しないことが目的であって死ぬことが目的じゃないんだが

41考える名無しさん2019/05/21(火) 10:28:33.010
「生むべきではない」という結論が先にあるなら「勝手にどうぞ」以外の感想はない

論理を組み立てて「生むべきではない」という結論にたどり着くのであれば、同じ論理で「人間は死ぬべきだ」という結論も導き出せる

「論理的に導き出した結論は正しい」ということを反出生主義の正しさの論拠にするのであれば、「人間は死ぬべきだ」という結論が正しいということも受け入れざるを得ない

「正しいことはやるべきだ」ということを反出生主義の実践の根拠にするならば、「人間は死ぬべきだ」という結論も実践すべきである

42考える名無しさん2019/05/21(火) 10:37:42.580
死ぬべきだって、みんな死んでいってるが?
反出生主義で問われているのは生むべきではないということ
今すぐ自殺するかどうかは全く関係ない

43考える名無しさん2019/05/21(火) 11:40:28.560
>>38
どこの盲目信者なんだろうと思ってたけどお陰でスッキリした
物知りだね

44考える名無しさん2019/05/21(火) 11:43:50.480
生むこと=幸福を与えることじゃないからこそ言ってるのに

45考える名無しさん2019/05/21(火) 11:48:15.200
人間は死ぬべきだって思うならさっさと死ねばいいのにね
反出生は作るな生むなとしか言ってない

46考える名無しさん2019/05/21(火) 11:59:52.760
「死ぬべきだ」を正しいと結論付けるための、今死んだ方が功利的、合理的な判断として善であり得であることを明確に裏付けるロジックが何処にも語られてないんだよな
大概の生命体にとったら死に直面する恐怖は苦痛=悪=不利益の最たるものだ
それを自分から抱え込みに行くだけの苦痛を今この段階で感じてないなら現状維持が善であり得なのが正常な判断だろ
まあ、自殺してない人間の苦痛は認めない論者にはそれこそ死ぬまで理解出来ないんだろうが
自殺する程までではない苦痛、死にたくても死ねない苦痛、苦痛にも個々様々グラデーションがあることすら認めないからな
てか苦痛なんか存在しないと別の場所で強弁してたのと同じ人間なんだろうしな

47考える名無しさん2019/05/21(火) 12:11:24.880
>>46
「人生は苦しいもの」という前提は正しいよな?
ならば「今すぐに死なないほうが良い」というためには「苦しい人生を死によって回避する」という完全なるリスク回避に匹敵する確実なメリットが必要になる
だがそのメリットを確約するに足る何事かは何処にも存在していない

「死に対する恐怖」は「今死なないこと」の理由にはならない
なぜならそれはいつか必ず訪れるものだから
それを先延ばしにしただけで、先延ばしした期間に受ける生の苦しみの分が苦しみの総量に加算されるだけ

48考える名無しさん2019/05/21(火) 12:24:45.740
>>47
いや?人生は幸福になる可能性も不幸になる可能性も快を感じる瞬間も苦痛を感じる瞬間もあるっていうのが論立ての大前提だぞ?
ここでも既出だからちゃんと読め
作られて存在してる限りはその両方の可能性と実感がそれこそプログラムとして起動してる訳だ
そうである以上は幸福になれる可能性を今ここで捨てることが善であり得であるかどうかの判断は不可能だろ?
唯一死を選ぶことが間違いない善と得になる条件とは今この瞬間に死の恐怖という苦痛を上回るほどの苦痛を覚えていること
既に存在している人間にとってはな
お前は一度その凝り固まった反出生=苦痛と不幸フォビアみたいな脳内設定を解除してくれ
でないとまともに話しも出来ん

49考える名無しさん2019/05/21(火) 12:51:11.600
生まれないことには何のコストもかからない
自殺には肉体的精神的に苦痛が伴う
生まれないほうが良いというなら死ねって完全に基地外じゃん

50考える名無しさん2019/05/21(火) 12:52:31.970
>>48
死の恐怖はいずれ必ず訪れる
寿命や病気といった形の方が強制的な暴力が加えられる分、苦痛はずっと大きい

幸福になる可能性があるから不幸になる可能性も受け入れるというなら、「生まない方が良い」という結論も同じように否定される

51考える名無しさん2019/05/21(火) 12:53:10.910
>>49
自然死には苦痛も恐怖も伴わないと?

52考える名無しさん2019/05/21(火) 12:55:10.840
>>50 
既に作られて生きて現に存在してる人間と作られる前の状態では用いられるべき判断基準が違って当然なことは理解出来るか?

53考える名無しさん2019/05/21(火) 12:57:05.690
反出生主義の間違いは幸不幸をアプリオリなものとして定量的にそのリスクを見込むことにある

54考える名無しさん2019/05/21(火) 12:57:35.780
>>52
違って当然な理由は?

55考える名無しさん2019/05/21(火) 12:59:24.840
作られる前の人間は絶対に死なないしね
だから作るなというなら死ねはおかしい

56考える名無しさん2019/05/21(火) 13:03:39.810
>>54
作られる前はプログラムが起動してないどころかプログラム自体がそこに無いだろ
つまり観察者であるこっちから捕らえて無視してもいい余白が大幅に出来てる
他方の作られて存在してる観察者はプログラムの存在、影響を絶対に無視出来ない、逃れられない

57考える名無しさん2019/05/21(火) 13:07:22.810
子供を産まないって判断したら自分も死ななければならないって
これはどんな宗教なんだい?

58考える名無しさん2019/05/21(火) 13:09:18.730
>>53
それを反出生の間違いだと断じることもまた間違いなんだよ
一つの物事について善悪や損得を定めようとした場合の必然でしかないんだから
対象をあえて限定的、定量的に扱うっていうのは

59考える名無しさん2019/05/21(火) 13:09:39.710
>>56
プログラムがなければ無視してもいい余白があるとする理由は?
存在している観察者がプログラムの存在を無視できない理由は?

それは言葉を言い換えているだけでなにも言っていない

60考える名無しさん2019/05/21(火) 13:09:47.670
反出生主義への反論はまず基地外発言になっちゃう
それはなぜか
反出生主義には常識的判断しか含まれていないからだと言うしかない

61考える名無しさん2019/05/21(火) 13:11:27.840
>>45
×死ぬべき
〇生まないべき

いつまでたっても勘違いしたままだな
だから話が進まない
生きる-死ぬ
生むー生まない
の対義語なのに、生まない=死ぬという勘違いを引きづったまま

62考える名無しさん2019/05/21(火) 13:12:04.160
反出生主義もプログラム上にしか存在できないからね
プログラムなんかオッカムのカミソリに任せておけばいいね

63考える名無しさん2019/05/21(火) 13:15:38.420
>>61
別の話だと思うなら無視すれば良い
ただ論理的に新しい命題にたどり着けることを示しただけだ
論理的に正しいことを受け入れる義務はない

64考える名無しさん2019/05/21(火) 13:15:53.610
信仰というのは神でなくても形を変えてしぶとく付きまとうね
自然、プログラム、本能、善
こいつらを拝んじゃったらもうまともな判断はできない

65考える名無しさん2019/05/21(火) 13:18:23.180
>>59
作られる前の子供が腹を減らして苦しむことがあるか?
その苦を埋め合わせて快へと導いてやるために金を稼いだり食事の支度をしてやる必要性は今ここにあるか?無いだろ
だからそういった現実性としては無視してもいい
可能性の考察としては最大限に組み込まれるべきだが
他方の観察者、存在する者には常にリアルタイムでその必要性が付き纏う、決して無視出来ない、逃れられないだろ?考察以前の話しとしてな
その違いを言ってる

66考える名無しさん2019/05/21(火) 13:20:54.330
>>61
>>45は反出生に向かって死ね死ね死ぬべき死ぬべき言ってる奴に宛てて書いてたんだけど

67考える名無しさん2019/05/21(火) 13:21:23.490
>>65
それは共感を求めているだけでなんら論理的に説明していない
私は論理的な説明を求めている

68考える名無しさん2019/05/21(火) 13:25:20.270
>>64
お前は言葉、単語に捕われすぎな
生きて与えられて勝手に発動する感覚や生存本能に他に適当な表現がないからプログラムって使ってるだけなことぐらい見てて分からないのか
使用者が信仰とは逆のベクトルでその表現を使ってることぐらいは最低限読解出来るようになってくれ

69考える名無しさん2019/05/21(火) 13:27:51.240
>>67
そっち自体が作られる前の状態と現に生きてる人間との差異をどう捉えてるのかから説明してみてくれ
そこに補足なり修正なり同意なりを加えて行く

70考える名無しさん2019/05/21(火) 13:29:20.540
プログラムというメタ的な概念がこの問題にとっては不要なんだよね

71考える名無しさん2019/05/21(火) 13:33:30.700
>>70
お前は他者との対話も交流も完全に拒絶して超倫理を盲信して思考停止してるだけだからな
反出生はただ反出生であるというだけで正しいと主張する人間以外は皆お前の敵なんだ

72考える名無しさん2019/05/21(火) 13:36:38.670
>>69
反出生主義について論じるにあたって差異はない

73考える名無しさん2019/05/21(火) 13:38:38.710
>>72
その理由は?

74考える名無しさん2019/05/21(火) 13:39:46.420
>>73
差異があることを示せないから

差異はあるかないかの二通りしかない
差異を示せなければ差異はない

75考える名無しさん2019/05/21(火) 13:41:23.570
人間はプログラム自体はどうすることもできないから無駄じゃんww

76考える名無しさん2019/05/21(火) 13:42:05.610
>>74
示すとは?具体的には何を以て、どんな状況を指して示されたことに、また示されていないことになるんだ?

77考える名無しさん2019/05/21(火) 13:44:55.730
>>76
示すとは、相手によくわかるように、出して見せたり、自分で何かをして見せたりすること
私とあなたのやり取りの中で私はあなたに対して差異を示さなかったし、示せない

78考える名無しさん2019/05/21(火) 13:56:46.300
>>77
前にも同じことは書いたが
自分が生まれる前、父と出会う前の若かりし日の母、母と出会う前の若かりし日の父の姿を写真や映像として見たことは無いか?
もしも記録として残っていなかったとしてもそのかつての時間が何処にも存在していなかった事には決してならないだろ?
そのこと自体に目に見える形での証明が必要か?
作られる以前と作られた後の差異はその男女の過去と現在だ
男女と男女の間に誕生した子供にとっての以前、過去と現在との違いこそがここで示される差異そのものなんだよ

79考える名無しさん2019/05/21(火) 14:09:19.260
>>78
ロマンチックな話ですね

それで?

80考える名無しさん2019/05/21(火) 14:15:30.980
お前には差異は示せなかった
そもそも差異を理解し存在を認めるつもりが毛頭ないからな
俺には示せてる
後は示された事実、現実としての差異を差異であるとして正しく認められるかどうかだけだろ
「確かに差異は存在する」と
端にお前個人の能力や力量が試されてるんだ

81考える名無しさん2019/05/21(火) 14:17:55.870
>>80
話が元に戻った
私はあなたに差異の論理的な説明を求めている
あなたは私にあなたの主張への共感を求めている

82考える名無しさん2019/05/21(火) 14:28:40.480
>>81
事実の認識と共感の違いが理解出来てないってより出来ないふりで逃げてるのなw
俺がここで示そうが示すまいが、お前が共感しようがしまいが、それとは全く無関係に過去と現在は存在していたし存在しているだろ
それが客観的に差異が存在しているって事実、現実そのものなんだ
それこそが客観的証明ってことな
ここまでの説明が間違ってるというならそっちも理論で覆せばいい
是非とも証明してくれ
過去と現在との間に差異等は存在していないと

83考える名無しさん2019/05/21(火) 14:35:13.450
>>82
私はあなたが私の主張を受け入れることを求めていない

84考える名無しさん2019/05/21(火) 14:37:57.480
>>83
受け入れるかどうかを決めるのはこっちだ
一度そっちの主張を要約してみてくれ

85考える名無しさん2019/05/24(金) 13:56:15.350
両者ともなぜトリップもコテも付けずにやるのか
何が何だかわからない

86考える名無しさん2019/05/25(土) 19:56:07.890
結局は感情なんだろう結局は

87考える名無しさん2019/05/26(日) 08:13:44.510
ガンジー「子どもを産むことは原罪的な呪いの行為であり慎むべきである」

40代無職童貞「俺がモテないのは遺伝子のせい!生まれたくなかった!」

88考える名無しさん2019/05/26(日) 10:06:27.130
どうせセックスさせれば中出ししたい!ってなるんだろ?
避妊が今ほど簡単でなかった時代の思想

89考える名無しさん2019/05/26(日) 14:56:13.660
「もてないのは遺伝子のせい」
否定しがたい
反出生主義は正しいと思われる

90考える名無しさん2019/05/26(日) 17:33:41.340
また、基本的に「親」は、
自分の過去の話を執拗に話して美化したり、子供に押し付けたりもする。
「子供」が「自分」と同じように「思った通りに」育つと思い込んでいる。
そして、そうならない時には、結果的に無理にそういう方向へ持ち込む。

91考える名無しさん2019/05/26(日) 17:34:45.340
このスレのニキ達はこのサイト見てくれや
https://ja.koei-tsukinaga.com/profile/

92考える名無しさん2019/05/27(月) 14:43:49.850
キリスト教の中絶禁止への反論なのか

93考える名無しさん2019/05/28(火) 01:17:24.540
一頃はその人や朱雀って人とたまに間違えられたなあ
今どうしてるんだろ

94考える名無しさん2019/05/29(水) 16:36:56.280
しおらん?
しおらんは哲学だよ

95考える名無しさん2019/06/02(日) 13:28:34.150
朱雀のころに比べれば反出生主義は飛躍的に台頭しているな。
そのころに基地外レスを量産していたアンチの「オカルトさん」とかどうしてるんだろう。

96考える名無しさん2019/06/02(日) 13:31:26.920
反出生関連のスレには必ずアンチの粘着がいたが完全にどこかに消えたな。

97考える名無しさん2019/06/02(日) 14:02:17.550
生物の否定するなら生物やめればいい

98考える名無しさん2019/06/02(日) 14:05:07.040
>>74
全ての出来事が1であるのにそこにこだわる必要性がない
差異すら無意味だよ。君がなにを成すかなさないか

99考える名無しさん2019/06/02(日) 14:06:35.220
>>92
それを決める権利すらない。そもそも人に権利事態ない
全ての誘導されてるから。

100考える名無しさん2019/06/02(日) 15:39:36.290
>>96
噂をすれば真下に現れるという

101考える名無しさん2019/06/02(日) 18:51:32.150
生物の否定ってなんだ?
頭のおかしい奴の言うまわしは独特だな

102考える名無しさん2019/06/02(日) 22:03:22.460
自民政治に文句言うなら日本から出てけみたいなノリだよな
なんで生物代表者目線、施政者目線、支配者目線なんだか毎回毎回

103考える名無しさん2019/06/03(月) 08:20:21.270
だって、反出生主義だったら、
生物は人為的に絶滅させる以外ないんじゃないですか。
人間なら、反出生主義を奉って子供を産むのを
やめて粛々と絶滅する可能性も、まあ 一億分の一%くらいはなくはない
ですがw、人間以外の生物は、そんな
可能性はゼロですよ。

104考える名無しさん2019/06/03(月) 14:42:37.680
なるべく苦痛のない形での全種の生命滅亡を掲げてるのはエフィリズム 

105考える名無しさん2019/06/04(火) 22:28:50.590
戦争を防ぐ為に「平和」を称揚しようとするのとおんなじだと思う。
反出生主義は人の不幸の解決策というより、不幸から目を背けているだけだ。

106考える名無しさん2019/06/04(火) 23:12:53.200
出た。
誤った二分法。
哲学徒だったら詭弁論理くらいチェックしてね。

107考える名無しさん2019/06/04(火) 23:38:12.770
え?反出生主義は人の不幸の為に出産を悪としたりする、それ自体が極論でしょ?
誤った二分法かな、大前提に何か誤りがある?

108考える名無しさん2019/06/04(火) 23:59:29.430
あなたって安楽死はどう思う?
安楽死は苦痛に対して効用があると思う?

109考える名無しさん2019/06/05(水) 15:25:20.370
哲学はついに長い間タブーだった人間の出生についても扱えるようになったんだね。
まあ慶賀すべきことだろう。

110考える名無しさん2019/06/06(木) 23:55:29.200
反出生主義は哲学だ 	YouTube動画>1本 ->画像>10枚

111考える名無しさん2019/06/07(金) 08:41:17.500
原理主義が行き過ぎると、最も賢明な選択は最も消極的なものとなる

112考える名無しさん2019/06/07(金) 12:22:56.460
自分で好きな方選択すればいいんじゃないの?絶対子供作れとか、子供作るなとか強要するのは良くないけど。

113考える名無しさん2019/06/07(金) 19:39:56.830
幾何学的な物の考え方、解釈、発想をするのが普段からの習慣になってる人間からすると
反出生が最も疑う余地の少ない帰結点であることに他者の解説は待たなくなるんだけどね

114考える名無しさん2019/06/07(金) 22:03:19.140
マジ点と点と点をつなぐ線の引き方の問題だよな

115考える名無しさん2019/06/07(金) 22:12:15.140
そこがどうとでも自由に引けるのも事実だけど、点自体は動かないことが大前提だからねえ

116考える名無しさん2019/06/07(金) 22:14:06.980
元より線すら引かない、引くことに意味を求めてない人間が圧倒的多数派なんだろ

117考える名無しさん2019/06/07(金) 22:16:51.570
点がふたつあったら思わず線で結びたくなるのも何処かでは本能だと思うんだけどw

118考える名無しさん2019/06/07(金) 22:20:09.670
何処まで行っても何選んでも最後はそれだろ
誰も本物の虚無にはなれない

119考える名無しさん2019/06/07(金) 22:22:50.610
だけどその偽物の虚無っていうのがまた虚無を誘わない?ww

120考える名無しさん2019/06/07(金) 22:23:49.200
誘わない凸

121考える名無しさん2019/06/07(金) 22:26:17.700
m(__)m
一心に海を目指す以外には何も出来ない海亀の子供の悲しみだね

122考える名無しさん2019/06/07(金) 22:28:39.680
とりま海や砂浜に平気でゴミ捨ててる人間だけはマジ最低だ

123考える名無しさん2019/06/07(金) 22:30:09.140
今度海岸の清掃も兼ねながらビーチコーミングでもしてみようか

124考える名無しさん2019/06/07(金) 22:35:23.650
今ビーチコーミングで検索してみた
面白そうだな
いいアイデア、プランだと思う

125考える名無しさん2019/06/08(土) 04:36:39.020
過去の厭世的な反出生と今回の反出生の広まりの違いは
分析哲学で詰めたところなんだよ。
もう倫理的正しさの議論の余地が限られてしまっている。

126考える名無しさん2019/06/08(土) 04:39:06.300
ベネターの反出生主義は厭世主義や虚無主義とは無関係のところで立論されている。

127考える名無しさん2019/06/08(土) 17:35:02.870
無関係では無いよ
感情的な揺らぎを排して立論しているのであって出されている回答には虚無性が備わっているから
つまり、この世界を存続させることの意義と意味について明確に却下する時点でね
それはやっぱり厭世であり虚無なんだよ
紛れもなく志向しているそれが世界の存続や可能性の否定なのだから

128考える名無しさん2019/06/08(土) 17:54:13.830
>>126的な言い方で反出生を推す人間には、もしかして虚無や厭世は悪いものか間違ったものだっていう強固なバイアスが働いてるのかもな

129考える名無しさん2019/06/08(土) 18:01:05.270
あくまでも、もしもそうなら、だけど
近代にあっては特に
それが「投げやり」「無気力」「悲観」「退廃」と同じ文脈で語られることが多いせいかも知れないね
戦前教育のような非人間的とも言えるファンタジーの域にまで届くような
精神論を先祖がえりでもするかのように欲して崇める人達も増えている印象があるし

130考える名無しさん2019/06/08(土) 18:09:12.100
少し前にあった政治家の「生産性の無い人間」って発言をめぐる大勢の議論見ててもな
その発言の意図するところが肉体を持って動き出したみたいな植松だって未だに信者みたいなのがウジャウジャ居る
前向きに前のめりにガツガツと国家や帰属する組織に忠誠を誓って貢献し続けてない限り即村八分か吊るし上げの世界だ
確かにそんな中で虚無や厭世気取ってりゃ殺されてもおかしくないw

131考える名無しさん2019/06/08(土) 18:15:53.640
人間には「一人」「自分」「他者」の中に予め色々な側面、性質、性分が備わっているし
また一生を通じて様々な状況に巡り合い、その環境に本人の意思や希望ともまた別に
置かれていく存在なんだって視点が欠洛してるんだよね

132考える名無しさん2019/06/08(土) 18:18:47.800
反出生系のスレで「やりたきゃお前らだけで竹やりでB29落とす練習してろ」って憤ってた人間を見たことがあるぞw

133考える名無しさん2019/06/08(土) 18:21:17.800
まあ、正に、ファンタジーの域まで行った精神論っていうのがそういうことだよねww

134考える名無しさん2019/06/08(土) 18:25:41.700
アスペルガー症候群を指すアスペってネットじゃ侮蔑用語として使われてるが、その特性は極端な論理的思考と空気を読ま(め)ないことなんだってな
ある意味じゃしぶとく根付いてるそんな精神論的共同妄想をぶっ壊す働きする役割持つ存在な訳だ

135考える名無しさん2019/06/08(土) 18:29:14.860
「我慢して努力して頑張って最後まで信じてさえいれば必ず竹槍でも戦闘機は落とせる」って
そう声をかけあいながら必死に汗を流して訓練してる大勢の中に居ながら
「竹槍で戦闘機なんて落とせないよ、この訓練は無意味だよ」
そう言ってしまう感じだろうね
悪意でも善意でもなく、単純な事実の指摘として

136考える名無しさん2019/06/08(土) 18:31:27.120
殺される殺されるwww

137考える名無しさん2019/06/08(土) 18:37:30.700
殺したら駄目なんだよね
それを殺すから妄想的な共同体は時間の経過と共に病んで行き詰っていくんだ
まあ、強引にねじこむなら虚無や厭世の働きもその指摘者に似たところがあるんだよね
「信じない」「流れに呑まれない」そしてそれを言語化して表明することで熱に浮かされてるような集団に水をかけて醒ます働き

138考える名無しさん2019/06/08(土) 18:43:05.750
てもやっぱ覚めたくない、熱に浮かされて夢みてたい人間、集団にとっては余計なお世話以上にそいつは悪魔か鬼だろ?
目障りでノリの違うそのKYを血祭りにあげて見せしめにリンチすれば集団の結束も高められるしな
そんな構造の中でバンバン死んで(殺されて)行ってるんじゃないか
元は善でも悪でもない悪魔や鬼は

139考える名無しさん2019/06/08(土) 18:52:10.050
方向転換をする、別の行先に舵を切るための決断をする勇気の欠如だからね
現状維持こそを最大値、至上命題としてしまって
そこに賛同する人間以外を徹底排斥するという方法論の内にあるのはさ
極度に偏向した精神論、根性論なんて弱さの別の姿なんだよ
本当の強さはきっと柔軟性としなやかな柔らかさの中にあるんだろう

140考える名無しさん2019/06/08(土) 18:53:51.890
厭味で言ってんのかw

141考える名無しさん2019/06/08(土) 18:55:31.390

自分自身に言い聞かせてるのさww

142考える名無しさん2019/06/08(土) 18:57:44.200
どうだかwww

143考える名無しさん2019/06/08(土) 18:59:21.100
それでは御随意にww

144考える名無しさん2019/06/08(土) 19:00:43.360
否定するなら最後まで否定しろwwwそういうとこも腹立つんだよwww

145考える名無しさん2019/06/08(土) 19:02:42.050
「無理はしない主義」ww

146考える名無しさん2019/06/08(土) 19:04:41.170
0/1、0/100思考はやめろwww少しぐらいは無理も努力もしてくれwww

147考える名無しさん2019/06/08(土) 19:07:07.550
実に、それもまた有用な指摘だ
了解ww

148考える名無しさん2019/06/08(土) 19:08:33.710
糞ムカつくwww

149考える名無しさん2019/06/08(土) 19:10:20.150
m(__)m
ww

150考える名無しさん2019/06/08(土) 19:12:10.220
もういい凸 www

151考える名無しさん2019/06/09(日) 10:11:18.620
>>126
ベネターの本は一応読みましたが、分析哲学か厭世主義か虚無主義かはともかく、
あれは、どう考えても、箸にも棒にもかからない「愚著」ですよ。
なんだか、あんまり頭のよくない学生の卒論を読んでいるみたいで、
あんなものを本気で奉っている人がいるとは、どうも信じられません。

最初に「快と苦の非対称」の話があって、すべての議論の根幹なんですが、
これがどうにも混乱していてわけがわかりません。
「苦の不在はよい」「快の不在は悪くない」という命題が真とされて、反出生の議論に
つながっていくのですが、現実を単純化して人間心理を快と苦で割り切ろうとするなら、
あり得る可能性は
1.快の現前
2.苦の現前
3.両方の現前
4.両方の不在
の、4パターンだけです。
これに、形式的によいと悪いを当てはめるなら、
1.快の現前は「その人にとって」よい
2.苦の現前は「その人にとって」悪い
3.両方の現前は「その人にとって」よいと同時に悪い。あるいは、
  快が勝っているならよくて、苦が勝っているなら悪い。
4.両方の不在は「その人にとって」よくも悪くもない。
と、本来はこれで話はすべて終わりです。
形式論理的には「苦の不在」は1と4の集合で、「悪くない」
「快の不在」は2と4の集合で、「よくない」となります。非対称性などどこにもありません。

152考える名無しさん2019/06/09(日) 10:14:49.590
何よりベネターの致命的な欠陥は、「その人にとって」という前提を抜かして議論していることです。
だから、「苦の不在は、それを感じる人がいなくてもよい」とか、わけのわからない
ことを言い始めて強引に反出生の議論と結び付けようとするのですが、およそよいとか悪いとか
いうのは「ある人にとって」という主観的な意味しかないのであって
(まあ、これは大問題で、賛成する人はあまりいないでしょうがw、私にとっては
考える余地のない当たり前の話です。)
「客観的にそれ自体で」よいとか悪いとか、「存在しない人にとって」よいとか悪いとかいう
言い方は、意味をなしません。

さらに、混乱に拍車をかけているのは、たとえば「苦の不在はよい」というのを、
「歯が痛いのが治るとすごくうれしい」みたいな話と混同しているとしか思えないことです。
理由が何であろうと、当人が「うれしい」と感じているなら、それは「快の現前」であって、
当人にとってはよいに決まっています。

たとえば、歯が痛くてつらいなら、それは「苦の現前」です。
歯医者の待合室で雑誌を読んでいたら面白くて痛みを忘れて読みふけったなら、それは
「快の現前」です。治療でがりがり削られて痛いなら「苦の現前」だし、
治療が終わってほっとして、痛みが取れてウキウキしているなら「快の現前」だし、
他の歯が虫歯になったらと不安になったり、今まで忘れていた仕事の悩みを
思い出して憂鬱なら「苦の現前」です。そういう気分が混在しているなら、
「快と苦の現前」というしかないでしょう。
このように、人間の快と苦は複雑にないまぜになりながら、一瞬ごとにつねに
流動変化して定まらないのが普通です。

で、この話は心理学や文学の題材にはなるでしょうが、どう考えても反出生主義とは
あんまり関係がないのです。
まあ大抵の思想やイデオロギーについても同じなのですが、べネターの本を
奉っている人たちは、実際には読まずに結論だけ採用しているのだとしか思えません。

153考える名無しさん2019/06/09(日) 11:24:32.390
何よりベネターの致命的な欠陥は、「その人にとって」という前提を抜かして議論していることです。
だから、「苦の不在は、それを感じる人がいなくてもよい」とか、わけのわからない
ことを言い始めて強引に反出生の議論と結び付けようとするのですが、およそよいとか悪いとか
いうのは「ある人にとって」という主観的な意味しかないのであって
(まあ、これは大問題で、賛成する人はあまりいないでしょうがw、私にとっては
考える余地のない当たり前の話です。)
「客観的にそれ自体で」よいとか悪いとか、「存在しない人にとって」よいとか悪いとかいう
言い方は、意味をなしません。

さらに、混乱に拍車をかけているのは、たとえば「苦の不在はよい」というのを、
「歯が痛いのが治るとすごくうれしい」みたいな話と混同しているとしか思えないことです。
理由が何であろうと、当人が「うれしい」と感じているなら、それは「快の現前」であって、
当人にとってはよいに決まっています。

たとえば、歯が痛くてつらいなら、それは「苦の現前」です。
歯医者の待合室で雑誌を読んでいたら面白くて痛みを忘れて読みふけったなら、それは
「快の現前」です。治療でがりがり削られて痛いなら「苦の現前」だし、
治療が終わってほっとして、痛みが取れてウキウキしているなら「快の現前」だし、
他の歯が虫歯になったらと不安になったり、今まで忘れていた仕事の悩みを
思い出して憂鬱なら「苦の現前」です。そういう気分が混在しているなら、
「快と苦の現前」というしかないでしょう。
このように、人間の快と苦は複雑にないまぜになりながら、一瞬ごとにつねに
流動変化して定まらないのが普通です。

で、この話は心理学や文学の題材にはなるでしょうが、どう考えても反出生主義とは
あんまり関係がないのです。
まあ大抵の思想やイデオロギーについても同じなのですが、べネターの本を
奉っている人たちは、実際には読まずに結論だけ採用しているのだとしか思えません。

154考える名無しさん2019/06/09(日) 13:44:36.260
じゃあ安楽死って誰のために何のためにやってるんでしょうかねえ?w

155考える名無しさん2019/06/09(日) 13:57:21.470
ちな、歯の治療が終わって苦痛が無くったときに別に感覚的な快は生じていません。
反省的に苦がなくなったことに安堵してしている状態です。

歯の治療後の快?のために虫歯になる人はいませんね。

156考える名無しさん2019/06/09(日) 15:07:49.490
現存する実の個人の存在を抜きにしては
快苦についての立論は不能なんてことがまず無いからね
反出生を論証する場合に用いられる個人は理論上のXで充分なんだよ
交通事故の衝突実験で一定以上の有用なデータを得るのが
実際の人間では無いダミー人形の代用でも充分なようにね

157考える名無しさん2019/06/09(日) 15:26:37.260
そもそも無茶苦茶な理解、解釈過ぎてどこから突っ込んだらいいのか分からないな

158考える名無しさん2019/06/09(日) 15:32:52.290
立論者は作られた後の生身の人間、特定個人以外では有り得ないこと
立論された理論の上に存在して出生の是非を論じられているのは
個人性の排除されたダミー人形同然のXであること
このあたりの区別が曖昧になってるが故の混乱のように見えるけど

159考える名無しさん2019/06/09(日) 15:37:10.880
リアルタイムで生まれてよかったと感じてる人間の存在を説明、証明してもらいたいんじゃないか
それが反出生の文脈上ではどういう位置付け、扱いになるのか

160考える名無しさん2019/06/09(日) 15:41:27.850
もう生まれた後の実存する誰かについての
出生の是非を論じることに意味って無いよね
生まれなければ良かったって結論が出たら
生まれる前に戻れるという訳じゃないから

161考える名無しさん2019/06/09(日) 15:46:27.180
個人的には快と苦の関係性、幸福と不幸の成り立ちが一番説得力持つんだけどな
反出生の裏付けとしては
>>155の指摘通り

162考える名無しさん2019/06/09(日) 15:53:50.790
作られないと困る人は何処にも居ないとしか言い様が無いからね

163考える名無しさん2019/06/09(日) 15:57:04.320
それが作られると否応なしで快苦の処置と対応に追われるしかなくなるんだもんな
死ぬ時までは、それが意識的、無意識的かは問わず

164考える名無しさん2019/06/09(日) 16:02:28.490
やっぱりそこを覆そうとするなら?
それを全て踏まえた上でも出生は必ず素晴らしいものだとする
新しい理論を構築することが課題になるんじゃないかなあ
せくせくと快苦の対応に追われることがXにとっての出生の是、
出生こそが絶対的な正解足り得る理由をこれこれこういうものである、とね?

165考える名無しさん2019/06/09(日) 16:05:43.190
合理性、功利性、効率性で詰めた時にはマジで何もないからな
わざわざ苦しめたり苦しんだりしてまで快を求めるための始まりの動機や理由は

166考える名無しさん2019/06/09(日) 16:08:35.960
作られた後の実存する個人がリアルな体験として
「得られた」良いものを否定する理論では元より無いしね

167考える名無しさん2019/06/09(日) 16:11:22.710
まあそこを極めるとやっぱり最後は虚無的だよな
良かろうが悪かろうがどっちにしても要らないって意味になるんだろうからな

168考える名無しさん2019/06/09(日) 16:17:12.780
作る側、親にとっての子供を持ちたいという欲求を満たすため
社会を安定して維持運営していくため
そういう部分以外での
作られる側、子供目線から考えた場合の
作られる事の絶対的なメリット、合理的な判断としての是、
その証明となるとね

169考える名無しさん2019/06/09(日) 16:20:00.860
頼んでもやってくれないんだもんなw

170考える名無しさん2019/06/09(日) 16:23:23.020
難解過ぎて手に余るんだよ
だってそれはもう魔法や奇跡の域だからね
宗教、信仰としてなら充分に可能だろうけど
精緻に、ロジカルに、となるとね

171考える名無しさん2019/06/09(日) 16:27:09.530
それこそ立論に用いる時に使うのが個人性を抹消したダミー人形だからこそだよな
現実の生身の個人個人なら、今この瞬間だけを切り取れば生まれて良かったと感じてる人間も大勢居るはずだ

172考える名無しさん2019/06/09(日) 16:33:10.570
それが全ての出生について絶対的な是、正解とするための
論拠として用いることが適当かどうかっていう話しだよね
生まれた後の人間なら各人によって
状況も体感も実情も様々、それこそ「人の数だけ」なのが当然だもの

173考える名無しさん2019/06/09(日) 16:36:26.890
シミュレーションや確率論、それと最終的にはリスクヘッジに行き着くんだと思うけどな
反出生の持つ正しさについての説明なら
そこの性質がまた倫理性と道徳性にもダイレクトに繋がるんだしな

174考える名無しさん2019/06/09(日) 16:42:58.540
海亀の例えに倣ってね
自分の子供達が様々な苦難と苦痛と残酷な現実に晒されながら
それでも否応なしに海に向かう(基本的な仕様として生きようとする)以外には何も出来ないと知りながら
そこに作り出すことがどうなのか、どんな意味を持つのか
正にそこだよね

175考える名無しさん2019/06/09(日) 16:47:05.560
ありがちな自分自身も親からそうされたんだから自分自身も子供にもそうするって答えもな
体育会系のノリとしてならありかも知れないが、それをすることの正当性の証明にはまるでなってない

176考える名無しさん2019/06/09(日) 17:00:31.730
反出生論が作られた後に人が素晴らしい経験をする可能性についても
否定、不認可、無価値化してることは確かだよね
それは、それをしなくては絶対的に存在する不幸の新しい出現を防げないからだ
ダミー人形Xにとって「素晴らしい経験=善」の出現は
あくまでも未知で未定、不透明な「可能性」であるが
「残酷な現実=悪」の出現は「確実性」を持ってるっていうことなんだよ

177考える名無しさん2019/06/09(日) 17:07:57.550
まあ簡単に言えば幸福/不幸の体感そのものは生まれてみないとその当人にしか分かりようも無いが、残酷な現実が予め存在しててそれが誰にも変更不可能であることだけは揺るぎ無い事実ってことだよな
反出生論が重きを置いてるのは最大多数的功利とも言えるだろ
あくまでも作られる側にとっての判断としてだが

178考える名無しさん2019/06/09(日) 17:11:05.490
子孫繁栄を絶対善とさえ設定してしまえば
それならいくらだって可能なんだよね
絶対的な出生肯定のための立論もさ

179考える名無しさん2019/06/09(日) 17:15:51.470
そこが担保されてさえ居れば、限られたごく少数の栄華のための無数の不幸も犠牲も簡単に正当化出来るからな
全ての不条理も不合理も問題にならなくなる
ただ種として永らえてさえ行けば全てがOKなんだろ
質より量、質より時間の長さって訳だ

180考える名無しさん2019/06/09(日) 17:20:40.050
より良く生きる、生の品質を高める、各人の福利厚生を充実させる
その概念とは競合も対立もしてないんだけどね
反出生論自体は

181考える名無しさん2019/06/09(日) 17:24:40.580
子供の事なんかほぼ何も考えずに行われてる繁殖の連鎖と、性行為が気持ちいいから、子供が欲しいから作ってるのの何が悪いって居直るような粗暴な連中へのカウンターなんだよな
あくまでも

182考える名無しさん2019/06/09(日) 17:27:40.560
ある意味ではそんな乱暴な出生肯定の方がよほど具体的な社会悪にもなり得るよね

183考える名無しさん2019/06/09(日) 17:29:26.930
産めよ増やせよのスローガンなんて最初から子供の人権無視、人権蹂躙もいいとこだ

184考える名無しさん2019/06/09(日) 17:37:47.750
事実、出生について子供の目線で考える事を完全に否定するなら
それは子供に対する暴力性にも直結してくるはずだよね

185考える名無しさん2019/06/09(日) 17:40:51.000
哲学としての反出生理論の要はそういう部分だろ
作られることの意味を作る側として何度でも再考し続ける

186考える名無しさん2019/06/09(日) 17:44:13.820
それはもう、シンプルな人情だけなら
出生だけを絶対的に肯定出来たらどれだけいいか
ねえ

187考える名無しさん2019/06/09(日) 17:48:14.520
出生への絶対的な肯定は全ての人間の絶望と不幸と苦痛の全肯定と同義だからな
それが出来る人間が居たとしたらマジで何も考えてないか100%自分への関心しか持ち併せてない奴なんだろ

188考える名無しさん2019/06/09(日) 17:52:39.440
作られて生まれたからには一人でも
その一人の人にとっても少しでも、
適う限り、より満たされて幸せな方に
身を置かれていてもらいたいと切に願うけど

189考える名無しさん2019/06/09(日) 17:54:21.060
ある意味それがどれだけ難しいかって話しでもあるんだろうしな
それこそ魔法でも使えるんじゃなきゃ

190考える名無しさん2019/06/09(日) 17:55:58.950
まずは自分自身と身直に居る人達からしか出来ないものね
それさえも時にはひどく難しい

191考える名無しさん2019/06/09(日) 17:57:09.880
俺みたいなうるさい奴にはグダグダ絡まれるしなwww

192考える名無しさん2019/06/09(日) 17:58:43.220
それは別に難しい案件の内には入って無いよw

193考える名無しさん2019/06/09(日) 18:00:31.380
早速良い方に解釈するようにしておくよwww
thx www

194考える名無しさん2019/06/09(日) 18:05:13.820
それもね、それしか無いからねえ
絶望や不条理に打ちのめされて、うちひしがれることを避けようと思ったら
GJでいいんじゃないかと
本当にそうなんだし
嫌ならこうしてない、それがこっちの手の内の全てだよw

195考える名無しさん2019/06/09(日) 18:07:33.910
俺個人が出生肯定論を聞かせて、教え解いて欲しい相手が本当は誰か分かって来たよ

196考える名無しさん2019/06/09(日) 18:09:14.790

私ということですか?
そうならご要望にお応え出来ずに誠に申し訳無い

197考える名無しさん2019/06/09(日) 18:10:57.330
いやどうとでも、御随意に なwww

198考える名無しさん2019/06/09(日) 18:17:33.170
対象無差別ではなく、決め打ちで
こちらをご指名頂いていたという認識は無かったな
もしかするとそれも残酷なことだったのかも知れないね
もっとちゃんと、改めて
一から考えるようにしていこうと思うよ
それで僅かでも償いになるといいのだけど

199考える名無しさん2019/06/09(日) 18:19:48.600
気楽に でいいぞwww
でもthx
ありがとう

200考える名無しさん2019/06/09(日) 19:03:56.240
荒らすな
>>153
で、安楽死に効用はあるのか?
あるとすれば誰の苦痛に対してだ?

201考える名無しさん2019/06/09(日) 19:24:31.360
別に荒らしちゃいない
スレタイに関係したテーマについて各人話したい相手と好きなように話しをする場所だろ
てかなんで急に安楽死の話しになってるのかの詳細頼む

202考える名無しさん2019/06/09(日) 19:33:07.820
君は>>153か?
まあいい。
安楽死では苦痛を免れたことを認識する意識そのものが失われる。
苦痛の回避を経験する主体そのものがない。
それは、生まないことで苦を回避することと同質のことだ。

安楽死に当人に対する効用があるのなら、生まないことで苦が回避された場合
固有名詞のつかないXに対して効用があるとしか言えない。

203考える名無しさん2019/06/09(日) 19:40:26.860
快に対しては主体が存在し、経験が成り立つということが効用を成り立たせるための条件であるが、
苦や不充足はこれとは違う。経験が成り立たないことが効用を成り立たせるための条件だ。
苦が回避されたことを認識する主体が絶対に必要などと言うことはないだろう。

204考える名無しさん2019/06/09(日) 19:41:40.330
そのレスも前提になってる事実関係の理解が支離滅裂過ぎてどこから突っ込んだらいいのか分からん
安楽死するその瞬間までに経験する生命としての時間は何処に行ったんだ

205考える名無しさん2019/06/09(日) 19:44:52.330
安楽死を選択しなかった場合の、引き続く苦痛の期間との比較だね。
引き続く期間が長いと予見されるほど安楽死へのハードルは下がるだろう。

注射してから死ぬまでの時間はあっという間だ。

206考える名無しさん2019/06/09(日) 19:44:52.850
安楽死を選択しなかった場合の、引き続く苦痛の期間との比較だね。
引き続く期間が長いと予見されるほど安楽死へのハードルは下がるだろう。

注射してから死ぬまでの時間はあっという間だ。

207考える名無しさん2019/06/09(日) 19:49:23.260
君は、苦痛の期間が5年と10年である安楽死希望の人間のどちらかの望みを叶えなければならないとしよう。
どちらの人間に安楽死を適用すべきか。

これは10年のほうの一択ではないか。
この選択が可能になるためには「主体の失われたことで苦が現前しない」という事柄に
効用を認めなければ不可能だろう。

208考える名無しさん2019/06/09(日) 19:51:46.700
安楽死に過剰に夢みてることは分かる
だがその理屈だけで考えるなら安楽死に限定する理由もなくなるだろ
首くくるのだって生きて苦しむ時間の長さに比べたらほんの短時間なんだから
何故それを直ちに決行しないか、その理由の説明が必要になってくる
反出生の生=苦への出現の予めの否定、拒絶とは結び付かないものになる

209考える名無しさん2019/06/09(日) 19:57:28.200
全く必要ではないね。
「人がなぜ生きるのか」は今は関係ないだろう。
生まれてしまえば生き死ににコストや苦痛が付きまとうだろう。
生まれないことのコストはゼロだ。

話を逸らすんじゃないよ。

安楽死には効用がある。
同じく、生まずに苦を回避することにも効用がある。
それだけだ。

210考える名無しさん2019/06/09(日) 19:59:38.610
生まれないことで起こる苦や不充足はゼロだ。
死ぬこととは全く別の事柄だろう。

211考える名無しさん2019/06/09(日) 20:07:46.730
苦に対する絶大な効用があるという共通点があるからニ者は同じだとはまた乱暴な結論だな
最初から 安楽死さえ出来るなら死ねるのにな でいいだろ
反出生と安楽死は対象も効果が及ぶのも各自で別々の方法論だ
>>153への反論に安楽死を持ち出すことにまず無理がある
反出生の苦痛への効用は徹底防除こそにあって、安楽死の苦痛への効用は対処としての抹消だからな

212考える名無しさん2019/06/09(日) 20:12:43.860
防除と抹消と言ったところで、
「苦痛が無いことを認識する意識が無い」状態が苦に対して効用を持つこと。
という核心部分は同じなんだよ。

君が、苦や不充足を経験する個体を一定時間存在させることが出来るとしよう。
(実際出生させることはこれを含む)
そして、50人か100人か選択できるとしよう。

これはどちらを選択すべきか。
まあ、50人の一択でしょう。

213考える名無しさん2019/06/09(日) 20:14:20.700
空気を読むとかいう宗教 通称エアー教団

イスラム教→アラーに服せば天国に行ける
キリスト教→善い行いをすれば天国に行ける
仏教→欲望を解脱すれば悟りの境地に行ける

エアー教団→集団自殺へのリスキーシフト、常に間違った選択が出来る集団精神病の境地へ

214考える名無しさん2019/06/09(日) 20:14:49.430
この選択に、「苦痛を回避したことを認知する意識」など持ち込む理由はないだろう。

215考える名無しさん2019/06/09(日) 20:16:49.600
一瞬で安楽死さえさせてさえもらえるのなら、安楽死する直前までの苦痛はどれほどあっても全て不問に処す訳だ
寛容だな

216考える名無しさん2019/06/09(日) 20:21:59.600
うーん、
「生まれないこと」と「死ぬこと」は人にとって全くの別の事柄だね。
きみはそれらをわざと混同させているね。
何かを認めたくないために。

217考える名無しさん2019/06/09(日) 20:26:41.780
いや、明らかにそこの部分の区別ついてないのが安楽死をわざわざ持ち出してる方なんだが
まあ理想通りの安楽死が出来るといいなとしか言えん

218考える名無しさん2019/06/09(日) 20:27:49.960
安楽死と言ったって本当は辛いかもしれないよ?
本当は生きてやりたいこともあるかもしれない。
生きることの苦痛と死ぬことでもたらされる不充足のトレードに過ぎない。
生きることの苦痛が、死ぬことでもたらされる不充足を上回ったに過ぎない。

だが、「生まれない」には何の苦も不充足も生じない。

「死を選択すること」と「生まれないこと」に区別をつけないなど
気違いじみた結論を目論んでいるときにしか可能にはならないだろう。

219考える名無しさん2019/06/09(日) 20:29:38.780
>>217
だから、反出生の論点は>>212なんですよ。

220学術2019/06/09(日) 20:31:31.540
狩り漁狩猟採集酪農畜産養殖農業を現実的にやめ食事を断るのが僧侶の在り方まで徹底できたか?

221考える名無しさん2019/06/09(日) 20:33:48.600
>>219
論点が同じで導かれた回答に共通点があるからと、そのどっちでも同じだって主張は通るはずがない
そう指摘してるだけなんだがな
反出生は根本治療で安楽死は対処療法ってアレだよ

222考える名無しさん2019/06/09(日) 20:37:54.480
>>221
そもそも君が>>153の代わりに答えてくれていのかどうかもわからないが、
>>153の言説は、「本人が苦痛を免れたと認識されることがなければ苦痛の回避に効用は無い」
であってそれにたいして「勘違いですよ?」と言ってるわけです。

頭の中を整理してからレスしてください。

223考える名無しさん2019/06/09(日) 20:37:57.570
wwwwww安楽死すらもめんどくせえwwwwwwwwwwwww

224考える名無しさん2019/06/09(日) 20:43:03.430
生むか生まないかという選択の時に避けられない問題、
認識されない苦痛の回避に効用があるのかという問題、

>>212はその思考実験です。
どうするんですか?

225考える名無しさん2019/06/09(日) 20:43:36.400
>>222
いや、そっちが頭から誤認、ミスリードしてるんだ
苦痛の回避された主体ではそもそも有り得ないんだよ
安楽死でこの世を去る人間はな
その人間は苦痛を存分に受け取ってる上でそれを選択してるんだからな

226考える名無しさん2019/06/09(日) 20:49:19.700
>>225
予見される苦痛に対して、意識を消失させるということでその経験が成り立つことを回避する。
予見させる苦痛に対して、意識を生じさせないということでその経験が成り立つことを回避する。

両方とも苦に対して効用を持つが、前者の方がより功利的に優れているだろう・・・
もういいかな。
切りがないわ。

227考える名無しさん2019/06/09(日) 20:49:27.540
ついでに本人が認識出来ないならっていう読み方をしてるのも大雑把だし不正確だろ
あくまでも反出生への反論者である>>153が指摘してるのは認識いかん自体のあるなしではなく認識をするための存在としてのあるなしのはずなんだ

228考える名無しさん2019/06/09(日) 20:50:45.340
ごめっごめん、「後者の方がより功利的に優れている」
だ。

229考える名無しさん2019/06/09(日) 20:56:19.290
というか何で君が当初から頼まれもしていないのに>>153の代弁をしているんだよ!!
俺は>>153にレスを投げたにすぎんのだ。
狐に摘ままれているみたいだわ。

230考える名無しさん2019/06/09(日) 20:56:24.170
>>226
安楽死を持ち出した事で、不適当な部分を多く残した反論になっていたことだけ理解して了承してもらえればそれ以上は特に何も無い
荒らし扱いも取り下げてもらいたいところだが、そこは個人主観だしな

231考える名無しさん2019/06/09(日) 21:03:23.210
安楽死も生まないことも、意識を条件から外すことで苦の回避を行う。
否定のしようない事実ですよ・・
事実は俺にもどうすることもできませんよ。
いい加減にして下さい。

232考える名無しさん2019/06/09(日) 21:04:51.690
生まないことは条件自体も全てを予め存在させないことだ

233考える名無しさん2019/06/09(日) 21:06:42.670
哲板らしいよな

234考える名無しさん2019/06/09(日) 21:10:35.590
まあね。
「人間にとって」何かが好ましいということ、
「AよりBが好ましい」という場合Aを選択すれば不充足が起こる、つまり
「AはBより好ましくない」という事と同じなんです。

生んで快を出現させる稼働といった場合、どんなに大規模に快の現前を取りやめたところで
人間の不充足は起こらない。
「快を出現させるほうが好ましい」がそもそも成りたたないんです。
生まずに済ますことそれ自体は全く何の人間の実問題を引き起こさない。

235考える名無しさん2019/06/09(日) 21:17:15.810
元より快苦は一体だからね
だからそのどちらか片方だけを生み出すことも
生み出さずにおくことも不可能なんだよ
反出生が一般的には「善いもの」とされる感覚的時間の誕生まで
「悪いもの」と一緒に予め切って捨てていることは確かなんだ

236考える名無しさん2019/06/09(日) 21:28:26.840
うーん、
今時「善い」ですか。

人間存在を外部から規定するような「善い」は想定していません。
いわゆる善、絶対規範ですか?

ある人にとって「好ましい」「好ましくない」があるという実存的な話なんですよ。
ベネターの分析的実存主義は。

「ある人にとって好ましいものはその人に対して価値を持つ」そういう万人が認め得るところから
ベネターの記述は出発します。

で、「善いことが無いよりあったほうが良い」と言い得るのは「無いと不充足が起こる」という場合のみなんです。
でなければ人間の実問題にはなり得ない。

生んで善いことを生じさせるかどうかという選択がある場合、
生じさせなくても不充足は生じません。
「生じさせたほうが良い」が成り立たないという事です。

善いことの多寡で不充足が起こるのは生まれてしまって選好主体を与えられた後の
事柄です。

237考える名無しさん2019/06/09(日) 21:31:02.550
安楽死もいいかもしれないが
゛ちん楽死゛
ってのはどうだ

238考える名無しさん2019/06/09(日) 21:32:52.570
詳しく言ってみろよ、この馬鹿。

239考える名無しさん2019/06/09(日) 21:37:16.000
誰だって最後はちんちんに看取られたい
だから10人くらいのおちんちんを顔に
つけられて安楽死させられる
無事天国に行けるように
それが゛ちん楽死゛

240考える名無しさん2019/06/09(日) 21:46:35.160
>>236
そういう価値判断以前の単純な出来事、事実として
両方を否定しているという状態は
確かに反出生の理論上には起きているということ
そこで反出生論に対する批判者が仮に「善いもの」に絶対的な真価を認めていた時には
それは「「悪いもの」がそこに不随していようとも」必ず絶対的に肯定されることになる
その土壌にあっては「悪いもの」の発生を未然に防ぐことが常に優先されるべきだという
反出生的な最適解が効力を持ち得なくなることも確かなんだよ
但し、上でも話していた通り
ありとあらゆる全ての「悪いもの」を絶対的に肯定出来る人間や理論は存在しないから
そういう存在が現れる時まで反出生論の導く最適解の正当性、優位性は揺らがない
こうなるね

241考える名無しさん2019/06/09(日) 21:53:55.830
いや、誰しも自分の価値観はことさら大事でしょう・・w

誰かの選好をとりわけ重視するなどということはないでしょう・・

242考える名無しさん2019/06/09(日) 21:58:09.700
うまく噛み合わないみたい
また改めてゆっくりね

243考える名無しさん2019/06/09(日) 22:00:05.800
失礼。

244考える名無しさん2019/06/09(日) 22:01:11.690
>>153の反論への反論待ちだな

245考える名無しさん2019/06/09(日) 22:27:56.140
>>239
うるせー!!

246考える名無しさん2019/06/09(日) 23:24:42.550
生きてる人間が「生きることは苦しいことばかりだ」って言うのはZOZOの前澤社長が「金持ちもそんなにいいもんじゃないですよ」って言うのと同じ

247考える名無しさん2019/06/10(月) 04:31:35.610
反出生論は生が苦しいだけのものとは言っていないよ
ただ、反出生主義者でそう言ってる人が居るのかも知れないね
だとして、それは他者によって
安易に否定されるべきものでも無いんじゃないのかな

248考える名無しさん2019/06/10(月) 06:14:40.020
反出生主義は哲学だ 	YouTube動画>1本 ->画像>10枚

249考える名無しさん2019/06/10(月) 18:05:30.680
自分自身が苦しい思い知ってるから、人の苦しさにあんたも大変だよなって思うタイプと自分自身も我慢したんだからお前も我慢しろとか、自分の方がもっともっと苦しかったって言い出すタイプが居るんだよ
中にはマジで大して苦しい思いしてないから苦しいって言う人馬鹿にする奴とかも居るけどさ

250考える名無しさん2019/06/10(月) 18:17:29.140
反出生主義者は苦しい思いするのは理論的に証明されてるからって言ってそれをするのを実力で阻止するタイプ

251考える名無しさん2019/06/10(月) 18:20:07.720
アンチ反出生の説得力のなさは不幸だって自認してる人間を余計不幸にさせるような物言いばっかすることだよな
不幸自認してる人間が許せない様子なのに自分が更に新しい不幸作り出すっていうな
許さないと責める前にせめてほっとく努力ぐらいしろって話しだ

252考える名無しさん2019/06/10(月) 18:24:05.830
反出生主義者は自分のした苦しい思いを子供にまでさせたくないタイプだよバーカ
マジうぜえ

253考える名無しさん2019/06/10(月) 18:27:47.190
相手を不快と不幸に突き落としながら当人は幸福の使者気取りだからな
まあ所謂毒親なんだろな

254考える名無しさん2019/06/10(月) 18:40:13.400
まだこの先の人生で何かいいことが起こるって期待してんの?
そんなことありえないのに?
トータルで絶対にマイナスだってわかってんでしょ?

255考える名無しさん2019/06/10(月) 18:44:59.070
いいことはある
てよりある人間も居る
最初から不公平に出来てんだ

256考える名無しさん2019/06/10(月) 18:51:17.830
そらいいことのレベルにもよるだろーけど

257考える名無しさん2019/06/10(月) 18:52:13.830
作られないことが最大値だからなw

258考える名無しさん2019/06/10(月) 18:53:22.820
wwwwその大前提はいっぺん置いといて?wwwwwww

259考える名無しさん2019/06/10(月) 18:53:52.410
いいことより悪いことの方がずっと多いぞ
今までの負け分見てみろ
絶対取り返せないってわかってるだろ?
パチンカスと一緒だぞ
どんどん吸い取られてくる一方だ

260考える名無しさん2019/06/10(月) 18:55:58.670
ちょこまかしたいいことぐらいなら誰にでもあるだろ
ただメンタルやられてるとそれもマジで全く感じられなくなるんだよな

261考える名無しさん2019/06/10(月) 18:58:56.640
なんかいいこと悪いこと勝ち負けに置き換えて考えるのは違和感あるなー僕個人は

262考える名無しさん2019/06/10(月) 19:00:53.950
金稼ごうと思うならギャンブルはするなってだけの話だよ
娯楽として楽しめるならギャンブルも立派な趣味になる
プラマイだけ見てりゃそりゃ人生も無意味で無価値

263考える名無しさん2019/06/10(月) 19:01:04.560
最終的には誰かとの比較の話しになるからな
パチンカスにとっての本当の幸福なんかパチンカスにしか知る術ない

264考える名無しさん2019/06/10(月) 19:03:57.170
幸福ならパチンカスつかギャンブル依存症にはならないと思うけどさ
依存症になってる最中にもささやかなギャンブルとは別のいいことみたいのもあんのかな

265考える名無しさん2019/06/10(月) 19:07:15.300
メンタルやられてると無理の範疇だろ
ツレで依存症ってほどじゃないギャンブル好き居るけどな
平日休みで昼間打ってるといかにもパチンコで身持ち崩した主婦って感じの女が売春持ちかけてくるとか言ってた
そうなったらもうな

266考える名無しさん2019/06/10(月) 19:08:59.700
なんかもう地獄だなあ

267考える名無しさん2019/06/10(月) 19:13:35.820
それを地獄と思う人間がより反出生に賛同しやすいってのはあるだろうな
汚いとか最低だとか言って女を責めたり喜んで買うような気にはとてもなれない、それこそタイプだ

268考える名無しさん2019/06/10(月) 19:15:52.480
でも他人ばっか論って責めまくってる連中も実際居るけどなあ
それも地獄ですは

269考える名無しさん2019/06/10(月) 19:18:47.600
まあマジで反出生主義者だからって子供の事考えなきゃいけない必要がどこにあるって言うニュータイプも現れてるしなw

270考える名無しさん2019/06/10(月) 19:21:33.990
ほえー・・・・・世間広過ぎ
まあいいけどさ
結局なきゃないでいいこと自分で作ってくしかねーんだよな

271考える名無しさん2019/06/10(月) 19:23:49.840
それも海に向かうのの一端だろうな
自由に出来る範囲で工夫したりしてな

272考える名無しさん2019/06/10(月) 21:28:27.510
>>155
快が感覚的か心理的かは、問題ではありません。とにかく「安堵している」なら、
それは快の現前で、一瞬の「よい」なのです。次の瞬間どうなるかは無関係です。
ちなみに、これは次に書く「未来の可能性を考慮した現在の選択」がよいか悪いかという
問題(いわゆる手段の効用の問題)とは、まったく別のことです。

>>154
安楽死が誰のためかは一概に言えませんが(自分のために他人を安楽死させる場合もあるのでw)、
およそ安楽死であれ何であれ、現在の選択の是非を決めるのは「予想される未来の可能性」です。
自分で安楽死を選択しているなら、生き続ける場合に予想される自分の未来と、
死ぬ場合のそれ(無)を比較して、後者を選択しているということです。

まあ、これは二重三重の意味で完全な空理空論以外の何物でもないのですが、一応書いてみると、
いわゆる人生を左右するような選択(進学とか就職とか結婚とか出産とか)について、
現時点での可能な選択肢が2つあるとします。
それぞれの選択肢から帰結する未来の全人生を予想し、そこに現前しては消えていくであろう
快と苦(>>153で書いたような)をすべて数値化して合計します。

たとえば、選択肢Aがもたらすのは「快が100、苦が100」の人生だとし
選択肢Bがもたらすのは「快が120、苦が100」だとすると、
その人にとって、「AはBよりも悪い、BはAよりもよい選択である」と一応は言えます。
Bがもたらすのが「快が80、苦が100」とか、「快が100、苦が120」なら、
逆に「AはBよりもよい選択である」と言えます。
他にもいろいろなパターンがありますが、要は、快が増えればプラスで減ればマイナス、
苦が増えればマイナスで減ればプラスの要素であり、ここにもまた「快と苦の非対称性」など、
どこにもありません。

273考える名無しさん2019/06/10(月) 21:29:25.350
微妙なのは、Bがもたらすのが「快が300、苦も300」とか
「快が10、苦も10」とかの場合で、前者は要するに波乱万丈の人生で、後者は眠ったような
人生ですが、Aのいわば平凡な人生と比べてどちらがよいのか、一概に言えません。
さらに微妙なのは、Bがもたらすのが「快が30、苦が0」等の場合です。
要は、ものすごい幸福が3年続いてぽっくり死んでしまうとか、そういうケースです。
これも、AがよいのかBがよいのか、一概に言えません。ここにあるのは理屈で割り切れない
心理の綾であって、「快と苦の非対称性」など、どこにも見受けられません。


決して間違ってはならないのは、ここで比較されている対象は「可能な二つの未来の可能性」
であって、過去ではないということです。過去に快が百万あろうと苦が一億あろうと、
現在の選択の是非とは一切関係がありません。過去はすでに変えようがないのですから、
考えても仕方がないのです。

で、いつの時点でも常に可能な究極の選択肢として、未来の快と苦の可能性を、両方0にするものがあります。
それが「死」です。(生まれる前の胎児なら、生まれないことです。両者に本質的な違いはありません。
これを言うと怒り狂う人がいるのは一応知っていますが、結論だけ書いておきます。)
この文脈で死の持つ意味は、それが「未来の快と苦の可能性を両方0にする」
ことであって、安楽であるかどうかも、死に方が自然死か事故死か自殺か他殺かも、本当は
あまり本質的な問題ではありません。
通常は、死という選択肢は、現在可能な他のどのような選択肢でも、未来の予想される苦が圧倒的に
多く快が圧倒的に少ないことが確実である場合(末期がん患者が安楽死を選ぶ場合などが典型的ですが)以外は、
あまり問題にはされません。

274考える名無しさん2019/06/10(月) 21:31:59.790
で、反出生主義ですが、「とにかく生まれるより生まれない方が当人にとってはよいのだ」と
言い切るためには、上のような現在の選択肢の効用の検討において、「快と苦なら苦の方が重要なのであって、
未来の快の量は本質的な問題ではない。とにかく重要なのは、未来の苦の量がより少ない選択をすることなのだ」
と考えるしかないと思われます。
というか、「快と苦の非対称性」というのをそのような意味に理解しないと、反出生主義の根拠づけにはなりません。
しかし、このような意味の「快と苦の非対称性」は
1.何を根拠にそういう結論に至るのか、全くわからない。
2.もし本当にそう考えるなら、すべての人間は即刻死ぬのが本人のためだという結論にしか、なりようがない。
 (しかし、反出生主義者は、死んでもwこれを認めない。)
という、重大な疑問があるわけです。ベネターの本を読んでも、1については混乱していてさっぱりわかりませんし、
2については言い訳じみたことをごにょごにょ言っているだけという印象しか受けません。

2についていえば、古代ギリシャのテオグニスという人は、「人は生まれてこない方がよい。生まれてきたら
できるだけ早く死ぬのがよい」という意味のことを言ったそうですが、これなら主張の筋は通っています。
現代の反出生主義者がこれを認めないなら(社会的に支持される見込みがないから認めないというより、
本心から認めていないとしか思えないのですが)、主張の内容か、その根拠づけか、あるいはその両方を
見直す以外はないように思われます。

275考える名無しさん2019/06/10(月) 21:47:03.930
快苦の非対称について少し書き込んだがまだ必要なようだ。

快の有無や多寡で不充足が起こるのは選好主体が与えられてからに限られる。
生まずにどれだけ快の現前を阻止しても不充足は起こらない。
「快があったほうが無いより好ましい」が一切成り立たない。
つまり、人間の実問題として成立しない。

快や幸福があるとか、その可能性は一切出生を正当化しない。
一方、苦や不充足は存在するや否や害悪となる。

生むこと自体の倫理的不合理が快苦の非対称によって、シンプルに示される。

276考える名無しさん2019/06/10(月) 21:48:55.920
マイナス功利主義によることなしに、悲観論に傾くことなしに
出生の圧倒的な不合理が示される。

277考える名無しさん2019/06/10(月) 21:54:55.710
「生んで快を現前させたほうが良い」は「生まずに快の現前を阻止することによって
不充足が生じる」ということと同値だ。

で、後者は実際あり得ない事なので、「生んで快を現前させたほうが良い」が「原理的に」
成立しないということだ。

快苦の量など実は問題ではなく、それ以前に、生まないほうが合理的となる。

278考える名無しさん2019/06/10(月) 22:02:15.220
実際、>>277のような事柄は万人が了承済みの事柄だ。
だから人は圧倒的に多くの時間を生殖せずに、快の現前をキャンセルし続けているわけだ。
それで何の問題も起こらないことを知っている。

ただ、自分が、この快苦の非対称の閾値を越えて子供を作りたくなった時に
謎理論をこしらえて出生のハードルを不当に引き下げているだけなんだ。

279考える名無しさん2019/06/10(月) 22:42:41.830
どっちも相手の言い分には全く耳傾けずに言いたいこと繰り返すばっかだな
論点が噛み合ってない

280考える名無しさん2019/06/10(月) 22:50:37.020
最初から反出生主義者と真面目に話したい人間の用意した文章でもねーじゃん
目が滑る

281考える名無しさん2019/06/10(月) 23:00:40.260
>>273のような「功利計算」は他者との功利の調整、政策や法律のために必要なものだ。
一人の人間の倫理的な問題を扱うには不向きなんだ。
例えば自分の命が助かるという功利と、愛犬が死ぬという出来事が同時に起こったとしよう。
功利計算上はプラスだが実際の心理状態はマイナスだろう。
快楽功利の不備を修正し、より個人の動機や価値づけを現実的に扱えるために
選好功利主義が生まれたわけだ。

反出生主義はこの選好功利主義によって、生むシナリオとシナリオの比較によって導かれたんだ。

282考える名無しさん2019/06/10(月) 23:00:51.540
>>275
>一方、苦や不充足は存在するや否や害悪となる。

ってのは

苦の有無や多寡で不充足が起こるのも選好主体が与えられてからに限られる。

ってことじゃないの?

「生むことは善」が成立しないように「生まないことは善」も原理的に成立しないんじゃないの?
「生むことも生まないことも善でも悪でもない」じゃないの?
生まれる前は快も苦も善も悪もないんだから

283考える名無しさん2019/06/10(月) 23:03:14.730

284考える名無しさん2019/06/10(月) 23:06:42.720
苦や不充足は有るほうが常に好ましくない。
それは、すでに生まれてからであっても、生まれることによってでも好ましくない。
が、
快がない事は生まれた後にだけ好ましくない(不充足が発生する)だけで
生まないことによって快の現前を阻止することは全く「好ましくないことはない」(不充足が生じないので)

これが人間のアプリオリな選好のメカニズムによる快苦の非対称だ。

285考える名無しさん2019/06/10(月) 23:09:20.330
>>284
>それは、すでに生まれてからであっても、生まれることによってでも好ましくない。

生まれる前は?

286考える名無しさん2019/06/10(月) 23:09:25.970
要するに、生まれた後に快の現前を奪うという事は大きな不充足を生み気の毒な事となるが、
生まないことで快の現前を、いくら大規模に、阻止しようが不充足は生じないので
まったく人間の問題として成立しない。

287考える名無しさん2019/06/10(月) 23:11:32.810
だから「生むことも生まないことも善でも悪でもない」でしょ?

288考える名無しさん2019/06/10(月) 23:11:38.930
>>285
苦は「存在する」ということが害悪として経験されるということです。
生まれない場合「苦が経験されない」以上のものはありません。

289考える名無しさん2019/06/10(月) 23:13:32.610
>>287
比較です。
生むことに比べ生まないことが圧倒的に合理。
となります。
この問題は従来の快楽功利ではなく選好功利主義でしか扱えません。

290考える名無しさん2019/06/10(月) 23:16:08.510
>>288
「生まないことは快を奪うことではないから悪ではない」
これはわかった

じゃあ同じように
「生まないことは苦を与えないことではないから善ではない」
は成り立たないの?

291考える名無しさん2019/06/10(月) 23:21:10.870
この快苦の非対称はじつは無意識的に全員わかっていることですが、
言語化が上手くいかないようです。

あなたの知っている「幸福な人生」を送った人物を思い浮かべてください。
出生の論点は彼の「ような」人生を人間を生み出して再現してよいかという事だと思います。
最高度に順風満帆だった彼の人生ですが、もし老病死のプロセスを知っていれば
新たな出生に越えがたい倫理的な閾値を感じ取るかもしれませんね。
その閾値の原因が快苦の非対称です。

幸福な人生を出現させるのにもこのような壁が存在するわけです。

292考える名無しさん2019/06/10(月) 23:26:08.570
>>290
比較です。
生まないことがそれ自体「良い」のではありません。
生んで苦を現前させることが「好ましくない」のです
「良くも悪くもない」状態と「好ましくない状態」の選択です。

「良くも悪くもない」状態のほうが好ましいですよね。

ですから、ベネターの原著のGOODとあるのは、選好功利ですから、実際は
PREFERABLEと読まなければ論旨を見失ってしまうかもしれません。

293考える名無しさん2019/06/10(月) 23:29:13.330
>>292
>生んで苦を現前させることが「好ましくない」のです

苦の話の時だけどうして生んだ後の話になるの?

294考える名無しさん2019/06/10(月) 23:31:15.590
>>292
>生んで苦を現前させることが「好ましくない」のです

なら、
生んで快を現前させることは「好ましい」でしょ?

295考える名無しさん2019/06/10(月) 23:31:39.050
http://www.philosophyoflife.org/jp/seimei201404.pdf
テーブルを見ながらでないと難しいですね。
快苦の非対称を解説しているサイトの中では最も正確かと思います。

296考える名無しさん2019/06/10(月) 23:36:02.150
>>294
そこが実は人間の実問題から乖離した言葉遊びなんですよね。
「善い」をなぜか無制限に延長してしまう。

「AよりBが好ましい」が人間の問題としてあるとき、それは
「AはBより好ましくない」「もしAを選択すれば不充足が生じる」ということなんです。
生まないことで不充足は起きませんから、「生んだほうが良い」というのは根拠が無いわけです。

297考える名無しさん2019/06/10(月) 23:39:32.520
生まれたあとであれば、善いものが手の内に有ってもさらに良いものがもたらされない場合
とか、あるいは全然手許にないとかがあれば不充足が生じます。
要するに無いよりあったほうが良いという状態が、このとき初めて出現します。

298考える名無しさん2019/06/10(月) 23:47:17.810
>>297
それは苦に関しても同じでしょ?
生まれた後にあるより無い方がいいという状態が初めて出現する

299考える名無しさん2019/06/10(月) 23:50:15.500
>>298
では>>212の思考実験ではどちらを選ぶべきでしょうか。
「苦が回避されたことを認識する意識が無ければ苦の回避に効用は無い。」
という原理が有効かどうかですね。

300考える名無しさん2019/06/10(月) 23:58:39.980
>>299
それはまた生まれる前に話が戻った

「苦が回避されたことを認識する意識が無ければ苦の回避に効用は無い。」

「生まないことは苦を与えないことではないから善ではない」
ってことでしょ

この思考実験は前提が不明な点が多すぎる

301考える名無しさん2019/06/11(火) 00:01:49.250
ですから、選好だっていってるでしょ。

時間が遅いので失礼。
pdfを見られたし。

302考える名無しさん2019/06/11(火) 00:10:55.110
どっちのほうが好ましいのかって問題なのに、
「〜は善なのか?」とかww
とにかくテキストに当たれ〜。

303考える名無しさん2019/06/11(火) 00:20:12.080
>>301
長々とありがとう
最後に言いたいことだけ言って消えるよ

なんか「自殺は善か悪か」っていう議論に似てるなって思った
これは僕のただの信念だけど、倫理っていうのは未来の不確定を前提とした、社会の存続の可能性が高い行動だと思ってる
善悪を考えるときにその前提を矛盾したところからスタートすると面白い話が出来上がる

快苦の非対称っていうのはいくら読んでも僕にはピンとこない
理屈じゃないからピンとこない人には一生理解できないんだろうなと思う

304考える名無しさん2019/06/11(火) 00:23:49.080
きみは>>153だったのか?
非対称については>>291の問題が理論云々より「感覚的に」わかりやすいね。

305考える名無しさん2019/06/11(火) 21:54:58.950
>自殺は善か悪か」っていう議論に似てるなって思った
全然似てません・・

>倫理っていうのは未来の不確定を前提とした、社会の存続の可能性が高い行動
社会は最終的には人のために存在します・・
逆はないでしょうw

>善悪を考えるときにその前提を矛盾したところからスタートすると面白い話が出来上がる
何を言ってるんでしょうか・・
人間と無関係な善の話などしていません。
人にとって最も切実な選好の充足不充足から出発しているんですよ・・
もういつの時代の話なんでしょうか。

306考える名無しさん2019/06/12(水) 21:24:16.080
>>304
すいません、上の書き込みは私ではないのですが、>>291はさっぱり理解できません。
生まれた子供が幸福になるかどうかなど全くわかりませんし、
「順風満帆で幸福な人生」などまれであることは大抵の人はわかっていますが、
それでも子供が生まれたときは普通「おめでとうございます」と言います。
それがよいことだという「直感」があるからです。
それの裏返しの「直感」として、人が死ぬことは原則悪いことだと感じているので、
特に若い人が死んだときは「残念です」とか「悔しいです」とか「病気(犯人)が憎いです」とか言います。
もしもこれを逆にしたら、まあ、ただではすまないでしょうw
「新たな出生に越えがたい倫理的な閾値を感じ取る」人は、まあ、控え目に言っても、
ごくまれではないでしょうかw

>>275
申し訳ないですが、快苦の非対称性と全然関係ないとしか思えないのですが。
主体が存在しないなら、欲求もないし、充足も不充足も選好も快も苦もないに決まっています。
「快があったほうが無いより好ましい」と同様に、「苦がないほうがあるより好ましい」も
成り立ちません。好ましいと感じる人間がいないんですから、「人間の実問題として成立しない」のも、
まあ、当たり前ですw

>一方、苦や不充足は存在するや否や害悪となる。

全く同様に、快や充足は存在するや否や善(よい)となるので、これまた
快と苦の非対称性と無関係です。

307考える名無しさん2019/06/12(水) 21:40:36.630
ですから、比較の中でしか語れません。
pdfに比較図がありますので・・

人生とは「生まれてから死ぬまでです」
出生とはそれを「有無を言わせず体験させる」という選択に他ならないんですよ?
意味が分からないとか、意味が分かりませんw

308考える名無しさん2019/06/12(水) 21:42:49.300
>>286
>生まれた後に快の現前を奪うということは大きな不充足を生み気の毒なこととなるが

大事なポイントなのですが、どうも心理的にわかりづらいようですが、「快の現前」を奪うことは、
論理的に不可能です。「現前」というからには現に存在していますし、快であれ苦であれ、
現前したものは一瞬の後には過去になってしまいます。過去に手を触れることは一切できません。
過去から何かを奪ったり付け加えたりすることは、全知全能の神様以外、不可能ですw
正確に言うなら、現在の選択によって変えられるのは「未来の快や苦の可能性」です。

ベネター周りの人々が致命的にだめなのは、快や苦の「現前」の話と、未来のそれらの
可能性の回避の話を、ごっちゃにしていることです。「現前」と対比されるのは「現不在?」であって、
「回避」ではありません。
未来の快の可能性を回避したところで、代わりに別の快が現前していて苦が現前していないなら
それは「よい」です。別に気の毒なことはありませんw
同様に、未来の苦の可能性を回避したところで、代わりに別の苦が現前していて快が現前しないなら
それは「悪い」ですし、特に快も苦も現前していないなら「よくも悪くもない」です。
特に難しいことはありません。>>153で話は尽きています。

「現前」の話を離れて、ある程度長期的な「よい・悪い」の話をするなら、空理空論ですがw
原理的には話は>>272で尽きています。わかりやすい例を挙げるなら、
学生時代に勉強が苦しそうなので、苦の可能性を回避して遊んでばかりいて、連続する「快の現前」を
楽しんでいたら、大人になって連続する「苦の現前」に後悔している、というような場合、
どうも、トータルに見ると、以前の「苦の可能性の回避」はあまりよい選択だったとは
思えないとか、そんな話です。

309考える名無しさん2019/06/12(水) 21:45:33.330
要するに、今から自分が生み出そうとする人間が「幸福な人間」だと前もって知ることが出来たとしても、
生むことに越えがたい倫理的な閾値が存在する。
それが感覚的にわかる思考実験なんです。

快や幸福は出生を全く正当化しないんです。
快苦の非対称が成り立っているからなんです。

310考える名無しさん2019/06/12(水) 21:47:54.620
>生まないことで快の現前を、いくら大規模に阻止しようが不充足は生じないので、

生まなければ充足も不充足も、快も不快も生じないのは当たり前ですが、ここで、
「主体を存在させないことによって未来の快や苦の可能性を回避する」ことのよい悪いを問題にしたいなら、
現実には存在しない「可能性としての人格X」にとって、よいとか悪いとか論じる以外ないでしょう。
そうしても別に構わないのですが、そうしたところで、基本的には現実に主体が存在する場合と別段変わりません。
唯一違うのは、主体が存在しない場合は、「生まれない」場合であれ「死ぬ」場合であれ、
快も苦も充足も不充足もずーっとゼロのままなので、長期的な計算が簡単であるという、ただそれだけですw

重要な第二のポイントですが、過去に生まれた主体が「死ぬ」ことによって存在しなくなる場合と、
生まれないで最初から存在しない場合とで、本質的な違いはありません。
これも、どうにも心理的に理解しづらいようですが、死んだ時点で、その人の
生きた時間はすべて「過去」になっています。欲求も選好も充足も不充足も快も不快も一切が
「過去」なので、奪うことも付け加えることも、原理的にできません。
死ぬことによって消滅する(回避される)のは、「未来の快や苦の可能性」なのであって、
生まれないことによってそれらが回避されたケースと、特別何の違いもありません。

何を根拠にそんなことが言えるのか相変わらずさっぱりわかりませんが、もしも、
生まれないことによって仮想人格X(生まれなかった誰かの可能性としての未来)の快の可能性を回避することは
Xにとって何ら悪いことではなく、苦の可能性を回避することはXにとってよいことなのであれば、全く同様に、
死ぬことによって仮想人格AX(死んだAさんの可能性としての未来)の快の可能性を回避することは
AXにとって何ら悪いことではなく、苦の可能性を回避することはAXにとってよいことだというしか、ありません。

いくら直感に反してもw、人が生まれたら「残念です」「親が許せません」と言い、
人が死んだら「おめでとう」と声をかけるのが、(テオグニスのように)反出生主義者の筋の通った態度というものです。

311考える名無しさん2019/06/12(水) 21:49:40.970
>「現前」の話を離れて、ある程度長期的な「よい・悪い」の話をするなら、空理空論ですがw
>原理的には話は>>272で尽きています。わかりやすい例を挙げるなら、
>学生時代に勉強が苦しそうなので、苦の可能性を回避して遊んでばかりいて、連続する「快の現前」を
>楽しんでいたら、大人になって連続する「苦の現前」に後悔している、というような場合、
>どうも、トータルに見ると、以前の「苦の可能性の回避」はあまりよい選択だったとは
>思えないとか、そんな話です。

ですから、これは生まれて選好のメカニズムを与えられた後の出来事です・・
出生の問題は、選好のメカニズムを生じさせてしまうか生じさせないかということなんですよ。

312考える名無しさん2019/06/12(水) 21:55:17.220
生んで、「意識が快を享受する状態」を現前させたほうが良い。
これは成り立たない。

生んで、「意識が苦を経験する状態」を現前させたほうが良いか。
これも全く成り立たない。

シンプルそのものですね。
出生させることは大きな計算ミスです。

313考える名無しさん2019/06/12(水) 22:00:10.660
また、生まれたあとの快苦の配分?によっては
快が苦を償って余りある状態があるのではないか。
その問いに対しては>>291の思考実験を考えるとよいですね。

314考える名無しさん2019/06/12(水) 22:04:00.520
結局、「人生には苦のほうが多いから」という理由ではなく、
「苦が存在する」という事実だけで理論的には出生は倫理的に大きな誤りとなるんですよ。

315考える名無しさん2019/06/12(水) 22:15:01.780
>>307
あのPDFは以前にもざっと見ましたが、ベネターの愚劣な構図に乗っかっている
時点でだめだとしか思えませんでした。「比較の中でしか語れません」て、
何と何の比較でしょうか。すべてが見当はずれの議論としか、思えないのですが。

>人生とは「生まれてから死ぬまでです」
>出生とはそれを「有無を言わせず体験させる」という選択に他ならないんですよ?

まあその通りですが、それの何が問題なのか、申し訳ないですがどうもさっぱり
わからないのですが。
だって、生命とか自意識とかいうものはそういう仕方でしか存在のしようがありません。
存在する前に存在するかどうか自分で選択することは論理的に不可能なのですから、
それがだめだというのなら、生命とか自意識は宇宙に存在してはならないという結論に
しかなりようがないのでは。
それに、自意識が発生した後なら、まあ常識的に言えば自分の生き方は自分で選択
できます。やりたければ、自殺もできます。
通常「覆水盆に返らず」とか「一度やった選択は取り返しがつかない」とか言われる
のは、その選択をした前の状態には二度と戻れないという意味ですが、
唯一「生まれる」という選択(というか非選択・強制)だけは、当人の視点に限れば、いつでも、
その前の状態に戻れます。生まれる前も死んだ後も、まったく同じ「無」なんですから
(もちろんこれは立証できませんが、一応現代人の常識としては)、生まれるという選択(強制)だけは、唯一「いつでも取り返しがつく」とも言えます。
まして、通常生まれた人はできるだけ長く生きようとして、生まれるという
選択を取り消して生まれる前の状態に戻ろうという選択をする人は、例外的にしか
いないのですから、むしろ一番気楽にやったらいいとしか思えないのですが。
どうして「子供を産む」という選択だけをそんなにかたくなに否定したいのか、
(同じことばかり言って申し訳ないですがw)、どうもさっぱり理解できません。

時間がないので、後日また失礼します。

316考える名無しさん2019/06/12(水) 22:17:51.380
生まれない事と死ぬことの区別ができない。
恐らくこのような状態の人には反出生主義は理解できないでしょう。

317考える名無しさん2019/06/12(水) 22:23:50.280
なんというか、反出生主義はエクストリームな設定上に成り立つトンデモ理論ではありません。
己の老病死のプロセス、愛する人の老病死のプロセス、回避したい経験であるという
万人が認める否定できない前提事項からの立論です。

まあたしかに、嫌なら死ねばよい、そうすれば生まれなかった状態と同じだ。
などと自ら狂人を演じれば反出生主義をかわすこと事はできるかもしれませんね。

318考える名無しさん2019/06/13(木) 05:43:15.350
丁寧に説明してる相手は右から左に受け流しつつ他で雑談的に語られてる内容はガン無視
多分頭に入れることが可能な内容は最初から「反出生は間違い」の一言だけなんだろ
それがその人間にとってキャパシティーの限界ならしょうがないとは思いつつな
1 作られないのが良くも悪くもない←Start
2作られた場合をシミュレートすると作られて良いことのある可能性はある
(個人差により未定)
3同じくシミュレートすると作られて悪いことのある確実性がある
(生老病死は100%確定、天災や人災、事件事故に巻き込まれる可能性ゼロの担保は絶対不能の時点で)
4 2、3を踏まえて初めて1に変更が加わることになる
作られないことには一定以上の合理的なメリットがあると

1、1、1、1、1、1、1ばっかり唱えてても何の意味も無いんだ
まして作られて生まれてから死ぬことが作られる前に戻るだけなんて通用しない
それが通るというならいつだって誰だって人のことを殺したっていいはずだ
作られる前の何も無い状態にしただけなら、殺されてもう怒る人間さえ居ないならどれだけそうしたっていいはずだって話しだろ
壊れすぎてて怖い

319考える名無しさん2019/06/13(木) 06:20:57.230
反出生を理屈と理論で否定するためには他人=子供の経験する苦しみも痛さも辛さも事前に軽く見積もるしかない事実があからさまになるから逆にいんじゃね
は?作られて生きてて何か嫌なら自殺すりゃよくねwwwwwぐらいに思える人間でなきゃマジ欲望任せにポコポコ子供は作れないってことだは

320考える名無しさん2019/06/13(木) 06:30:28.650
それも明らかに極論に振れ過ぎては居る見識なんだろ
だから生命倫理や道徳的な素養を備えてない人間に反出生を煽ることはやめてもらいたいんだよ
結局より深い重い絶望しかなくなるからな

321考える名無しさん2019/06/13(木) 06:34:28.280
wwwだってwwwwマジクソwwwwww絶望の朝なんだもーんwwwwwwwww
wwwwww地獄の業火に焼かれにwwwwww今日もwwwwwww行ってくるははははwwwwwwwwwww行って来まつwwwwwwwwwwwwwwはーあw

322考える名無しさん2019/06/13(木) 06:41:10.360

険のある言い方になってたなら悪かった
ごめんなと気をつけてな、行ってら

323考える名無しさん2019/06/13(木) 11:44:16.770
反出生主義が死にたくて仕方のない人限定の理論だと思ってるのかな。
生を謳歌している人、何にも考えていない人、生が重荷になっている人、
今生まれて良かったと思ってる人、生まれなくなかったと思っている人。
分析哲学による全ての人間に妥当する理論だから、反出生史上かつてない
広がりを見せているんだよね。

324考える名無しさん2019/06/13(木) 13:05:15.160
反出生主義って人類は滅んでしまえってことでしょ
俺はやだよ

325考える名無しさん2019/06/13(木) 13:08:45.560
麻原彰晃は人間この先生きていても罪を犯すばかりだから今すぐに殺してあげたほうがその人を救ったことになるんだって言ったそうだ

326考える名無しさん2019/06/13(木) 14:37:03.920
出生肯定者と同じく色々な背景、考え方、人生を送る反出生主義者が居るのに、それをひとまとめで罪人扱いして死ねばいい滅びればいいなんて言ってる奴こそ麻原級の危険思想者だよな
まるで出生、繁殖を絶対神に見立てたカルトだ

327考える名無しさん2019/06/13(木) 15:02:47.120
それは反出生主義者も同じでしょ
「分析哲学による全ての人間に妥当する理論」とか言っちゃって

328考える名無しさん2019/06/13(木) 15:22:40.000
全く違う
反出生主義は既に作られて進行形で生きてる人間の生死には言及していない
人類滅亡を是とするというのも、生きてる人間達がその命を中途で断たれる形での滅亡は無い
あくまでも新規での参入、供給、連鎖を絶つ形での滅亡のみを是としている
だが出生カルトみたいな奴らは現に生きてる反出生主義者に死ね死ねと連呼する
何故自殺しないと脅迫的な言葉を投げかける
人格否定の罵倒という罵倒、侮辱という侮辱を繰り返し決してやめようすらとしない
相手の背景にある思いも考え方も生命さえも頭ごなしに全否定、土足で踏みにじりながら自分達に同調しろと迫って来る
これ以上ないほど野蛮で粗暴で凶悪だ

329考える名無しさん2019/06/13(木) 15:45:22.010
人類滅亡を是とする人間が罪人扱いされるのはしょうがないよ

330考える名無しさん2019/06/13(木) 15:50:42.380
どれだけ相手からやめてくれと言われても自殺教唆と人格否定をやめようとしない、やめられない人間がその結果として他者から徹底的に嫌悪、軽蔑されることもしょうがない
そんな人間のむやみに有り難がってるものが評価と価値を損なっていくこともな

331考える名無しさん2019/06/13(木) 15:54:18.110
人類滅亡を是としたら罪人とかまんま出生カルトでワロス

332考える名無しさん2019/06/13(木) 16:01:08.210
NASAが百年以内に小惑星の衝突で地球が滅びる確率を計算して発表しただけでも原理主義的なキリスト教系組織から徹底糾弾、攻撃されたらしい
その可能性について言及し可能性の存在を肯定することがまず神への冒涜でありお前らは重罪人だと
それにも似てる気がする

333考える名無しさん2019/06/13(木) 16:58:41.060
>>331
>人類滅亡を是としたら罪人とかまんま出生カルトでワロス

なかなかの名言でたな
統一教会の拉致監禁の訴えみたいだな

334考える名無しさん2019/06/13(木) 17:14:22.790
基本、他者に自分のそれとは異なる他者なりの思想や主義や信条や信仰の自由を許さない認めないってのは原理主義だし教条主義のカルトだ

335考える名無しさん2019/06/13(木) 17:35:03.860
人殺しを罪人とするのもカルトか?
日本を中国に売り渡せって主張してもそれを認めるべき?
自分に受け入れられない意見に対して反対の意を表明することもまた表現の自由として認められると思わないか?

人類滅亡を是とするという思想は間違いなく俺に実害が及ぶ思想だよ
自分が害されてるのに黙ってそれを認めるほど俺はバカじゃない

336考える名無しさん2019/06/13(木) 17:45:16.710
極論を用いて徹底的な自己正当化と他者の断罪、糾弾に終始することもカルトの特徴なんだよ
反出生の主義や思想は誰のことも脅かしたりはしない
それを採用するか採用しないかは予め各人の裁量に委ねられてるからな
当然の話しだ

337考える名無しさん2019/06/13(木) 17:49:53.400
反出生主義ってのは個人的な信条なのか?
ならば反出生主義は哲学ではないな
理論ですらない

自分が反出生主義者であることを黙っていれば糾弾されることも批判されることもないだろうに

338考える名無しさん2019/06/13(木) 17:57:19.340
反出生は哲学的思想でもあるし道理的な最適解でもあるし個人の主義でもある
そのどれもが本当なんだ
お前はまず自分自身の凝り固まって偏在化した思考パターンを自分自身で自覚しろ
元より哲学こそが白か黒かだけを語る分野では無い

339考える名無しさん2019/06/13(木) 17:59:37.890
人類滅亡が道義的な最適解であるという主張をするなら罪人扱いされても仕方ない
麻原彰晃と大して変わらんからな

340考える名無しさん2019/06/13(木) 18:06:06.890
道理と同義では文章の意味が全く変わって来る
道理的な最適解というのは最も自然に導かれるポイントとしての最適解
同義的な最適解というのは何者かの意図や規範意識が存在する上で導かれるべき最適解
哲学はありとあらゆる全ての事象の意味について問い掛け掘り下げるための学問だ
なのにそこから疎かにしてる時点でな

341考える名無しさん2019/06/13(木) 18:06:41.830
敗北宣言ごちそうさまでした

342考える名無しさん2019/06/13(木) 18:09:37.880
訂正、道義な
道義ってのは守られるべき筋道があって成立する
道理ってのは自然がそこにあるだけで成立する
反出生が最適解に当たるのは道理の側だ

343考える名無しさん2019/06/13(木) 18:13:42.930
話しが本筋に及ぶとすかさず人格否定、根拠の無い勝利宣言、論破宣言、侮辱、嘲笑に逃げ回る
その繰り返しでよく自分自身の対人姿勢が悲しくならないよな
そこだけは関心する

344考える名無しさん2019/06/13(木) 18:18:52.620
>話しが本筋に及ぶとすかさず人格否定、

>極論を用いて徹底的な自己正当化と他者の断罪、糾弾に終始することもカルトの特徴なんだよ


>侮辱、嘲笑に逃げ回る

>なのにそこから疎かにしてる時点でな

関心関心

345考える名無しさん2019/06/13(木) 18:21:12.450
「人類は滅亡すべき」という主張に対して社会の構成員である私は自己防衛としてそれに反論、批判する権利を有する

346考える名無しさん2019/06/13(木) 18:23:56.540
せっかくこっちまで来てんのに言ってんの向こーん時と完全に一致だもんなあ
理論ではまともに反論出来ないの認めて諦めればいいのにさ

347考える名無しさん2019/06/13(木) 18:29:03.850
他者の思想の自由を認められない時点でカルトの他宗への侵略や攻撃としての言論弾圧同様だ
その方がよほど近代文明社会にあっては脅威的、害悪的な存在だろ

348考える名無しさん2019/06/13(木) 18:30:58.030
滅亡すべきじゃない理由掲げて滅亡すべきじゃないって唱えりゃいいだけなのにな
他人にまで滅亡すべきじゃないってなれとかアホじゃね

349考える名無しさん2019/06/13(木) 18:32:06.680
とりま、お帰りでいいのか

350考える名無しさん2019/06/13(木) 18:32:59.750
wwwwwぅえーいwwwwwwただいまーっすwwwwwwww

351考える名無しさん2019/06/13(木) 19:11:17.850
ダウンロード&関連動画>>

&t=9s
安い反論なんかアニメで十分だな。

352考える名無しさん2019/06/13(木) 20:21:46.090
まず反「論」になってないんだ
いつだって反出生サイドに「悪者」のレッテルを貼ってはそれを排除、排斥、屈服、駆逐、服従させる傲慢な欲望と支配の意図があるだけでな
一つの論についてそれは何故そうなるのか、その意味するところは何か、その主張してる内容の真意、真偽は何処にあるのか、
それを踏まえた上で自分の主張として一番の主軸を何処に据えるのか、そういう対等な立場から向ける関心や好奇心、論題と論者への興味がここまで皆無なんだ
「論破、勝った、お前が社会悪、自分が多数派絶対正義、嫌がらせされたくなければ主張をするな」
あるのは常にこれだけ
本当にこっちからしてみたらただの脅迫だし暴力なんだよ
こっちはここまで出生を肯定する立場の人間達にも敬意を払って来たつもりだ
でなければ過激化してる反出生勢に対して同じ反出生サイドからその進め方、言動に再考を申し入れたりなんかするはずが無い
関連スレ以外では一切反出生のロジック、そして自分の思想についての正当性を場違いに訴えたりしないことだってそうだ
それがどれだけ 対 人間同士として礼節に欠ける振る舞いかを理解してるから絶対にするまいと自分自身を戒めてるんだ
だが自分自身が最も正しいと認めたものについて脅しに屈して曲げる気も、主張を許される場所で迄も胸に納め続ける気も無いからな
曲げさせたい人間が居るなら曲げさせるだけの理論で挑んでくればいい
作られて生まれる者にとって出生と子孫繁栄には反出生を凌駕するに足るアドバンテージが確実に存在するというロジックを組み上げてな
もちろん全く別の切り口でも構わないが、現状はそれ以外に反出生論を打破する可能性を持つ論法を考えつかないんだ 俺個人は

353考える名無しさん2019/06/13(木) 21:07:49.900
庶民なんかほぼほぼじっと手を見る日々だよなあマジで
なんかあれ、つべで見た泳ぐ鯛焼き君ソングですはははは

354考える名無しさん2019/06/13(木) 21:10:09.870
およ「げ」だろ 確か 

355考える名無しさん2019/06/13(木) 21:11:51.630
wwwwわーおwwwwど頭から命令までされてたしィーwwwwwwみてーな?wwwwwwwwwww

356考える名無しさん2019/06/13(木) 21:14:03.180
鯛焼きも作られたから焼かれる訳だしな
てより最初から焼くために作ってるのか

357考える名無しさん2019/06/13(木) 21:14:55.570
wwwwwwwww地獄の業火にwwwwwwwwwwwでつかwwwwwwwwwww

358考える名無しさん2019/06/13(木) 21:16:58.200
気に入ってるなw

359考える名無しさん2019/06/13(木) 21:19:09.620
疲れたっすw

360考える名無しさん2019/06/13(木) 21:20:10.820
ベネターの反出生主義について言えば、
快苦の非対称を受け入れるなら反出生主義は正しい
受け入れないなら反出生主義は間違ってる
最初の前提に共感できるかできないか
それだけ

そもそも快と苦がトレードオフであるとか、
快と苦をアプリオリで不変なものとするとか、
快と苦を定量的であるとするとか、
生後の快と苦が等価であるとか、
快と苦によって人生の価値を定めるとか、
人生の価値によって出生の価値を定めるとか、
出生を自由にコントロールできるとか、
反出生主義が正しいとするために受け入れなければならない前提は多い

反出生主義であるということは、
私はセックスをしませんということなのか、
私はセックスをする時必ず避妊しますということなのか、
私はパートナーまたは自分に妊娠が発覚したら必ず中絶しますということなのか、
私は妊婦を見たら腹パンしますということなのか。

361考える名無しさん2019/06/13(木) 22:24:02.260
快苦の非対称、
完全に成り立ってますよね?

もう一回確認するの?w

生んで、「意識が快を享受する状態」を現前させたほうが良い。
これは成り立たない。 どちらでも良い。

生んで、「意識が苦を経験する状態」を現前させたほうが良いか。
これも全く成り立たない。

生むという行為はものすごい倫理的閾値を飛び越えてなされる行為です。
生む生まない以前に皆が知っておくべき重要な「事実」です。

362考える名無しさん2019/06/13(木) 22:36:24.660
>>361
横だけど、全然違うだろうw
どこに非対称性があるの?

そもそも、善悪の問題なんだから、事実ではなく規範の問題なんだが?

わけわからん主張だぞw

363考える名無しさん2019/06/13(木) 22:40:33.640
対称性があるのなら、快は現前させたほうが良い。
となるよね。

あと「事実」だからどうしようもないんですよ。
価値判断ではないので動かしようがなく、だれが推論しても
同じ結果だ。

364考える名無しさん2019/06/13(木) 22:46:51.860
死にたくなったら簡単に安楽死を選べるようになったらいいのに

365考える名無しさん2019/06/13(木) 22:49:57.880
生むという行為は老病死のプロセスを新たに増やすという行為なんだけど、
安心して老いるのにもまとまった金が必要であり、安楽死に至っては
一部の金持ちしか利用できないという環境の中でそれをやるわけだ。

366考える名無しさん2019/06/13(木) 22:56:04.640
>>363
何を言ってるのか、訳が分からにんだが?

そもそも、対称性の意味がわかってる?
その上で、ここで快苦の対称性をどのようなものとしてるかわかってる?

ベネターは、快苦に対称性があることも認めてるようだけど、それはわかってる?

善悪を問題にしてる以上、規範の問題になるってことは、わかる?
というか、例えば、事実命題と当為命題の違いとかわかってる?

反出生主義が哲学的な問題なのはそうだけど、意地悪で申し訳ないが、君には、そういう問題に対する基本的な理解が欠けてる様に感じるんだが…

367考える名無しさん2019/06/13(木) 22:57:11.000
犬畜生ならいざ知らず、
理性を持った存在として、この行為はとても擁護できないのではないか。

368考える名無しさん2019/06/13(木) 23:04:39.190
人間のアプリオリな選好充足のシステムから言って、
「AよりBが好ましい」は「Aを選択すると不充足が生じる」という事と同じである。

この事実から、生んで快を生じさせなくても不充足は生じないため
「生むことによって快を生じさせたほうが好ましい」が成り立たない。

ここまで、規範命題はなく、事実命題のみで導かれてしまう。

ここで、倫理的な判断を加えるのであれば、「どちらでもかまわない」としか言いようがないね。

事実命題。

369考える名無しさん2019/06/13(木) 23:17:00.370
>>368
そこは、基本的すぎて、最もどうでも良いはなしだよw

君は価値判断という言葉で表現してるようだが、「好ましい」なんてことを言うのであれば、それは価値判断に他ならないわけだよ。

要するに、君の言葉を借りるなら、反出生主義というのは、生まれるよりも、生まれない方が
「好ましい」という主張であって、規範の問題となるわけなんだが、それくらいは、とにかく理解してないと…?

370考える名無しさん2019/06/13(木) 23:17:08.970
薬入れるだけで何百万も払う必要があるのか。そんなに金かかるもんなの?w

371考える名無しさん2019/06/13(木) 23:19:42.190
>>364
え?普通に選べるでしょw
法のグレイゾーンで、赤信号無視してがらっがらの道路横断する人が容認されているのといっしょで、そんなのいくらでもある
選べず激痛でもだえる患者が後を絶たなかったなかったら逆にとっくに大問題になってるぞ
自分でちっとは考えろ
というか社会に出てみろ。ベッドの上で本ばっか読んでなくて

372考える名無しさん2019/06/13(木) 23:24:29.910
>>369
ん?

「好ましい」は規範ではなくて「避けがたく生じる選好」でしょう。
人間の力では「どうしようもない領域」ですね。

この上に規範を載せていくしかないんだけど、一本線だよね。

373考える名無しさん2019/06/13(木) 23:29:40.910
>>361
こうやって「事実」として繰り返し同じことを言うしかない時点で「共感するかしないかしかない」っていうのを証明してる

374考える名無しさん2019/06/13(木) 23:29:59.630
そう望もうとして選好を持ったり、選好が叶わなかったりした場合、不充足を感じようとして
感じるわけではない。w
人間の力の及ばぬアプリオリな領域ですよね。
「好ましい」って・・
当たり前でしょう。
馬鹿な言葉遊びに付き合ってる暇は無いんですよ。

375考える名無しさん2019/06/13(木) 23:32:58.590
どした?

376考える名無しさん2019/06/13(木) 23:34:35.740
>>372
何を言ってるんだ?

何が好ましいか、という問題は、規範的な問題なんだが?

そんなこと言い出したら、規範が事実に吸収されるぞw
そんなすごいことができた奴は、断言しても良いが、いない。そこに辿り着けそうなやつすらいないw

377考える名無しさん2019/06/13(木) 23:34:50.140
>>373
この事実があって、

「他人に不充足を起こさせるのは避けるべきである」という規範を置けば、
もうダイレクトに、「出生すべきではない」が導かれますよね。
ここに共感は介入しません。

378考える名無しさん2019/06/13(木) 23:37:24.020
選好というのは、快楽功利を修正した概念で、PreferencesとDesiresを合わせた概念です。
「規範も含む」ということです。

そういう言葉尻は良いんですよ。

379考える名無しさん2019/06/13(木) 23:38:32.770
>>377
だからその事実を事実として受け入れるかどうかしかない
「それが事実である」ということに共感できるかできないかしかない

それが事実であることを証明するすべをお前は何一つ持ってない

380考える名無しさん2019/06/13(木) 23:39:43.500
選好=規範とかどっから来たんですか?

381考える名無しさん2019/06/13(木) 23:40:57.080
>>379
じゃあ、誤りをさっさと指摘すれば良いと思いますね。
時間が節約できますよ?

382考える名無しさん2019/06/13(木) 23:42:45.710
>>371 自死は周りは不幸にする。それは自死=悪い(悲しい)ことと考えるから。産むか産まないかは人の自由。産まれた時点で人間とするなら生きるか死ぬかも人の自由。周りが選択肢の一つとして軽く受け止められれば自死を望むひとが”簡単に”死ねるんじゃ...??

383考える名無しさん2019/06/13(木) 23:43:52.970
横槍だが(万人にとって)事実であることを証明できなくてもいいとおもうよ
スレタイが主義なんだから。制度や理論じゃなくて。
主義の人たちにとってはそれが事実である、これで十分でしょ

384考える名無しさん2019/06/13(木) 23:44:05.190
反出生主義にもう共感もくそも無いんですよねー。
客観的な知見です。

385考える名無しさん2019/06/13(木) 23:45:13.800
>>381
誤っていることが証明できなければ正しいことであるというのは詭弁だよ
正しいことが証明できなければ間違っているという理屈も同時に成り立つからね

386考える名無しさん2019/06/13(木) 23:46:31.420
>>385
www
うだうだ言ってないでひっくり返せば良いんですよ!!w
もう寝ますね。

387考える名無しさん2019/06/13(木) 23:48:11.900
>>384
というか、>>1のような問答は主観であって、むしろやるべきは
反出生主義の国民が増えている背景は何か。という命題だろう
そこは事実なんだから。
その事実に目を背けたがっている人々がいるようだけど

388考える名無しさん2019/06/13(木) 23:52:48.310
>>387
それは社会学でしょ
まず反出生主義が本当に増えてるかどうかから検証しないと
フィールドワークがないと話が前に進まない

389考える名無しさん2019/06/13(木) 23:54:22.530
いやもう何年も少子化してるじゃん
いつまで意地張ってんのw

390考える名無しさん2019/06/13(木) 23:57:12.770
>>378
含むというか、反出生主義とか規範がメインな訳だが…

というか、そもそも俺が言いたかったのは、ベネターを持ち出すなら快苦の非対称性くらいは、正確に説明できんとダメだろうってことなんだが、それ以前で躓かれたらどうしょうもねぇw

俺が答えを、書いてもなw
それじぁ、本当にどうしようもねぇだろw

391考える名無しさん2019/06/13(木) 23:59:26.140
不妊症もいるんだから昭和2、30年代みたいに7人8人産む人がザラにいないと出生率は落ちるんだよ
長寿化、進学率の上昇による晩婚化も大きな原因
一次産業の衰退や技術の進歩、コンプライアンスによる子どもの労働力の著しい低下なんかもある

今の日本で反出生主義で子ども産まない人なんてものすごい少数派だよ

392考える名無しさん2019/06/14(金) 00:10:29.110
>>383
それは、もう事実ではないよw

日常用語的な意味からも、はみでてる気がする

393考える名無しさん2019/06/14(金) 00:23:38.940
>>391
そりゃなw
例えば、ヨナスなんかは、ある意味でベネターの対局に位置する考えを持ってるわけだけど、いずれかと言われれば、ベネターよりも、まだしも受け入れられやすい、現実に即した考えだと見えるわけだよ。
持続可能な社会を求めたりと、これは、「事実」として、そうなってるわけだよ。

にもかかわらず、ベネターの快苦の非対称性をきちんと説明できないのであれは、いかにも部が悪いだろうと、思われても仕方なさそう…

394考える名無しさん2019/06/14(金) 00:33:14.210
>>391
だけどな、じゃあ、ベネターの主張を、必ずしもそれを善しとしない俺が、ここで説明してもダメでしょwそれじぁ、ここで、ベネターを持ち出して、反出生主義を声高に主張してた奴は、ベネターの主張を理解してたのかすら、怪しいってなってどうしょうもないw

ベネターの快苦の非対称性というのは、それなりに説得力はあるわけだけど、それを俺が説明したら、もうダメなんだよ。

395考える名無しさん2019/06/14(金) 00:34:07.020
>不妊症もいるんだから昭和2、30年代みたいに7人8人産む人がザラにいないと出生率は落ちるんだよ

まさにそこなんだが、その意味を読もうとしないのが不思議
犬猫が本能のままに7、8匹生むのが、仮に近年、2、3匹しか生まなくなった、となると当然生まなくなっている個体も出てきている(増えてきている)ことになる。想像の話な。
じゃあ生殖器がついている種として、どうなの?という疑問がでてくる。
鶏は羽がはえているのになぜ飛べないの?という話と同じで、飛べないのか?それとも飛ばないのか?という話でもある。飛ばなくなったからか?という話になっていくと、それは主義の話になる。
意地になって反出生主義の存在を否定している人は何か偏見が邪魔しているようだが、主義を形成するのは好みや動機だけではない。
行動を伴うから主義なのであって、そういう行動をとらせている要因を探ろうよというのがこういう場でしょ。
これは反出生主義に反対であってもやる価値のあるテーマであって、子孫を残さないという行動をとるようになった生物を、
その存在の事実を大前提としてまず認めてとりあえず何でも考察していくというのが推奨されるわけであって、その大前提を認める懐の深さがない吾人には用はない。

396考える名無しさん2019/06/14(金) 00:39:05.940
日本人の学者は自分がマイノリティーに落ちる現象は否定する傾向があるんだよなぁ
働かない人が増えたらそいつらをニートと名付けるのに、過労するサラリーマンや脱税者には蔑称を名付けないでいる、とかね。不思議だな〜

397考える名無しさん2019/06/14(金) 00:47:07.980
>>395
子どもを生まない=反出生主義っていうのはどうかと思うよ
反出生主義をバカにしてる

398考える名無しさん2019/06/14(金) 00:55:40.530
ちょっと待て。
日本の出生率が落ちているのは反出生主義が
広まってるためだとか、本気で信じてる奴が
いるのか?
そんなの産む側の親の都合に決まってるだろ。
反出生主義なんて大半の国民は存在すら知らんわw

399考える名無しさん2019/06/14(金) 00:57:03.810
金がないから欲しくても産めないだけじゃね

400考える名無しさん2019/06/14(金) 01:22:15.080
>>395
それはそれで良いかもしらんし、このスレが反出生主義を声高に主張するスレとまでも言えんが、仮に君がベネターの反出生主義を声高に主張してた人だとすると、とりあえず日本は少子化だし、なんか考えようなんて主張は、ほぼ敗北宣言にならんか?

401考える名無しさん2019/06/14(金) 01:31:43.470
俺は、わざわざベネターなんて持ち出す必要はないと思うよ!
もっと、個人的な経験に基づく悲観主義を持ち出して、反出生主義を主張しても、全然問題ない!この板の哲学の定期からは、外れてないんだから^_^

402考える名無しさん2019/06/14(金) 01:33:45.600
>>400
ベネターなにそれ美味しいの?

あのね、>>1の内容からそういう主義の話をしたいんだろって思ってレスしてるだけだよ
そういう主義の人はそれ主張していけばいいだけの話で、それ以外の人が話に混ざりたいんなら、それは突き詰めれば生む人vs生まない人という状況の中で生まない人を理解することから始めるしかないでしょ。そういう主義は多いとか少ないとかそういう話じゃないでしょ。
主義の受け取り方は10人いれば10通りなのに、仕方なく生まない一辺倒で片付けるのがおかしくて、それだけで片付ける人はこのスレで口をひらく必要ないだろう。

403考える名無しさん2019/06/14(金) 01:39:05.490
なんか妙に縛りを感じるレスをしている人は多分、主義がおおやけに肯定されてくると本人にとって都合がよろしくないからだという気がするけど、それならもっと対象を遠くにおいてみるといいよ
Z国の人食種族がいます。よその人からみれば人を食う主義の部族といえますね。本人達はそれを主義だとわざわざ主張しようがしまいが。ではその時、彼らが人を食う主義か否かということ自体の議論に意味があるか、まったくありませんな
議論する価値があるのはもっと別のことでしょう?
そういうことですよ

404考える名無しさん2019/06/14(金) 02:10:01.850
>>402
子どもを欲しくないひとは、子どもを作らなくても善いという主張はあって、そっちは、認められてますよ。

そっちは、通常は反出生主義と呼ぶことは、あまりないってだけw

405考える名無しさん2019/06/14(金) 02:13:14.510
>>403
人食い人種は、例えとしても、辛いね。
生きてる人を殺して食うとなると、原則として、これを、認めるのは困難!

406考える名無しさん2019/06/14(金) 02:44:10.200
主義と名が付くなら個人主観だと言い張るのはただの言い逃れだ
事実として非対象性の備わった出生の構造が存在していることから目を逸らしてるに過ぎない
倫理規範に囚われるまでも無い
子供を作るというその行為には一生分の苦痛と不幸を否応なしに子供に押し付ける構造、意味が必ず含まれてる
快楽や幸福は生まれてしまった後の存在が、そこで初めて苦痛や不幸と対を為した補償、補填として必要とするもので、作られ生まれる前にその必要性は存在していなかった
この必要性が予め存在していたと証明出来て初めて非対称性が完全に覆るんだ
快や苦の配分や比率は一切問題では無い
元々、何処にも、他方にとって需要も要請も無かったことを、もう一方の他方が一方通行で自己の要求を満たすために実行してしまう
その結果がどうなるのかさえ知らずにだ
子供側が否応なしに受理する(事前の拒否が決定的に不可能)その不合理さと理不尽さに反を示すべきであるという帰結は、親と子が個人間同士、人間同士としての対等な関係性であるという前提があれば必然として導かれる
他方にとって重大な結論、結果の伴う計画の実行をその当事者に無断で他方が為すことは著しく越権的、人権無視の暴力性を帯びる行為だからな
この部分がうまく飲み込めない人間は、子供が親の一部分か所有物だっていう前時代の人権感覚から抜け出られていないんだろうとしか思えない

407考える名無しさん2019/06/14(金) 08:59:35.760
正直になろうよ

生まれなければよかった
こんな自分を生んだ親を恨んでる
こんな自分を生んだ社会を恨んでる

408考える名無しさん2019/06/14(金) 09:50:54.350
自己紹介

409考える名無しさん2019/06/14(金) 10:04:50.070
反論出来ませんって言ってるのと同じ

410考える名無しさん2019/06/14(金) 19:02:43.550
退人論証って論が尽きたときに発せられるんだけど、
さすがに哲板の住人が知らないわけないよね。

411考える名無しさん2019/06/14(金) 21:12:18.960
>>352
非常な誤解ですが、私はいわゆる「論破」などに興味はないですし、
反出生主義の主張をするななどと言ったこともありません。
それこそ、純粋に「相手への関心や好奇心、論題と論者への興味」から書き込んでいる
だけなのです。
それと、何というか反出生業界?の内部事情など、皆目わかりません。
この板以外で反出生主義について発言したことも、皆無です。

正直「出産の是非」自体に興味はほとんどないのですが(そもそも是非を問うような
問題だとはどうしても思えないので)、
ただ、以前この板で反出生主義というのを初めて見かけて、どうも個人的にではなく
出生一般をトータルに普遍的に否定する主張のようなので、

1.いったいどんな根拠でそんな直感に反する主張を正当化するのか。
2.それだと人類の絶滅を主張することになるが、それでいいのか。
3.それだと、当然「お前は何で死なずに生きているのだ」という反問を
 受けそうだが、それにどう答えるつもりなのか。

という疑問が、即座に浮かびました。
(私は、だれでも浮かぶのが当然だとしか思えないのですが、
どうも、特に3については、そんな発想をすること自体が暴力で侮辱で
人格否定だと感じる人が多いようです。ただただ不可解です。)
それ以来、機会があれば、ずーっとそのことを質問しているのですが、
一度として納得のいく答えが得られないので、相変わらず機会があれば
手を変え品を変えてしつこく聞いているという、ただそれだけです。

412考える名無しさん2019/06/14(金) 21:13:54.180
>>406
>快楽や幸福は生まれてしまった後の存在が、そこで初めて苦痛や不幸と対を成した
>補償、補填として必要とするもので、作られ生まれる前にその必要性は存在していなかった

全く意味がわかりません。快楽や幸福は別にどんな場合であれ「必要とする」ものではなくて、
たんに「現前するなら、当人にとってはよいもの」というだけです。
同様に、苦痛や不幸は、「現前するなら、当人にとっては悪いもの」というだけです。
作られ生まれる前にも、死んだ後にも存在しようがない、という点でも、両者は全く同じです。

>子供を作るというその行為には一生分の苦痛と不幸を否応なしに子供に押し付ける構造、意味が
>必ず含まれる

これも同様に、一生分の快楽と不幸を否応なしに子供に押し付ける構造、意味も含まれるので、
何ら非対称性などはありません。「非対称性の備わった出生の構造」が何を意味するのか、
どうにも理解できません。

それと、「押し付ける」とか「需要も要請もなかったことを、一方通行で自己の要求を満たす
ために実行してしまう」という表現は、どうにも無理があります。
生まれる前は相手は存在していないんですから、厳密には何も「押し付ける」ことはできないし、
「需要も要請もない」のも「一方通行」なのも、そうでないことは論理的に不可能なんですから、
批判するのは無理というものです。
それに、ある意味では、何であれ他者に影響を与える行為をすることは、否応なしに
「一方通行の押し付け」であるしかありません。この構造は、存在している者同士でも同じ、
というより、存在している者同士の方が明白です。

413考える名無しさん2019/06/14(金) 21:16:05.160
わかりやすい例だと電話がそうで、ホリエモンが「電話野郎」という罵倒語を使って話題になって
ましたが、電話をかける行為は、まず音や振動で一方的に相手の注意を引き、否応なく相手の
時間と労力を奪う行為なので、「一方通行の押し付け」に、間違いありません。
だからあらかじめメールで電話していいかどうか確認しろという話になるのですが、メールだって
程度の違いこそあれ「一方通行の押し付け」の要素を含むのは、否定できません。
ここみたいな不特定多数向けの掲示板への書き込みですら、目に入れば否応なしに腹が立ったり
喜んだり、影響を受けるという意味では「一方通行の押し付け」の要素を含みます。
現に私の書き込みが暴力だの人格否定だのと批判されているのが、何よりの証拠ですw
シンプルな「話しかける」行為など、最も顕著な「一方通行の押し付け」です。
話しかけて無視したりすると、相手が現前しているので、望まない反応を引き起こしかねません。
応じれば、否応なしに時間とエネルギーを奪われ、現在進行形で瞬時に判断しては答えなければならないし、
真意は伝わらないことが多いし、うまくいかなければ落ち込むし、ある意味では非常な「暴力」です。
現に、コミュニケーションが苦手で「話しかけられるのが怖いので外出できない」という悩みを
抱えている人も、大勢います。

ただ、相手が存在している場合は、相手がこちらに押し付けるだけでなく、こちらも相手に押し付けます。
通常「双方向のコミュニケーション」と呼ばれているのは、実際には「交互に行われる一方通行の押し付け合い」
に他ならないのです。

まして出産など、相手が存在しない場合は、影響は(本当は相手が存在しないので影響とは言えないのですが)
一方通行になるしかないのです。ただし、この場合も、まだ存在しない潜在的可能性としての相手を「仮定人格X」と
仮構するなら「押し付ける」という表現も使えますが、やはりその構造は「生む」場合でも「生まない」場合でも、
まったく同じです。その選択は相手Xに「押し付ける」以外ないのであって、その結果相手が存在して
実在人格となるか、永久に存在しないままなのか、違いはそれだけです。

414考える名無しさん2019/06/14(金) 21:19:05.170
>子供が親の一部分か所有物だっていう前時代の人権感覚から抜け出られていない

前から不思議なのですが、反出生主義者が「人権」という言葉をそう簡単に使っていいのでしょうか。
私は人権というのは単なる社会的な約束事・取り決めだとしか思えませんが、
そうでない本来の人権思想というのは、西洋の「人間は神の似姿なので、その存在は本質的に
よいものだ」という発想に由来するように思われます。それが、「産めよ増えよ地に満ちよ」
という例の聖書の言葉につながるわけです。近代に至って「理性」や「自由」の重視にシフトしたかも
しれませんが、その理性や自由というのは神様由来のものなので、発想は昔と同じです。
反出生主義者が、そう簡単に乗れる話ではありません。

ましてや、「自由に(一方的な押し付けとして)子供を産む権利」というのは、疑いなく
現代の人権の基本部分として認められています。反出生主義はどう考えてもそれを否定する
はずなので、ましてや最終的には種としての人類の絶滅を肯定せざるを得ないので、
どう考えても一種の「反人権思想」であるしかないように思われます。

415考える名無しさん2019/06/14(金) 21:20:28.010
それと、「子供が親の一部分ないし所有物である」というのは、生物学的には間違いない事実なのです。
出産を「新しい生命を生み出す」ことと理解するのが一般ですが、厳密にいえば「新たな生命を創り出す」
ことは、神様以外には不可能なので、人間にできるのは「今ある生命をコピーする」ことだけです。
まぎれもない親の肉体の一部としての精子と卵子が結合し、分裂とコピーを繰り返して受精卵が母親の体内で育ち、
やがて外に出て、独立の生命となる、というのが一般的理解でしょうが、段階はあれ、少なくとも胎児の段階では、
明白な意識もなく自我もないので、物理的には「母親の一部」でしかありません。だから、
親の人権を重視する立場では「生むか生まないかを自由に決めるのは、親の自己決定権に属する」という結論になります。
これに対し、「受精した段階でそれは新たな生命であり、その存在は保護されなければならない」
という発想から、人権思想に基づいて妊娠中絶を一種の殺人とみなし、産む義務を主張する考えもあります。
ここで、反出生主義なら、もとより出産に関する親の自己決定権など否定し、親の産む義務も、子供の
存在する権利も否定し、逆に「自我や意識の発生による一方的な存在の押し付けを拒否する権利」だけを認めて、
妊娠中絶を支持する以外ないと思うのですが、違うのでしょうか。

416考える名無しさん2019/06/14(金) 21:57:54.550
wwwwwww

417考える名無しさん2019/06/14(金) 22:27:59.410
しっかし、現行法で出生が認められている。
を根拠にするなら、思想の自由も現行法で認められているんだよね。
ほとんど意味ないよねこんなん。
思想弾圧でもしちゃうのかな。

418考える名無しさん2019/06/14(金) 22:32:16.750
ところで神はいるの?

419考える名無しさん2019/06/14(金) 22:40:21.980
そんな無限遠点見てないで、実際の人間の苦しみや喜びを大事にしていこうよ。
その結果、「必然的に」導かれるのが反出生主義なんだがね。

420考える名無しさん2019/06/14(金) 23:08:38.560
人間の倫理について考えているときに神の存在を前提に置く。
それは「人間より優先させるべきもの、人間より上位の存在」に与しようという
意図があるかもしれないね。
こんな人は要注意だ。
ハンス・ヨナスとかな。

421考える名無しさん2019/06/14(金) 23:42:22.880
プラトンによれば、知識とは正当化された真なる信念である
論とは正当化の方法であって、真であることを補完するものではないし、論によって他人に信念を共有させることはできない

422考える名無しさん2019/06/14(金) 23:50:14.380
倫理というのは形而上学ではないです。
人間の実存から出発するものですよ。

423考える名無しさん2019/06/15(土) 00:40:03.780
>>412
本当に知りたいなら多くの文献やネット上で言論運動を展開してる反出生主義者各人の見解を広く集積する手間ぐらいかけたらどうなんだ?
誰の見識も頭ごなしに拒絶しては自分自身の主張をごり押しするばかりじゃないか
反出生論について一から真摯に学んだ人間のレスじゃないことも丸出しだ
ここで言う苦の対として必要性の生じる快や楽っていうのは
空腹=苦←→満腹=快
眠気=苦←→睡眠=快
病気=苦←→治癒=快
困難=苦←→解決=快
この後者の存在を指すものであって、あればあった方が良い程度のもの等ではなく、平常の生活を営む上では必ず必要とされるものだ
空腹のまま、睡眠をとらないまま、病気のまま、困難を抱えたまま一切の埋め合わせ、フォローやサポート=快を得られずに生き続けていることは誰にも不可能だからだよ
人間に快苦を生じる場面を構造として捕らえれば、始まりにあるのは常に苦の側だということだ
つまりそのレス内の快苦の認識自体がレス主の個人主観範囲内に留まって議論の土壌に上っていないんだ
あくまでも万人に共通する現実の構造を踏まえた上で成立するのが反出生論だからな
個人主観で反出生論を却下したいなら他人に絡む必要も無いだろう
だが議論を挑むのであれば最低限度の基礎知識ぐらいは身につけてからにしてくれ

424考える名無しさん2019/06/15(土) 10:34:49.810
>>414
人権が単なる約束事だって言いながら直後に反出生を反人権思想だって言って咎めてるのがよくわからない

425考える名無しさん2019/06/15(土) 11:03:56.770
出生を認めてる人権だけが正しくて良い人権で反出生の主張に登場する人権は間違った悪い人権なんだろうな

426考える名無しさん2019/06/15(土) 11:19:09.510
>>422
その通り
だから前に書いた通り、倫理の出発点として共有されて然るべき信念とは「社会は存続されるべき」だ
出生主義者(って呼ぶのか?)と反出生主義者の間のミゾはそこにある
それは原理的に絶対に埋まらない

427考える名無しさん2019/06/15(土) 11:25:27.460
>>426
それがどこ初の前提なのかっていう説明からしてもらえると有り難いんだが
無意識的に人類存続を希求してるような部分と意識として明文化された倫理規範とはまた違うものだと考えてるんでな

428考える名無しさん2019/06/15(土) 11:27:25.540
理解するつもりのない人間に理解させようと努力するほど私はバカじゃない

429考える名無しさん2019/06/15(土) 11:33:14.420
説明出来ないの別表現だと受け取っておく
こっちも説明する能力も学ぶ気も無い人間を相手にする手間が省けるのは丁度いい

430考える名無しさん2019/06/15(土) 12:01:47.250
正解だ
説明できないんだよ
理解できないだろ?
Wovon man nicht sprechen kann, darüber muss man schweigen.だよ

431考える名無しさん2019/06/15(土) 12:31:01.550
確かに今こっちとして理解出来るのは何が語り得るもので何が語り得ないものなのかすらろくに線引き出来ない奴を自分が相手にしてることぐらいだな

432考える名無しさん2019/06/15(土) 12:33:24.350
よく頑張ってググりました
花マルあげます

433考える名無しさん2019/06/15(土) 12:36:39.620
マウンティング目的の程度の低いレスはもういい
そもそもWovon man nicht sprechen kann, darber muss man schweigen.の部分自体どうせコピペなんだろ

434考える名無しさん2019/06/15(土) 12:46:47.300
マウンティングしながらマウンティングはもういいとか面白いな

435考える名無しさん2019/06/15(土) 14:30:18.690
ダウンロード&関連動画>>

&t=12s
人類存続という命題w

436考える名無しさん2019/06/15(土) 14:35:43.120
Wovon man nicht sprechen kann, darüber muss man schweigen.
まあこれは分析哲学の出発点ともいうべき言葉なんだけど、
他でもない分析哲学の手法によって反出生主義がアカデミズムから発信されたんだよね。

437考える名無しさん2019/06/15(土) 18:39:38.890
【即時】金券五百円分とすかいらーく券を即ゲット    
反出生主義は哲学だ 	YouTube動画>1本 ->画像>10枚  
 
[一] スマホでたいむばんくを入手 iOS https://t.co/GA809cE2gh Android https://t.co/lL6YBEPRLc   
[二] 会員登録を済ませる   
[三] マイページへ移動する     
[四] 招侍コード → 入力する [Rirz Tu](空白抜き)     
     
今なら更に16日23:59までの登録で倍額の600円を入手可    
クオカードとすかいらーく券を両方ゲットしてもおつりが来ます     
     
 数分で終えられるのでぜひご利用下さい    👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)

438考える名無しさん2019/06/16(日) 11:21:51.330
人が望むものの価値とは何なのか、また何で量れるか。
実存的な観点から見ればそれが充足されない場合どうなるのかを見るしかない。

人類が存在しなくな場合何の問題も生じないことから
この価値観は実は錯覚に過ぎないことがわかる。

人類が存在しなくなると考える人間の意識に一定の不充足が生じるという事の他は
何の実害もない。

439考える名無しさん2019/06/16(日) 13:31:48.830
つまり人間は自分が死んだことを認識できないから殺す時に苦痛や恐怖をを与えなければ人間を殺すことは悪いことではないってことか

440考える名無しさん2019/06/16(日) 13:54:41.870
さあね。
生きている人たちがどう思うかだね。
俺は嫌だね。

最初から生まれていなければ「全く問題が生じない」ということは
それに全く無関係に事実ですね。

441考える名無しさん2019/06/16(日) 13:55:07.120
一兆円を持つ価値は一兆円が充足されない場合どうなるかを見れば良いのか
一兆円が充足されていない現在、幸せで何の不充足を感じてないから一兆円の価値はゼロか
一兆円の価値はゼロだから他人の100万円も当然価値はゼロだからそれを盗むことによって何の不充足は生じないから、100万円盗むことは悪いことではないな

442考える名無しさん2019/06/16(日) 14:00:48.860
泥棒に入って被害者にお金が取られた不充足を生じさせるより殺してしまって不充足を生じさせない方がより好ましいってことか

443考える名無しさん2019/06/16(日) 14:02:00.910
一兆円を持ちたいという選好が充足されなくてもそれほどの不充足は無いですね。
ただ、自分が持っている100万円が盗まれるのは痛いですねw

444考える名無しさん2019/06/16(日) 14:10:02.670
つまり1兆円持ちたいという選好は、人によってその重要度が違うという事ですね。
その不充足が全く問題にならない人もいれば大変な不充足を持つ人もいるかもしれない。

人間の実問題として語らなければ言葉遊びに過ぎませんね。

445考える名無しさん2019/06/16(日) 14:16:07.890
まず、人を殺すことがOKになった時の人間の精神的苦痛を考えましょう。

「生まなければ正真正銘」のゼロです。
www
何故ここを認めないwwww

446考える名無しさん2019/06/16(日) 14:20:21.340
人間を生まないことは人間の問題を発生させない。
また快苦の非対称によれば生まないほうが圧倒的に合理。
ここは確定します。

人間がなぜ人を殺してはいけないかとは無関係です。
それは別問題として一生懸命考えてね。
お前や俺のためにね。

447考える名無しさん2019/06/16(日) 14:41:18.100
人類を一瞬で消滅させるボタンを誰かに押させないために
反出生主義を全く認めない。

問題はこれが適正値なのかどうですよね。
ww

448考える名無しさん2019/06/16(日) 15:31:51.470
>>446
>人間を生まないことは人間の問題を発生させない。
>また快苦の非対称によれば生まないほうが圧倒的に合理。
>ここは確定します。

これが確定するのは反出生主義について語る時だけということ?

449考える名無しさん2019/06/16(日) 15:53:44.120
生まれてしまえば快苦の対称性も発生するでしょう。
一応理論化されてますし、最低の知見は持っておきましょう。
哲板ですし・・
哲板でやる意味がなくなります。

450考える名無しさん2019/06/16(日) 16:06:39.270
答えないのはワナの匂いを感じてるからかな?

451考える名無しさん2019/06/16(日) 16:22:46.230
>>447
反出生主義者をテロリスト扱いとはずいぶんと良くない態度ですね

452考える名無しさん2019/06/16(日) 16:27:15.480
>>448
ほ〜う

453考える名無しさん2019/06/16(日) 16:35:14.410
産むという行為の是非を問うているのに
生まれた後のことにシフトするのは頭の弱さなんでしょう。

454考える名無しさん2019/06/16(日) 16:44:53.110
>>453
反出生主義者をバカにするのはやめなさい

455考える名無しさん2019/06/16(日) 17:07:59.500
>>437
ツイでよく見かけるな  

456考える名無しさん2019/06/16(日) 18:37:26.820
>>444
「不充足の価値は人による」「まったく問題にならない人もいる」ということは生まれることによる不充足も人による、全く問題にならない人もいるということ
生まれることは不充足を生じさせるとは限らない
つまり反出生主義は間違っている
証明終わり

457考える名無しさん2019/06/16(日) 18:39:39.410
>>445
反出生主義が正しいとされた時の生みたい人間の精神的苦痛も考えましょう。

458考える名無しさん2019/06/16(日) 18:46:45.260
>>456
反論があるだろうから先に回答を書いておきますね

生まれることによって生じる不充足の方がずっと多いだろうがボケ!

ソースはあるんですか?

459考える名無しさん2019/06/16(日) 18:47:44.210
>>457
こっちも先に書いておきますね

事実だからしょうがないだろ!

ならば人を殺すことがOKなのも事実になりますけど

460考える名無しさん2019/06/16(日) 19:13:07.920
ん?人を殺してはいけない理由と反出生主義が反してしまうと?
人を殺してはいけない理由を理論的に知っているのですか?

それと、まず、生まれない事と死ぬことのコストの違いは大きいですよね。

461考える名無しさん2019/06/16(日) 19:33:39.070
人はみな殺されるのが嫌であるとか、生命の保護が無ければあらゆる活動や利益の
意味が失われるから人を殺すことはOKにしてはいけない、という理由はあっても
「人類の存続が危ぶまれるから人を殺してはいけない」などという空論までは存在しないんですよ。
そしてこの前者の理由は反出生主義とは全く矛盾しないですよね?

462考える名無しさん2019/06/16(日) 19:42:12.650
>>438
>人が望むものの価値とは何なのか、また何で量れるか。
>実存的な観点から見ればそれが充足されない場合どうなるのかを見るしかない。

という条件からは反出生主義と「人殺しは悪ではない」が同じ方法で同じように導かれるということを示しただけ

反出生主義を受け入れるなら後者も受け入れないといけない
「理論的に正しいことが証明されても自分が気に入らないものは受け入れなくていい」という条件を追加するなら別だけど

463考える名無しさん2019/06/16(日) 20:16:54.500
生きているる人間間の利害の調整は複雑だよね。
功利主義だけでは割り切れない。(トロッコ問題など)
生きている人間に己の生き死にの選択権は何物にも侵害されないといことが
認められなければこの世界に存在すること自体より不安なものになるだろう。
人が生きるために「殺されない理由が必要である」などと言うことはない。

だが、一人の人間を生むか生まないかの選択では、功利的な吟味だけで十分だろう。
生まれていない段階で「生き死に」の自主決定権の保護は全く必要ないだろう。
反出生主義に依れば、快苦の非対称から「生まれない権利」はあっても「生まれる権利」は
存在しない。

464考える名無しさん2019/06/16(日) 20:32:43.330
生きている人間の自己決定権を認めるのであれば生むか生まないかに関しては何がしらの評価をすることはその権利の侵害を意味する

「生むことが好ましい」も「生まないことが好ましい」も同じように他者に対して主張することは許されない

反出生主義を語るときに生きている人間の権利を持ち出せばそれ以外の結論はありえない

465考える名無しさん2019/06/16(日) 20:38:05.480
「生き死にの自己決定権」に他人を巻き込むことはないが
「生むか生まないかの決定」は他人を巻き込むね。

人間を生むことは人間の決定権を超えた行為なんだよ。

466考える名無しさん2019/06/16(日) 20:46:34.250
どんどん色々増えてくね
見苦しいよ

決定権を超えた行為って何よ
出生が自己決定権でないなら生む生まないの選択権がそもそもない
反出生主義は幻になるよ?

467考える名無しさん2019/06/16(日) 20:48:06.020
そもそも反出生主義の理解が根本的に間違ってるからこんな反論を受けるんだよ

468考える名無しさん2019/06/16(日) 20:50:16.280
己の生き死にの自己決定権は認められるべきだが、
子供を生むことは、反出生主義に依れば、個人の権利を超えているよね。

469考える名無しさん2019/06/16(日) 20:52:55.690
本来、子供を作る権利など個人には存在しないが子供を作る自由が野放しにされているだけだ。

470考える名無しさん2019/06/16(日) 21:00:37.630
>>464
その前提を承服出来ているなら逆に子供を作り出す事がどれだけ大それた越権行為かは誰か個人の意見や主張を待つ迄もなく自然帰結的回答として導かれるんだけどな
要はそのレスは我田引水のダブスタ止まりだ
反出生主義の主張、存在が許されない時にはその同じ土壌にあっては出生はまた更に強固に、絶対的に許されないものとなる
こういう事にならないとおかしなことになる訳だがそこは?
そもそも出生を正、反出生を負のように相互の繋がりを切り離したがっているようだがそこに大きな無理がある
快苦と同じように構造として捉える時には出生と反出生の関係性も表裏一体で不可分だからな

471考える名無しさん2019/06/16(日) 21:16:51.760
確かに、己の存在の確保に理由が必要であるような世界に新たに人間を生むとか
ますます悪質度が高くなるだけだね。

472考える名無しさん2019/06/16(日) 21:42:35.680
全反出生主義者の口を塞いで黙らせても反出生論が間違ってたことになる訳じゃないしなw

473考える名無しさん2019/06/16(日) 22:03:59.580
>>467
そんな感じやねw

感情的になり過ぎて、おかしな方向に行ってるんかな?

474考える名無しさん2019/06/16(日) 22:13:54.790
その手の印象論、レッテル貼りとあてこすりにはもううんざりだ
理論で返して来い
反出生が物事の理解としてはどこの部分でどう間違ってるのかから感情論を抜きに説明してみろ

475考える名無しさん2019/06/16(日) 22:37:25.430
>>423
ええと、議論自体もあまり当たっていると思えませんが、それ以上に
そもそも反出生主義と関係があるとは思えません。

まず「必要」というのは、主観的な欲求の別名であるか、あるいは
目的と手段の関連を意味する概念(紙を切るにははさみが必要とか)であって、
それ自体で必要なものなんて、ありません。
生物体で言うなら、俗に言う遺伝的にプリセットされた「目的」は生きることと
子孫を残すことで、そのためには食べることが「必要」なので、栄養素が欠乏したら
「食べさせる」ために空腹を感じたり、怪我や病気で生命維持が
危険になりそうなら「痛み」で対策を取らせようとしたり、本能でセックスして
子供を作らせようとしたりとかの構図は一応はあるでしょうが、人間はとにかく脳が過剰に
発達して本能をはみ出してしまった奇妙な動物なので、そういうこととは関係なく、
「他人より多く金をためたい」とか、「権力が欲しい」とか、「他人に賞賛されたい」とか、
「子供を作らずにいろんな異性とセックスだけしたい」とか、
なくても別に困らない、それ自体が目的としか思えない快楽も数限りなくあります。
食べることも、もはや栄養摂取とは関係のない美味の追求になりがちです。
(古代ローマで吐いてはまた食べていたなんて有名な話もあります。)
その場合は「空腹は最高の調味料」で、特に苦と呼ぶ理由はありません。

でもまあ、この議論は基本どうでもよくて
>人間に快苦を生じる場面を構造として捕らえれば、始まりにあるのは
>常に苦の側だということだ。
仮にその通りだとしても、あるいは逆に始まりにあるのが快の側だとしても、
反出生主義の是非とは何も関係がないとしか、思えないのですがw

476考える名無しさん2019/06/16(日) 22:38:49.950
哲学的見地からの人間の生命への一旦突き放した見方、解釈の仕方を勉強したことない人にはこの議論自体が難しんじゃないの
「出生」がすぐに本人、自分自身そのものの価値や意味と結び付いて否定された気分になるからあからさまな嘲笑みたいな悪意で返すしかなくなるのよ

477考える名無しさん2019/06/16(日) 22:40:12.970
とにかく、生まれる前は(ないし死んだ後は)意識がないし欲求もない
し、充足も不充足も選好もないし、快も苦もないというのは、当然の事実で、私も反対しておりません。
問題は、「生まれないことによって(あるいは死ぬことによって)未来の
快の可能性を回避することは(誰にとってかはともかく)良いことでも悪いことでもなくて、
苦の可能性を回避することは(誰にとってかはともかく)良いことなのだ」という
謎理論wの根拠(とその帰結)であって、
何で「万人に共通する現実の構造を踏まえた上で反出生論が成立する」のか、
相変わらずさっぱりわからないのですが。

「人権」の件ですが、別に反人権思想だからいけないなどというつもりは
全くなくてw、反出生主義はどう転んでも反人権思想にしかなりようがないのだから、
人権を旗印にするのは無理ではないか、と問うているだけです。

そもそも、純粋に客観的に見れば、別に人間が他の生物(犬猫やゴキブリやダニや)より
貴重だと考えるいかなる理由もありません。同様に、生物一般が無生物(石ころとか)より貴重だと
考えるいかなる理由もありません。
同様に、とにかく何かが存在している方が、何もないよりましだと考える理由も、特にありません。
同じように、仮に人間や他の生物が苦を感じず、快だけを感じて幸福に暮らしている世界(幸福宇宙)
と、人間や他の生物が永遠に続く苦と絶望にのたうち回っている世界(不幸宇宙)があるとして、
前者が後者より「客観的によい」と考える理由も、別にありません。快とか苦というのは、客観的には
単なる現象であって、よくも悪くもありません。

478考える名無しさん2019/06/16(日) 22:49:25.550
ここで「主観的に」みれば前者の方がよいのかというと、一概にそうとも言えません。主観というのは
必然的に「誰かの」主観なのであって、幸福宇宙の中でAさんだけが不幸で、不幸宇宙の中で
Aさんだけが幸福だとすれば、Aさんの主観にとっては後者の方が「よい」のは、理の当然なのです。
これは別に極論でも何でもなくて、しごく当たり前のリアルな結論です。

ただ、人間は社会的動物で、他の人間と協力して社会を維持しないと、そもそも生きることすら
おぼつきません。ですから、他の人間の主観や利益を無視することは、通常は自分の利益にもなりません。
たとえば、たいていの人間は、他人を殺したいという欲求や殺す必要性より、自分が殺されたくないという
欲求の方を優先します。だから、一般的に他人を殺すことが容易に許されない(平和な)社会を
作った方が、得です。
だから、政治的な合意の上で「人を殺してはいけない」という規範、倫理を取り決めることになります。
「人を殺してはいけない」というのは、要するにそういう意味です。
規範、倫理、道徳はすべてこの種の「政治の産物」といって、差支えありません。

ただ、これをあからさまに言うと、規範や倫理に説得力と実効性がありません。そこで、「人間の生命は、
誰のものであっても等しく、客観的に尊い、貴重な、よいものなのだ」という考えが生まれます。
昔なら、人間は神の似姿だという「宗教」ですし、近代になって、神様を信じない人が増えると、
その穴を埋めたのが「人権思想」です。両方とも本質は同じで、「有無を言わさない一方的w宣言」
なので、突き詰めて考えると、根拠は何もありません。

479考える名無しさん2019/06/16(日) 22:51:02.470
>>476
ちょいちょい挟んでこられるそういう悪意が無駄過ぎて疲れるんだよな
そういう余計なものが無いフラットでクリア、そして絶対的な出生肯定サイドの論客と話してみたいよ
>>477
無関係であるはずは無い
苦が始まりにある状態が出生では常に与えられる
これは「事実そうであると」正しく認めるところが議論のスタート地点なんだ
そこをぼやかしたり意味が無いと頭から断じるのは、そこに立つ気すら無いと言ってるに等しいな
要はこっちからしたらそっちは公正な意味の解釈から必死に逃げてるだけなんだよ

480考える名無しさん2019/06/16(日) 22:51:49.270
>>419
>実際の人間の苦しみや喜びを大事にしていこうよ

実際には、人間がまず大事にするのは「自分の苦しみや喜び」」なので、他人のそれは
二の次です。
他人の苦しみや喜びを考慮に入れるとしても、それは「共感や反感を通じて、
自分の苦しみや喜びの一部である」のか、あるいは、自分の苦しみや喜びとの
関係で、その助けになるとか邪魔になるとか、非難を浴びて損をするとか
賞賛されて得をするとか、そういう文脈上のことでしかありません。
ですから、「仮に」反出生主義が正しくて、胎児は生まれてこないことが当人にとって
一番よいことなのだとしても(どうしてそんな理屈になるのかさっぱりわかりませんがw)、
親から見れば、そんな他人(胎児が親と別人格であるとすれば)の利害を
自分の利害に優先させなければいけない理由なんか、何もないとしか言えません。
自分が産みたければ、あるいは産む必要があると判断すれば産むし、
そうでないなら産まない、で、話は終わりなのです。まあ、現実にもそうなっています。

ここで、社会規範や人権思想を持ち出しても、殺人ならともかく出産は
社会規範上も、人権思想上も、基本的に「よいこと」とされているのですから、
はっきり言って反出生主義にとっては逆効果にしかならないと思います。
親が自分の都合で子供を産もうとしているときに、「胎児の人権を考えてやめろ」と言ったって、
まあ正直に言うと基地外扱いされるのが、オチというものですw
どう考えても、人権思想をどんな風にひねくり回したとて、反出生主義の根拠にはなりそうも
ないとしか思えないのですが、違うのでしょうか。

481考える名無しさん2019/06/16(日) 22:52:05.560
「苦がない事が良い」ではないよね。
比較の中でしかモノをいうことが出来ないですから
    A       B      
「苦があること」⇔「苦がないこと」
の差なんだよね。
この差が歴然として無視できないだけなんだよね。
これは生きている人間に苦を与えること苦を奪うことの差に匹敵するということなんだよ。

482考える名無しさん2019/06/16(日) 22:54:13.430
>>474
いやいや、そもそも俺もおそらく>>467も反出生主義そのものが間違ってるなんて一言も行ってないんだよねw

ただ、ここで反出生主義を主張してる人達の反出生主義の理解、例えばベネターの反出生主義の理解が間違ってると言ってるだけなのに、それを反出生主義自体を攻撃してると思い込んでしまったりすることが、感情的なんだろうなって思わせるんだよw

483考える名無しさん2019/06/16(日) 22:55:31.240
毎回長文連投で畳みかけるみたく一気にまくし立ててる時点で人と真面目に一問一答で対話重ねてく気なんかないんだと思う

484考える名無しさん2019/06/16(日) 22:58:59.020
>>482
君はベネターの入り組んだ非対称の図にこだわっているが
そのまえにもっとシンプルに示している>>382の誤りすら示せていないんだよ?
早く誤りを示さないと時間の無駄ですよ?

485考える名無しさん2019/06/16(日) 23:00:22.470
>>482
間違ってると言い張れば間違ってることになる訳じゃないからな
主張としての要点、論点は簡潔にまとめる努力もしてくれ
そして逐一混ざる揶揄は要らない

486考える名無しさん2019/06/16(日) 23:00:50.350
>>361だったね。

487考える名無しさん2019/06/16(日) 23:03:23.220
>>481
うん、どういうことかいな?

そこに無視できない歴然とした差があるのなら、とりあえず苦がないことは、善いこととしても問題ないんじゃない?

488考える名無しさん2019/06/16(日) 23:05:47.990
自体的な良さについては言っていない。
生むか生まないかの2択ですから「選好功利」しかない。

苦は有るより無いほうが良い。
多いより少ないほうが良い。

という言い方しかないんですよ。

489考える名無しさん2019/06/16(日) 23:09:36.620
>>487
もっと直接的なのは>>361の快苦の非対称です。
これの誤りを示さない限り何の進展もないと思います。

490考える名無しさん2019/06/16(日) 23:10:54.620
>>485
俺が答えを、言ってもどうしょうもないだろうにw

ベネターの快苦の非対称性について、ざっと見た感じもっとも的確な説明をしてるのは、>>151な訳だが、それで良いのかと?

491考える名無しさん2019/06/16(日) 23:13:28.920
>>490
ベネターの示し方はそれはそれで有効でしょう。
それよりも、もっとシンプルで直球である>>361についてどうなの?とw

492考える名無しさん2019/06/16(日) 23:14:34.000
もうめんどくさいから、いいか?
>>489
ベネターの快苦の非対称性については、それそのものだけを見れば、十分に了解可能なように思えるが、どうなの?

493考える名無しさん2019/06/16(日) 23:15:44.660
>>361を見れば、生むことは大きな不合理としか言えないよ?

494考える名無しさん2019/06/16(日) 23:16:24.570
>>488
そこだよな
反論者が掲げてる「生み出されないこと単体に良いも悪いも無い」って主張は作る側(親)と作られる側(子供)の繋がり、関係性が抹消されていないと成立しないんだ
あくまでも子供を作る人間が存在した上で始まってる反出生論にあっては出生と反出生はどちらか二者択一のみ
その上で両者のどちらがより功利的、合理的、道徳的、倫理的な選択であるかがテーマになってる
そこに至る前で歩みを止めてしまって、同じ一つのテーマを共有しようとしない相手では噛み合うはずもないんだ

495考える名無しさん2019/06/16(日) 23:17:55.380
ベネターにこだわらなくても言ってることが正しければいいよね・・
どうしちゃったのかな?

496考える名無しさん2019/06/16(日) 23:42:34.710
単純に自分が生まれてよかったと思えば生む、自分が生まれなければよかったと思えば生まない
それでいいだろ
それ以上でもそれ以下でもない

497考える名無しさん2019/06/16(日) 23:47:15.960
せめて、それが全く不当なハードル下げであることが分かっていることが必要だよね。
人間、最低限、自分のやったことの意味くらいは知っておくべきでしょう。

498考える名無しさん2019/06/16(日) 23:59:57.670
なんか説教されたwww
それ生んだことじゃなくて育て方の問題じゃね?

499考える名無しさん2019/06/17(月) 21:45:07.650
精々「生まれてよかったと思ている人が子供を作るほうが
生まれたくなかったと思っている人が子供作るより良さそうだ」
くらいだよね。

また、自分が安心して老いてやんで死ぬことができるかどうか危ういのに
また老病死のプロセスを一つ増やしてしまうなどと言うことは
快苦の非対称を持ち出すまでもなく最高度に問題視されるべき事実だよね。

500考える名無しさん2019/06/17(月) 22:23:58.560
ごじ多すぎ

501考える名無しさん2019/06/17(月) 22:26:32.910
俺もか

502考える名無しさん2019/06/17(月) 22:30:36.000
周りから小石投げるんじゃなくて
問題の核心に入って来いよ。
ちっとは問題意識が生じるだろうよ。

503考える名無しさん2019/06/17(月) 22:55:23.140
ここも波平スレか

504考える名無しさん2019/06/17(月) 23:05:02.490
群盲象を撫でる

505考える名無しさん2019/06/20(木) 12:00:00.930
寒い

506考える名無しさん2019/06/20(木) 23:01:51.310
>>502
核心に触れてるレスなんてどこにもないが?

わかりやすくベネターの快苦の非対称性の核心に触れようか?

あれは、要するに、この世に人にとっての苦が存在する以上、出生は悪であると断じる理屈なわけだよw

善悪なんてものは、結局のところ、今、生きてる人が考えてることなんだよ。そして、生きてる以上、どれだけ小さくても苦を経験しながらも生きてるわけだよ。だとすると、ベネターの理屈が如何に受け入れられ難いものなのかはわかるよねw
にもかかわらず、ベネターの理屈をそれでも、それなりに有効であろうと言ってるレスを小石扱いすることが如何に愚かなことかわからんかな?

507考える名無しさん2019/06/20(木) 23:59:13.720
受け入れる受け入れないの問題以前に、生殖能力を持つものに、出生が、己の苦を累積しながら生き永らえることとは
比べものにならないほどに不合理な行為だと知らされるべきだということだ。

受け入れる受け入れないの前に理論的な正しさは伝えておいて当然でしょう。
出生者にとっては実はここが一番嫌な事なんだろう。

508考える名無しさん2019/06/21(金) 00:10:06.810
大体、「すべての人に受け入れられないのなら、いくら正しい事でも主張すべきでない。」
とかそんなこと言う人はいないでしょう。
しかし反出生主義にたいしてはこの子供じみた難癖がよく見られる。

509考える名無しさん2019/06/21(金) 00:26:30.710
>>507
君は、少なくともベネターを理解していないw

510考える名無しさん2019/06/21(金) 00:29:06.290
>>508
君は、より酷い!
反出生主義を理解していないw

ベネターは、全ての出生を、悪だとしている。この意味を理解していない。

511考える名無しさん2019/06/21(金) 00:36:08.500
何言ってるんでしょうか。
全ての出生は悪だと言ってるでしょう。

512考える名無しさん2019/06/21(金) 00:42:10.500
ただそんなことを言っても人間は子供を生み続けるでしょう。
反出生主義と出生を共存させていくしかないでしょう。
出生があって反出生主義が無いという最悪の事態は避けなければいけません。

513考える名無しさん2019/06/21(金) 04:27:29.960
オレは、今まで見たどんな映画やドラマや、小説や漫画や、歴史のドキュメンタリーよりも、「反出生主義」にこそ大いなる感動を覚えるね。

なぜなら、反出生は、文字通り「全てを制する根本」だから。
反出生の視座から、歴史を人類史を、生命史を地球史を、その他現世のあらゆる営みの全てを見て、「なぜ?」と問うた時、バラバラに散らかっていた無数のパズルのピースが一気にバチーっ!とつながって、一枚の壮大な絵がクッキリと見えてくる・・。

そのどこにもスキ矛盾のない整合性の完璧さに、心が打ち震えるような感動を覚える。

「この世に斬れぬもの無し」という、ルパン3世五右衛門の「斬鉄剣」。
知の世界における斬鉄剣は、まさに反出生であり、無の思想は有の次元そのものを超えていると腑に落ちる。

514考える名無しさん2019/06/21(金) 08:25:36.850
ここ、こういうバカ多すぎでしょ
哲学を他人にマウント取るための道具としての「正しさ」をくれるものだと思ってる奴
正しさは強さじゃないし、哲学は正しくなんかない
哲学を一番侮辱してる人間
なんか名前つけたいね

515考える名無しさん2019/06/21(金) 09:33:19.720
たかが哲学の扱い方ぐらいで人のことを頭からバカ呼ばわりしてるアンタにそんなこと言う資格ないでしょ

516考える名無しさん2019/06/21(金) 10:26:51.020
自分がマウントにこだわるから人の言動もマウント取りに見えるんだろ。

517考える名無しさん2019/06/21(金) 10:36:32.590
自分のことを言われてるって理解できる程度の頭脳はまだ残ってるんだ
意外だな

518考える名無しさん2019/06/21(金) 10:42:25.500
違うか
悪意らしきものに脊髄反射してるだけか

519考える名無しさん2019/06/21(金) 11:07:36.850
反論不可能になると論点すり替えするのは人の常。
そういう告白なんだ。

520考える名無しさん2019/06/21(金) 11:30:41.990
バカがいたwww
ここは楽しいなぁ

521考える名無しさん2019/06/22(土) 06:56:35.570
反出生主義
なんという尊い響きだろう

522考える名無しさん2019/06/22(土) 07:57:51.840
The idea whose time has come

523考える名無しさん2019/06/23(日) 02:19:52.890
0361 考える名無しさん 2019/06/13 22:24:02
快苦の非対称、
完全に成り立ってますよね?

もう一回確認するの?w

生んで、「意識が快を享受する状態」を現前させたほうが良い。
これは成り立たない。 どちらでも良い。

生んで、「意識が苦を経験する状態」を現前させたほうが良いか。
これも全く成り立たない。

生むという行為はものすごい倫理的閾値を飛び越えてなされる行為です。
生む生まない以前に皆が知っておくべき重要な「事実」です。

524考える名無しさん2019/06/23(日) 03:06:44.000
I will prepare and some day my chance will come.

525考える名無しさん2019/06/23(日) 04:36:56.060
人類は今までおかしな生んで良い理由を捏造しながら種をつないでいただけ。
で、それが今世紀になって完全にバレただけ。

526考える名無しさん2019/06/23(日) 06:51:56.660
「生みたい」という感情が「生まない方が良い」という理論で否定されるなら、
「死にたくない」という感情もまた「死んだ方が良い」という理論で否定されるべきである

527考える名無しさん2019/06/23(日) 07:15:22.880
なんで?

528考える名無しさん2019/06/23(日) 10:28:32.930
まだネットでも反出生に共鳴するような人間はごく少数だろうが
だんだん声が大きくなってくるとこれが暴論とか過激といってネトウヨみたいに
そのうちマスコミから袋叩きにあうよ
反出生が悪で少子化対策は善であるって論理がさっぱり分からんのだが

529考える名無しさん2019/06/23(日) 10:37:59.980
ネトウヨも法務省によると人権侵害ではないということだからな
「特定の個人」さえ誹謗しなければこれは健全な政治談義、思想運動ということになる
ネトウヨを美化するつもりもない私にとってはむしろ軽蔑の対象だが
考え方や主張することそのものを非難するのは思想弾圧になる

まして、反出生は特定の国や団体を批判している訳ですらないのだから
何ら問題はないはずだ

530考える名無しさん2019/06/23(日) 10:59:00.550
反出生主義の声がこれから大きくなるかは、結局は政治経済次第だね
本人たちは否定するだろうが、反出生主義者と社会的敗者の数は比例するからね

531考える名無しさん2019/06/23(日) 11:00:43.900
海外では、反出生のムーブメントは日本より進んでいるが、
結局、日本でなされるのと同じような難癖が付けられるだけで何の弾圧もありませんね。
出生神話はもう世界中でベールが剥がされつつありますね。

532考える名無しさん2019/06/23(日) 11:04:15.380
それは、出生するものもどんなに愚かでも、
心のどこかでそれが悪い事だとわかっているという事もあると思いますね。
だって、理論以前に、現実の苦など見ようと思えばすぐみられるわけですから・・・

533考える名無しさん2019/06/23(日) 11:36:28.190
ネトウヨに対するそれは難癖というレベルなのか?
今後、反出生がああいう扱いになるなら充分思想弾圧と呼ぶに値すると思うが

534考える名無しさん2019/06/23(日) 11:41:59.650
>反出生主義者と社会的敗者の数は比例する

そんな統計がどこにあるんや?貧しい国や地域のほうが反出生が相対的に多かったという
データでもあるのか、全く根拠のない発言

535考える名無しさん2019/06/23(日) 11:52:50.670
>>532
親子心中なんてまさにそうした心境から子を道連れにしちゃう訳だよ
自分が見守っていけないこの子はどんな苦労を背負って生きていかなくては
ならないのかと思い悩んでそういう選択になる

外野から見れば、なにも子供まで連れて行くことはないだろうと言うチグハグな
印象がもたらされる点でも反出生の扱われ方に近い

536考える名無しさん2019/06/23(日) 12:25:46.240
人生の必然的なプロセスである老病死もままならいのに人間を増やすとか
理論以前にどうかしているわけです。

537考える名無しさん2019/06/23(日) 12:28:28.540
反出生が最新の理論で記述されてもまだウダウダ言い続けるんですよ。
反出生の勢いを止めてしまうとかあり得ないです。

538考える名無しさん2019/06/23(日) 14:28:14.310
生まれてくることの苦痛のほうが大きいからという漠然とした理由で
多数派からマウント取ることは絶対にできないだろうが
昨今における人間の増えすぎと、資源の有限性、生存可能人口という観点から
人口抑制は今後、国連で重要テーマになる可能性がある

539考える名無しさん2019/06/23(日) 14:39:46.220
人口抑制理論と反出生主義は親和性は高いが
生むべきであるという出生主義は完全に否定される。

出生主義は反出生主義の客観性に対しては非常に限定されたものだということは明らかで
万人が認めざるを得ないものだろう。

540考える名無しさん2019/06/23(日) 14:46:43.860
出生主義というものはそもそも存在しないんだよ
身勝手に自然を破壊しながら出生は自然のものだから神聖であるはずだと
漠然と考えられているだけ
よって対立軸は反出生主義とその反証ということになる

541考える名無しさん2019/06/23(日) 14:50:23.140
生むべきではないの対立命題は生んでも良い
であって生むことが神聖とはちょっと違うね。
生むことが自然でそれゆえに正しいは自然主義的誤謬であって
反出生主義が置かれるまでもないと思いますよ。

542考える名無しさん2019/06/23(日) 15:17:23.520
反出生主義の考えに従うなら例えば、富裕層が多い地域では一人の人間が生涯に受ける苦痛の量が
平均的に少ないと推定されるので主に出生批判は貧困層をターゲットにすると
そうした発想には至らないのか?
反出生が功利主義である以上は快楽計算に示準を求めなければならないからね

授業料の無償化、子ども手当などと子供の支援体制を厚くすることを正義のように言うが
行政から支援を受けなければ生計が困難な准貧困家庭に生まれてくることを考えると子供が気の毒だろう
精神的充足を得ることができない人々、自殺率の増加は個々人の所得や資産と完全に反比例している
功利主義に従うならまず貧困層からということにならなければならない。

543考える名無しさん2019/06/23(日) 15:24:23.850
そうですね。

544考える名無しさん2019/06/23(日) 15:26:45.460
まず生むこと自体が功利的に埋めがたい不合理を抱えている。
そのうえで一定の出生数が必要であれば環境の悪いほうから制限されるというのは妥当ですね。

545考える名無しさん2019/06/23(日) 15:37:46.130
これは、倫理的妥当性を持っているというということのみならず、
いろいろな社会問題を緩和する糸口にもなり得る。

546考える名無しさん2019/06/23(日) 15:41:25.460
ベネターの謳う反出生は、「人が人として生まれてくることによる普遍的苦痛」としているので
貧富の差には本来関わらないかもしれないが、生まれて良かったか悪かったかを考えるのは
現実に生まれて悪かったと思う人間が大多数を占めるということがない限りは普遍的体験とは言えない
しかし、貧困を理由に死を選ぶ人間が統計上最も多いということは現実であって
貧富の格差を鑑みて然るべきだろう

だが、これには貧困を解消してやるという手もある
産まないことの正しさを説くのにもっと説得力ある理論があれば良いんだが

547考える名無しさん2019/06/23(日) 15:45:58.900
ベネターの反出生主義は、いわば、カントの定言命法の「ようなもの」だと思います。
達成されるかどうかにかかわらず前提として掲げられて置かれるべきもので
この上に議論が成り立つといったものだと思います。
逆に、こうして見れば、これが無かった状態がいかに無軌道だったかという事だと思います。

548考える名無しさん2019/06/23(日) 20:45:20.870
>>484
ええと、ベネターの入り組んだ非対称の図にこだわっている(のではなくて、
その無意味さを指摘しているだけですがw)のは私ですが、>>482は私では
ありませんので、誤解なきよう。

>>361
この議論も、申し訳ないですが、混乱していて全く意味をなしません。
まず、重要なので繰り返しますが、良いとか悪いとか言えるのは、
あくまで「誰かの主観にとって」なのです。
いくら快があろうと苦があろうと、それは客観的には単なる現象であって、
良くも悪くもありません。
たとえば私がものすごい苦痛にのたうちまわっていたって、それは
私にとって悪いだけで、他人にとっては良くも悪くもありません。
というか、私が嫌いな人間にとっては「良い」ことですらあります。
あまり大っぴらに論じられることはありませんが、この種のことは実際には
さして珍しいわけでもありません。

>「意識が快を享受する状態」を現前させた方が良い。
>これは成り立たない。どちらでも良い。

快を享受する状態を現前させることは、当の意識にとっては
「快の現前」なので、良いに決まっています。
「どちらでも」というからには何かと比較しているのでしょうが、
ある選択が、直近の未来に
1.「快を享受する状態」を現前させる場合と、
2.「苦を経験する状態」を現前させる場合と、
3.「快でも苦でもない状態」を現前させる場合を考えれば、
「そのことだけを考えれば」当の意識の主体にとっては1の選択が一番「良い」のは、
自明であります。もちろん、視点を少し広げて、当の意識の主体の長期的な利害を
考えるなら、話は全く違いますが。

549考える名無しさん2019/06/23(日) 20:46:41.590
>「意識が苦を経験する状態」を現前させた方が良いか。
>これも全く成り立たない。

これも上と同様で、苦を経験する状態を現前させることは、当の意識にとっては
「苦の現前」なので、悪いに決まっています。以下同文。
要するに、存在する意識にとっては、「快」はプラスで「苦」はマイナスだ、
現前する場合も、長期的な要素としてもそうだ、という当たり前の話で、
非対称性なんか、相変わらずwどこにもないのです。

困ったことに、引用文の頭には「生んで」がついていますが、
「生む」ことは、「(可能性として)未来に様々な(予測不能の)快や苦を享受したり経験したり
することのできる意識の主体を作り出す」だけです。
ですから、「生んで、意識が苦を経験する状態を現前させる」という表現は不正確で無意味なのです。

生んで、未来において様々な快や苦を経験する可能性のある意識の主体を作り出すことが
(おそらく生まれてくる当人にとって)良いか悪いかは、反出生主義のテーマそのものであって、
その議論と>>361は、というか、ベネターの愚にもつかない頓珍漢なw図式も、意味のよくわからない
「快苦の非対称性」の話も、ほとんど関係がないというしかありません。

全く別の視点の話ですが、出産は、ほとんどの場合、生む女性にとっては、苦以外の何でもないそうです。
「スイカぐらいの大きさの固いウンチをすることを想像しろ」とか言われたことがありますが、
私などは考えただけで気絶しそうになりますw
生む女性の立場から「どうしてあんな苦しい思いをさせられなければならないのだ。
すべての出生は我々にとって悪だ」とかいう意味の「反出生主義」の主張なら、賛成するかどうかは
ともかく、大変よく理解はできるのですが。

550考える名無しさん2019/06/23(日) 21:00:58.990
またですか?
快があったほうが良いと言えるのは意識が生じてしまって
快が無い場合に不充足が生じる場合に限られます。

出生というのは、快を経験する状態の意識を生じさせるかどうかという選択です。
そうしない場合でも人間の不充足は生じませんから「快を奪う」という実害が成立しないわけです。

あなたの論に従えば能力を持つものは絶えず生殖していなければ「人間の快を奪う」という
実害を発生させ続けていることになりますよ?
そんなこと誰が思ってるんでしょうか?

551考える名無しさん2019/06/23(日) 21:03:03.520
快苦の非対称は言葉遊びではなく「人間の実問題」が成り立つかどうかを見ているわけですよ。

552考える名無しさん2019/06/23(日) 21:04:56.720
快苦の非対称は無意識のうちに誰もが理解し了承していることですが
言語化しようとするとあなたのように迷路にはまっておかしなことになってしまうんです。

553考える名無しさん2019/06/23(日) 21:26:20.110
生存するものは概ね快を求め不快を避けようとするのが
自然的態度であるので神の視点からそこに普遍性は導き出すことができる

我々が当然のように受け入れてる法律にしろ、そうした原始的な要求から
肯定されるのだから
殺人や傷害が厳罰化されることは正しいとなってる。

554考える名無しさん2019/06/23(日) 21:47:21.720
快による無条件の正当化。
それは快楽功利が修正を迫られた問題点。
快=善はいわゆる自然主義的誤謬ということですね。(ムーア)

555考える名無しさん2019/06/23(日) 22:28:42.320
ならば君は法律を受け入れず日々生活しているのか?
他者への攻撃が厳罰化されるのは不当で慈しみを罰すべきだと?

残念ながらそうした特殊な傾向は功利主義の範疇に入らないね
仮に君がマゾヒストであっても無条件に殴りつけて構わないという法はないし
そんなことは考慮する必要すらない

556考える名無しさん2019/06/23(日) 22:42:43.340
だいたい、快楽を肯定できなければ反出生における「苦痛=悪」って前提も正当化できんだろ
それをやりだしたら逆に苦痛や困難が伴うからこそ喜びがあるという考え方すら合理化できてしまう

557考える名無しさん2019/06/23(日) 23:16:43.070
善というのは絶対規範という意味ですよ。
そんなもの最初から論点ではない。

558考える名無しさん2019/06/23(日) 23:21:35.330
「生まない方が良い」の反対は「生むべきである」でも「生んだ方が良い」でもない
悪をしないことは善ではないし、善をしないことは悪ではない
悪でないことは善ではないし、善でないことは悪ではない

559考える名無しさん2019/06/23(日) 23:57:38.150
生まない方が良い、と
生まれない方が良い
は別だからね

560考える名無しさん2019/06/24(月) 01:47:18.760
なら反論や否定する意味すらなくなるな
出生の正当化のために反出生はんたーいを繰り返すだけ

561考える名無しさん2019/06/24(月) 07:23:38.510
まあだから哲学なんだろうね
単なる思考遊び
現実的な行動に落としこめる話じゃない

562考える名無しさん2019/06/24(月) 07:50:21.420
落としこめるだろ
政治広告的展開ならチャイルドフリー論とさえ絡ませればすぐだ
むしろそっちの方が支持はされやすいだろうな

563考える名無しさん2019/06/24(月) 10:18:02.410
生めとか生むなとか発言した政治家がどうなったのか知らんのか?
今の日本じゃかなりタブーな話題

564考える名無しさん2019/06/24(月) 12:30:42.360
人間を生み出すことが悪だとはっきりしたんだから
哲学徒の皆さんもしっかり伝えていかねば
哲学の存在意義が無いよ

565考える名無しさん2019/06/24(月) 12:36:19.290
人間を生み出すことは悪ではないでしょ
すでに生まれてる人間にとっては

566考える名無しさん2019/06/24(月) 12:47:10.040
ある程度の必要悪だが
所詮それだけだ
気付け

567考える名無しさん2019/06/24(月) 12:53:51.960
>>564
さすがお手本として童貞を固く守ってる人は言うことが違うね

568考える名無しさん2019/06/24(月) 13:04:54.130
偏差値60未満の泡沫大学哲学科出身は哲学徒ではなかったということですね
失敬

569考える名無しさん2019/06/24(月) 17:06:39.580
>>561 えっ? なんで? どこが言葉遊び? 現実に、落とし込めるじゃん。

「産まないだけ」でしょ? これが、現実にどれだけ絶大に素晴らしいことか、なぜ命を新たに産み出すべきではないか、疑問の余地はないでしょ?

あとは、「やるべき事をやる」だけだよ? 大昔のプラトンの時代から、真にやるべきことは、火を見るより明らかだったじゃん。

それを理解できないのも、実際に実行できないのも、ただ人間の側の愚かさと弱さでしかないでしょ? ただの逃げ甘えだよ。

それは、人として本当に立派でつつましく謙虚に生きている人を蔑み、逆に、ただ単に見かけが良いとか何らかのテクニックに優れた者を異常に持ち上げて賛美する、その烏合の衆の愚かさ・弱さと、根本的に同質じゃないか?


lud20190624171235
このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/philo/1557542562/
ヒント:5chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「反出生主義は哲学だ YouTube動画>1本 ->画像>10枚 」を見た人も見ています:
反出生主義は哲学だ2
反出生主義は哲学だ3
反出生主義は哲学だ6
反出生主義は哲学だ3
反出生主義は哲学だ4
反出生主義は哲学だ5
反出生主義は哲学だ7
反出生主義は究極の癒し
反出生主義は究極的終戦策
反出生主義は宗教なのか?
反出生主義は無敵のロジック
反出生主義は悪
反出生主義
反出生主義
反出生主義
反出生主義
反出生主義なんだが
反出生主義を広めよう
反出生主義を広めよう
反出生主義を広めよう
反出生主義を広めよう
反出生主義を広めよう
喪男と反出生主義
反出生主義を掲げよう
反出生主義を掲げよう
反出生主義を題材にしよう
反出生主義を報道しよう
反出生主義に目覚めよう
反出生主義者は起業すべし
ニー速は反出生主義です
反出生主義者は起業すべし
反出生主義とやらを嘲笑するスレ
反出生主義を政治に取り入れよう
反出生主義者な芸能人を語るスレ
反出生主義のベジタリアン
反出生主義アカウント★3
反出生主義者は政治活動を行うべし
世界は反出生主義と向き合うべし
お前ら反出生主義についてどう思う?
【i遺書専用】反出生主義1【おばちん連呼】
お前ら何で反出生主義に走らなかったの?
【遺伝環境論】反出生主義72【ラスト】
【遺伝環境論】反出生主義66【ラスト】
【遺伝環境論】反出生主義48【能力感覚論】
【遺伝環境論】反出生主義65【能力感覚論】
【遺伝環境論】反出生主義63【能力感覚論】
【遺伝環境論】反出生主義54【能力感覚論】
【遺伝環境論】反出生主義58【能力感覚論】
【デイヴィッドベネター】反出生主義44【シオラン】
【デイヴィッドベネター】反出生主義46【シオラン】
【デイヴィッドベネター】反出生主義43【シオラン】
【デイヴィッドベネター】反出生主義41【シオラン】
反出生主義
反出生主義()
反出生主義 part3
反出生主義 part2
反出生主義 Part 12
反出生主義の世界を作ろう
反出生主義 Part 10
反出生主義 Part 14
反出生主義 Part 11
反出生主義アンチスレ
反出生主義って人それぞれだよね
倫理としての反出生主義 Part 20
03:12:34 up 7 days, 22:34, 5 users, load average: 10.43, 10.95, 10.65

in 0.019173860549927 sec @0.019173860549927@0.1 on 120517